Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

橋本奈々未サンの乃木坂46卒業及び、芸能界引退について

先日ラジオ番組にて、乃木坂46の橋本奈々未サンが、グループからの卒業及び、芸能界からの引退を表明した。

橋本奈々未サンといえば、白石麻衣サン、松村沙友理サンと共に、“御三家”と呼ばれ、乃木坂46の名前を世に知らしめた功労者である。
結成から5年も経っているので、人気メンバーが脱退することに驚きはないけど、芸能界からも引退するというところがなかなか男らしい。
モデルとしても活躍していたけど、芸能界への執着がないんだろうね。

乃木坂46に入った理由が、自身や弟の学費を工面したり、親の借金を返済するためだったと言われているだけに、目標が達成できたと同時に糸が切れたというか、これ以上乃木坂46や芸能人として活動していく意味を見失ったのかもしれない。

あと、卒業を発表したラジオでは、「自分自身に対してズルくない人、考え方が似てるだろうな」という理由で、生田絵梨花サンと桜井玲香サンを呼んだと言っていたけど、まあこれは色々憶測を呼びそうな発言やね。
女が3人いれば派閥ができると言われるけれども、まあそういうことなんだろうな。

最近はあんまり興味なくなったけども、3、4年前頃は白石と並んで割と好きなメンバーだったので、残念ではある。
ただ、こればっかりは本人の意思だからね・・・。
まあ、今後は故郷の旭川に戻って一般人として生きていくんだろうけど、「頑張りな」としか言いようがないね。

生活苦のためアイドルになり、成功を収めて芸能界から去る。
橋本奈々未、カッコいい生き様やん。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2016年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

リオ五輪 バスケットボール女子 グループリーグ日本×オーストラリア戦ついて

リオデジャネイロオリンピックが開幕したね。

連日テレビにかじりついてるけど、全体的に日本勢はかなり健闘してるんじゃないかな?

今日は女子バスケットボールを見たけど、世界ランク2位のオーストラリア相手に16点差をつけながら逆転されるという酷い負け方だった。
トルコ戦では全然入らなかった栗原三佳の3ポイントが面白いように決まってたし、第3クオーターまではみんなシュートのタッチも良かった。
スピーディーなオフェンスで完全にペースを握っていたんだけども、第4クオーターでオーストラリアがゾーンディフェンスを敷いてから突然オフェンスが機能不全に陥り、一気に逆転された。
どういう訳か攻め手が無くなり、それまで決まっていた本川紗奈生や渡嘉敷来夢のシュートが全く決まらなくなった。

正直、これはベンチワークで何とかならなかったのか?って思う。
途中出場の町田瑠唯が良かったのに、終盤で吉田亜沙美に替えた采配も結果的に裏目に出た。
投入直後にスティールされた辺りから雲行きが怪しくなったように思う。
キャプテンで内海ヘッドコーチも全幅の信頼を置いているだろうし、実際上手い選手なんだけども、町田も良かったわけだし、替える必要なかったんじゃないの?って思う。
栗原をもっと使っても良かったと思うし、タイムアウトも近藤楓の投入も遅すぎたと思う。

とにもかくにも、『強豪相手に善戦』ではなく、『勝てた試合を落とした』という印象が強い試合だった。

決勝トーナメント進出は決めたけども、次のフランス戦に勝たないと、トーナメント一回戦でアメリカと当たってメダルの夢は事実上無くなる。
次は『善戦』じゃ意味がないよ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2016年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ベッキーについて

ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動が収束する気配のないベッキーだけども、“休業”という形で逃げやがったね。

個人的にはコイツがどうなろうと知ったこっちゃないけども、LINEでの一連のナメた発言と態度が気に入らない。
その上、この期に及んでも「絶対に別れない」とかぬかしてるそうじゃん?
“不倫は文化”とはいえ、30過ぎた大人の言動じゃあないわな。
川谷は言うまでもないが、ベッキーも大概だわ。
ここまで頭が悪いとはな。

まあ、こういう輩は徹底的に追い詰められて、天罰が下って欲しいと切に願うよ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2016年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

NHK大河ドラマ『太平記』について

最近、NHK大河ドラマの『太平記』にハマっている。
子供の頃に見てて、うろ覚えながら印象に残っている大河であるけど、改めて見返しても見ごたえがあって面白い。

まず、登場人物やキャスティングがいい。
足利尊氏役の真田広之がとにかくカッコいいし、佐々木道誉役の陣内孝則もキャラが立っていていい。
道誉の「佐々木判官、思うところあり。寝返り御免!」は名言であるね。

その他、柄本明演じる高師直、片岡鶴太郎演じる北条高時、フランキー堺演じる長崎円喜、武田鉄矢演じる楠木正成、片岡孝夫(現・仁左衛門)演じる後醍醐天皇あたりも強烈な存在感を醸し出している。
女性陣も、沢口靖子演じる登子、宮沢りえ演じる藤夜叉、後藤久美子演じる北畠顕家(男役)と華やか。

ストーリーも主人公の尊氏を取り巻く複雑な環境であったり、ドロドロした展開が面白い。
討死や自刃などで主要人物がバタバタ死んでいくし、泣かせるシーンも多い。
戦闘シーンも迫力があってカッコいいし、三枝成彰の音楽もドラマにマッチしている。
1991年放送の作品だけども、古さを感じさせない、美しい作品であるね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2016年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |