RSS
Admin
Archives

Coup de Vent (クー・ド・ヴァン)

なでしこリーグを中心としたサッカー、競馬、アニメなどについて、好き勝手に放言しているブログです

ブログ・ダミー
プロフィール

β-Paresseux

Author:β-Paresseux

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
最近のトラックバック
検索ぷらす
リンク
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
広告
装甲娘 文豪とアルケミスト 英会話 DVD/CDレンタル 電子書籍 コミック DMM宅配買取 神姫PROJECT R FLOWER KNIGHT GIRL~X指定~ オンラインゲーム 戦乱プリンセスG 魔王の始め方 VR動画 アダルト動画 中出しのサンプル動画が見放題! MOODYZ(ムーディーズ)ch 家庭教師先のお母さんと ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売 アダルトDVDレンタル 見放題ch ライト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.10
22
今は金魚の飼育法とか、病気の対処、水づくり、エサなど、大概の情報はいろんなサイトに載っているし、金魚の本もたくさん出版されている。
ボクも最初の頃は尾腐れやポップアイ等に悩まされ、しょっちゅう薬浴をして薬浴中に死なせたり、夏に酸素不足で稚魚がバタバタ死んだりと苦労したけども、1年も経てばだいたいコツをつかんできて、病気等で死なせることはなくなった。

病気、病気と言うけども、ボクの経験上、あまり神経質になりすぎるのもよくないと思う。
ボクはちょっと白点病っぽい斑点が見えたとしても、しばらく無視することにしている。
そうするとほとんど勝手になくなってるね。
これをすぐに薬浴とかしていると、斑点はなくならない上に、せっかくのきれいな尾が薬で溶けてしまったり、かえって松かさ病になってしまうことがある。
白い斑点が白点病なのか、そうでないのかはボクには判別がつかないけども、金魚の体内は常に色んな菌が出たり入ったりしてるだろうし、普通の飼育環境で白点病が進行することはそうないように思う。

ポップアイは個体によって癖がついているものがあるので、その個体の目の出が気になになるようになったら、新水のバケツに隔離して1日放置しとけばあっさり治る。

ちなみに、ボクは普通の上部式フィルタの水槽で、水質管理はたまに金魚の水的なものや、PSBとか、食塩を入れたりしているけど、ちょっと尾がギザギザになってきたかなと感じることはあるけれども、極端に状態が悪くなったりということはないね。
逆に言うと、きれいな丸みを帯びた尾の金魚を作ることと、ギザギザの尾を回復させることがボクの今の課題。

舟で飼育できるスペースと環境があればもっといいんだけどね・・・。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2010.08
07
自民党県議の森祐喜氏が酒気帯び運転でコンビニに突入して逮捕されたそうな。
この人は押尾学氏の件でも話題になってたけども、まさかこういう形で逮捕とは思わなかったな。
もう少し軽微な事件であれば、圧力でもみ消すこともできたんだろうけども。
ボクは森祐喜氏の人柄は知らないけども、ボクの経験を踏まえた上で言わせてもらえば、どの世界でも2世ってのは基本的にあまりよろしくないと感じるね。
まあ、どうでもいいことではあるけども。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2010.07
23

TB:0
00:40
ボクに足りないもの・・・山ほどあるけども、1つ挙げるなら“覚悟”じゃないかな。
退路を断ち、決断を下す“覚悟”
未知なる道へ向け、一歩踏み出す“覚悟”
そして何より、決めたことをやりぬく“覚悟”

もちろん、これまで上手く“覚悟”を決めれた部分もあるけども、どうしてもそうではない部分が頭に浮かぶ。

あと、KAMIYA曰く、やはり「人は1人では生きていけない」ということらしい。
KAMIYAの言うことは一理ある。
確かに、「人は1人では生きていけない」ようであるね。
何より、人は影響し合って生きているということであるね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2010.07
21

TB:0
21:40
隣の芝生は青く見えるものではあるね。

まあ、いろいろ考えるけども、結局自分がどうありたいか、であるよ。
どうなるかわからないけども、今のままではどうしようもないからね。
まったくもって面白くないし、無為な時間を過ごしてるだけのように感じられて仕方ないね。
今より厳しい環境に身を置くことになるだろうけども、それでいいのだと思う。
ま、なかなか難しいんですけどね・・・。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2010.07
18

