Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

終わりと始まり

今年も終わり。
実にあっけないものだ。
今日は夜とある店に用事があったので車を走らせたが、目的の店は営業しておらず、しかも道に迷う始末。
全くボクらしい終わり方である。
来年はどんな困難がボクを待ち受けるのだろうか・・・。
今から不安である。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

我慢できない

上司とボクの関係。
もう修復不可能な段階に来ていると思う。
何ヶ月か経って劇的によくなることはまずないだろう。
彼はボクより長く生き、色々な経験をしてきたはずだ。
そういう意味では敬意はある。
彼の理屈が間違っているとは思わない。
ただ、厳格な彼自身の常識に照らし合わせて、ボク自身を全否定されることは我慢ならない。
ボクは刻々と変化する状況下で、どうすれば彼好みの行動ができるのかもう分からなくなってきた。
元はといえばボクが上手く仕事ができてないのが問題。
だからボクが悪い。
しかしもうボクは耐えられないのだ。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

不幸

ここ1週間ほど。
最高に運が悪い。
毎日のようにあり得ないトラブルを引き起こしている。
全く信じられない。
何故だ?
普段の行いが悪いからか?
神を冒涜したからか?
とにかくあまりに酷い仕打ちなので、とりあえず今日から毎日神に祈りを捧げることにした。
我を救いたまえ、アーメン。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

時間

人は生きていく上で、様々な制約を受けている。
中でも、一番の制約は時間だろう。
正直ボクはもううんざりである。
時間に縛られ、時間に追われ、時間に殺される。
時間制限があるがゆえにテンパる。
テンパったらもう終了。
ボクの1時間など、宇宙の歴史からすれば微々たるものである。
ボクは何を生き急いでいるのか?
とても馬鹿馬鹿しいのである。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

体調不良

最悪な夢で朝を迎えたボク。
すぐに体の異変に気づいた。
寒い。
とにかく寒い。
暖房をつけても、パジャマを二重に着ても寒い。
流行のノロウイルスに感染したのかと思った。
熱を計ったら38.2℃あった。
そのせいか今日はず~っと体がだるく、ご飯も食べられない、仕事ではとてつもないミスをする、どえらい怒られる、さらにダメ出しされると全くいいところなしだった。
まあ仕事のミスの原因を体調のせいにする気はないが・・・。
それにしてもだるい。
頭が痛い。
あ~、疲れる・・・。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

忘れっぽいボク

最近、物忘れが酷い。
とにかく酷い。
少し別のことをしてるとすぐ忘れる。
「何しようとしてたんだっけ?」ってことはざらである。
昨日のことも、今日のことも、今さっきのことも忘れる。
認知症かと思うほど酷い。
仕事でも物忘れによるミスが続出し、ボクは責任感のない奴というレッテルを貼られてしまった。
上司には意識の問題で解決すると言われたが、果たしてそう簡単にいくものかな?とは思う。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

要領

人間が生きていく上で、要領の良さというのは必要不可欠だと思う。
ボクみたいに要領の悪い人間はダメだろう。
もう本当にダメダメ。
役立たず。
給料泥棒。
しかもボクは要領が悪い上に、そもそもきちんとできてないのでもう最悪である。
ああ、上司の視線が痛い・・・。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

自意識過剰な女

例えばボクが歩いていると、向かいから自転車に乗った女子中学生や女子高生が1人で走ってくる。
そんなとき、彼女らは必ずと言っていいほどスカートを押さえ、勘違いが激しい女になるとこっちを睨んできやがる(そういう女に限って大抵ブサイク)。
全くムカつくのである。
真っすぐ前を向いて歩いてるだけで変質者扱いである。
そもそも普通に自転車に乗っててパンチラなどそうないのである。
大体ちょっと見えたからゆうて何やねんゆう話である。

こんなこともある。
ボクが偶然前を行く女性と同じ道を歩いていると、何度も後ろを振り返ってくる。
全く不愉快である。
「こちとら好きでテメェの尻見て歩いてんじゃねぇよ!振り返るのはせいぜい1回にしとけ!」と言いたくなる。

自分が気にしているほど、他人は自分を気にしていないものである。
ま、そうは言っても気にするのが人間なのかもしれないね。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

近況

先日回転寿司に行った際、豚の角煮が流れてきたので取ったのだが、それは豚ではなくいわしか何かだった。
しかも骨だらけでとても食べにくく、ムカついた。
回転寿司で寿司以外のものを取るのはこれが最初で最後になるだろう。

先日郵便局から不在通知が届いており電話したのだが、なかなか電話に出ない。
時間を置いて5回くらいかけてやっと出たのだが、聞いてやる的な態度で非常に感じが悪くムカついた。
忙しいのかもしれんが、客に対する対応がなってないんじゃないかと思う。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

嘆き

正直、ボクはブログにこんなつまらないことばかり書きたくないのだ。
でも書く。
もううんざり。
色々ありすぎて生きた心地がしない。
もう本当にヤバい。
ボクはなんてアホなのか?
ああ、もう嫌だ。
別窓 | 日記 2006年 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent | NEXT