TB:0
22:20
基本的に、「人は1人では生きていけない」とか言う人間は好きでないね。
広義ではその通りかもしれないけども、結局そんなのは綺麗ごとだろう。

生きていけるいけないじゃなくて、生きていかなきゃいけないんだからさ。
食うか食われるかですよ。
自分のことは誰も助けてくれないよ?
頼れるのは自分だけ。
何にしても、自分で考え、悩み、葛藤しながら、最終的に自分自身で解決していかないといけないわけですよ。
他人に頼ったり、すがっていてはダメなんですよ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2010.06
26

TB:0
01:40
やっぱり、中西里菜だった! 元AKB人気メンバーが全裸ヌード披露、AVデビューへ
http://www.cyzo.com/2010/06/post_4827.html

少し前に「芸能界辞めて実家に帰る」ってブログに書いてたのがニュースになっていたので、ちょっびっくりしたね。

まあ芸能界もいろいろあるみたいですよ。
多少名前が売れていても薄給で、生活していくのは難しいようです。
それはAKBのような、一見すると人気グループでも同じこと。
だから“副業”に手を染めたりする子も珍しくないとか。

AVに関しては、最近は境界線がなくなってきて、『芸能人』がAV女優に転身ってのもごく普通になっているようだね。
まあ、以前の記事で触れたけれども、やはり『付加価値』というものがないと、今の時代なかなか難しいと思う。
AKBはメンバーの入れ替わりが激しいし、今後も『元AKB』という『付加価値』を持ったAV女優がたくさん出てくるんじゃないかな?

ただ、『芸能界』にい続けたいのか、別にやりたいことがあるのか、お金が必要なのか、まあいろいろと理由はあるのだろうけども、リスクは大きいかもしれんね。
名前や生年月日を変えてもバレるのはわかりきってるわけだし、いろいろと都合の悪い問題が出てくるでしょ。
例えば、彼女の親は教師らしいけども、娘がAV女優の教師というのはさすがに印象が悪いんじゃないかな?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2010.02
26

TB:0
03:30
少し前、“サイバーテロリスト”KAMIYAにLOUDNESS、というか高崎晃の『インド3部作』とはどのあたりが『インド』なのか?
という話になった。

まあ、正直聴いたことないんだけども、ボクが
「ドゥームメタルみたいな音楽らしいぜ?」
と言ったら、KAMIYAは
「あぁ?何がドゥームメタルや?」
「違うんじゃいや、ドゥームゆうんは絶望なんじゃ!希望がない音楽なんじゃ!」
「朝起きて、ああ、今日も出社せんといけんゆう、この絶望なんじゃ!」
「何でもかんでもドゥームドゥームようる奴は意味を解ってないんじゃ!本当のドゥームを知らんのんじゃ!」
と、ぶちまけ、さらには
「ブッダ・ロック?ブッダなんは高崎の頭じゃろうが?」
「もっとブッダ・ロックゆうんに相応しいんは高崎より前にいくらでもおったわ!」
「大体GHETTO MACHINEってタイトルからしておかしかろうが?」
「何でユダヤ人居住地区がマシーンなんや?あ?」
「DRAGON?ENGINE?どこがインドなら?」
と、『ブッダ・ロック』を一蹴しおった。

しかしながら、この『ブッダ・ロック』はKAMIYA的にツボだったらしく、その後、約5分間の間にKAMIYAから15通もの病的なメールが送られてきて参った。


ちなみに後日、『ブッダ・ロック』をチラッと聴いてみたが、何らインドと関連性のない音楽であった。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2009.10
14
「SEX格差」拡大で「中年童貞」が増殖中!=門倉貴史
http://http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20091008-01/1.htm

低所得者のボクにも関係してくる話であり、案外まともなことを言っている。
30~34歳の独身男性の4人に1人が童貞とか、18~34歳の年収200万円未満の独身男性の70%以上が彼女がいないとか、なかなか興味深い。
こりゃ、ボクも結婚は難しいかもね。


元バルセロナのクライフ氏「ファン・ハールはネジが1本足りない」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0910/headlines/20091014-00000010-spnavi-socc.html

サッカー界の御意見番であるヨハン・クライフ氏、今度はバイエルン・ミュンヘンのファン・ハール監督を批判したようです。
ファン・ハールがアレな監督なのは衆目の一致するところではあるのだが、本当にクライフは「ネジが1本足りない」なんて言ったのか?ってのは疑問であるね。
ま、MARCAの記事なので、オランダ語→スペイン語→日本語と翻訳される過程で意味が違ってきたのかもしれないし、クライフもアレなので、本当にそう言ったのかもね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2009.09
16
昨日、民主党の田中美絵子衆議院議員が取材に応じ、世間を騒がせたことについて謝罪したようであるね。

「わたしは非常に厳しい経済状況の中で生活して、生きるために必死で仕事をしてきた。また、いろんなことにも挑戦した」
「これからがスタート。気持ちを新たに社会的弱者の視点に立った政治をしたい」

とのことだ。
もっとも、ピラミッドに登って逮捕されたり、大川興業に所属することが『生きるため』とは思えないが・・・。

出演映画の『猛獣VS一寸法師』も大ブレイクしているようで、DVDレンタル店には問い合わせが殺到しているらしいね。
販売元にはレンタル店からすでに1000枚以上の発注があったそうで、さぞやホクホクしてることだろうね。

まあ、何かと話題の多い田中議員。
今後もまだ何か出てきそうであるし、マスコミ的にもおいしい存在ではあり続けるだろうね。

何はともあれ、若いうちにいろいろやることはとてもいいことであるよ。
ただし、良くも悪くも『過去は消せない』ということを、自己責任として肝に銘じて生きていかねばならないといったところであるね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
2009.09
09
数日前から、民主党の田中美絵子議員の過去が問題となっているようだな。
コスプレ風俗ライターとしての活動、また映画「盲獣VS一寸法師」ではフルヌードも披露したとか。
他にもSMクラブで女王様をしていたり、出会い系サイトでサクラをしていたりという噂も流れているようであり、なかなか香ばしい方のようであるね。

 私は議員秘書になる前、派遣社員(ツアーコンダクター)をしておりました。非常に厳しい労働条件でした。

 生きるために必死で仕事をしてきました。

 この時の気持ちを忘れずに、社会的弱者の目線にたったぬくもりのある温かい政治を行ってまいりたいと思います。

とは自身のブログからの一文。
まあ、別にいいじゃない。
フツーの世界から国会議員になるなんて、誰でもできることじゃないし、大したものだと思うよ。
「生きるために必死でやってきた」ということで、大変苦労されたのだと思いますよ、知らないけども。
まあ、ボクにとってどうというものではないので。

文句を言う奴もいるだろうけど、いちいち他人の過去を詮索していちゃもんつけるなんてチンピラのやること。
経歴を隠して選挙に立候補したことについて、これを隠蔽と言うのかどうかは知らんが、一般的に考えればそれは当然のことやね。
経歴を詐称したり、嘘を言ったりしたわけではないのだから、ルール違反ではないだろう。
そもそも、敢えて言う必要のないことを包み隠さずオープンにするなんて、それこそ自らの主張をアピールするか、売名行為を主目的とした泡沫候補であるね。
バカ正直ってのは、美徳でも何でもないただのバカ。
そもそも人間ってのは何らかのコミュニティに属するわけであって、自分だけの問題ではないのだから。

だから、こんなものは“事後報告”が当然。
容疑者でも追いつめられてから自供するものだし、人間なんてそんなもん。

それがけしからんとか言う奴は、自分が立候補して、正々堂々何事も包み隠さず自分をアピールして当選し、そういう政治を作っていけばいいと思うよ。

ただ、ボクが恐ろしいと思ったのは、週刊誌の体質だよ。
こういう、現在の仕事に関係のない、嫌がられるようなネタを仕入れてくる。
些細な芸能ネタ、アングラネタに食いつき、嘘か本当かわからんようなネタを誇張してばら撒く。
又吉イエスの言うところの、“金が第一・金が全て”の利益至上主義である。
まったくもって嫌な業界であるのだけども、それにより我々が情報を知ることができ、娯楽として成立しているのもまた確か。
さらに、今回の“被害者”である田中議員自身も、そういう業界の仕事をしていたわけだ。
だから、田中議員はそういった過去の経歴がバレることなんて最初からわかっていたはずだよ。
また、今回の騒動で田中議員の知名度、注目度が俄然アップしていることも事実である。

うーむ、何とも難しいところであるね。

ただ、いずれにせよ、森元首相のような人間性に問題を感じずにはいられない老害よりはよっぽどマシだと思うのだが、どうだろう?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