Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

苦痛への旅

今年も終わる。
今日は12月31日だ。
何故に12月31日なのか?
そんなこと誰が決めたのか?
今の俺にとって、今日が12月31日である必要はない。
去年もそう。
一昨年もそう。
年末年始になると毎年腹が立ってくる。
「俺は何て糞なのか」と思う。
今年は特に思う。
本当に糞だと思う。
糞で、糞で、糞で嫌になってくるけども、それでも地球は回っていく。
それでも人は生きていく。
それは、それは、本当につらいことなんだよ。

来年も糞みたいな1年になりそうだ。
来年の12月31日、俺はどう過ごしているのか?
来年の12月31日、俺は生きているのか?
来年の12月31日、俺はどれだけ糞なのか?
また苦痛への旅が始まる。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

果てしない時の中でリンクする人生

果てしない時の中で人は生きている。
ボクがまだ幼稚園児か小学生だった頃の周りの大人たち。
デパートで商品のタグにボールペンで落書きをしていた時、そこで働いていた人たち。
新幹線の駅ではしゃいでた時に、手を振ってくれた見知らぬ人たち。
お互いにそんなことは気にも留めず、忘れ去られていく。
しかし、一期一会ではあるが、確かに同じ時を共有していた。

ボクはふと思う。
そこに存在した人たちは、どういう気持ちで働いていたのだろ
どういう事情で、どういう経緯でそこに存在したのだろう?
あれから長い時間が過ぎた今、何をしているのだろう?

全ては意味のない詮索である。
だがボクはその時、この先訪れるであろう働かねばならぬ自分を想像できなかった。
自分の未来を感じることができなかった。
それはどこまでも懐かしく、哀しく、儚い思い出のようだった。

時は流れ、ボクは成長した。
今となっては、あれは何だったのかと思う。
ボクという生き物は何だったのかと思う。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

近況

だいぶ前に貰った腕時計のベルトを調節してもらった。
店主は半分痴呆症のような爺さんだったが、腕は錆びてないようで(道具があれば誰でもできるが)、すぐに終わった。
将来は職人も悪くないな。

携帯会社を変えた。
日本は携帯が高すぎて困りますね。
新規で買って家に戻ったところ、ショップから「代金を多く貰いすぎた」と電話がかかってきたため、またショップに戻るはめになった。
商品が電話じゃなかったら、多く貰いすぎても返す術がないので、まあ運がよかったのかな。

最近、毎日のようにヤマダ電機に通っている。
欲しいものがあって買って帰ったら、その補完財がフィットしないのでそれも買いに行って、また帰ったら今度は別のものが欲しくなってといった具合。
色々あるから目移りするね。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

虚しい年末

グッドウィルが業務停止らしい。
スタッフサービスもリクルートに買収されるそうで、派遣業界も色々と変わっていくかもしれません。
まあ、ボクはそう変わらないと思いますがね。

さて、年末は何かとブルーな気分になってしまうものです。
昨日は飲みに誘われそこそこに酒を飲みましたが、予想通り軽度の二日酔いになってしまいました。
最初はそれ程飲んでないつもりでも、いつの間にか結構飲んでいるんですよね。
しかしまあ、何というか虚しいですね。
よく知らない人がよくわからない話をしていて、それを聞きながら適当に相手をする。
別にそれは悪くないし、嫌な気もしないけど、結局ボクとは住む世界が違うのです。
酒も、お金も、時間も、ボクも、この世の全てが虚しく思えてくる年末です。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

俺には何もない

まあ元からそんなことわかっちゃいるけどな。
しかしまあ何もない。
SFCのドラクエⅢには性格って要素があったけど、あれで言うなら「ふつう」だろうな。
自分では「ふつう」とは思わんけど、周りが一般的に見れば「ふつう」以外の何ものでもない。
「ふつう」
それで終了ですわ。
まあいいんすけどね。
よくないけど。
しかし、これは「ふつう」でなくなれということですかね?
このまま「ふつう」でいてもたかが知れた人生だから、どうにかして「ふつう」でなくならんといかんゆうことですかね?
そんなことを思いながら歩いていたら、何やら1人でぶつくさ言いながら放浪している人を数名見かけました。

「時代はアブノーマル!」

そんな声が聞こえたような気がしました。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

踊らされる者

知らない人に電話するときって、どうも声が上ずってしまいますね。
やっぱ知らない人に電話するのは怖いものですから。
以前結構電話をかける職についていたことがありますが、かなり緊張しながらかけたものです。

それはともかく、今日衝撃的な事実を知ってしまいました。
「今までボクがしていたことは何だったのか?」
そう思わずにはいられませんでした。
最初から可能性などこれっぽっちもなかった訳です。
そんなこととは露知らず、必死に頑張ってきたボクは一体何だったのでしょう?
全くもってバカバカしい。
時間を返してほしいですわ。
結局、ボクは権力者の手のひらの上で踊らされているピエロなのですね。
まあどっちみち今のボクには関係のないことですが・・・。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

身も心も懐も寒い冬

朝起きて携帯を見たら数字が入力されてたり、インターネットのメニューになっていたりすることが度々ある。
多分みんなもよくあると思う。
それはそうと、最近寒いのでやってられない。
心まで凍てついてしまうくらい寒い。
地球は温暖化した方がいいのかもしれないと思えてきた。
あまりに寒いのでマフラーと手袋を買おうとしたが、多分ろくに使わないだろうと思い、やめておいた。

「将来は自営業でもするかな・・・」

今日はそんなことを思いながら家路についた。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

悠々自適な生活に憧れる日々

朝起きると極度の緊張感に襲われ、心臓が締めつけられる感覚に陥る。
過緊張か、それとも狭心症なのか?
いずれにせよ、まともな状態じゃなくなってきているのは確かだ。
ということで、朝はあれこれ片付けて、昼から散髪に行った。
何度か行ったことがあるが、家族でやってらっしゃる理容院で、寡黙で影のある感じの息子さんがいい感じである。
帰り際に「・・・あ、これ、どうぞ」と言われ、粗品をもらった。
何となくいい気分になった。
ボクも散髪屋になりたかったような気分になった。
あと、将来は実家に帰って悠々自適な生活を送りたくなった。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

精神を削る日々

現実は厳しい。
ありふれた言葉だけど、本当にそう思う。
難しい。
現実を知れば知るほど、打ちひしがれる。
疑心暗鬼にもなる。
頭で整理しようとすればするほど、解らなくなる。
一番難しくしているのはボク自身。
ただ、ボクは

「これ以上進めない」

それはもうどうやっても解決できない。
勝手に限界を決めてしまうのもどうかとは思うが、理屈じゃない。
本当に難しいんだよ。
それまでの男と言ってしまえばそれまでだし、否定はできない。
決断を迫られたことは何度もあるが、その度に悩み、誤った選択をしてきたのかもしれない。
それはそれでいい。
結果として同じことの繰り返しだとしても。
それが全てマイナスとも言い切れない。
それで納得する。
それならばアリだ。
結局は自分としてどうなのか、それでいいのか?
そういうことだろう。
とりあえず、どちらか選ばなければ何も始まらない。
勿論、100%納得することはありえない。
しかし納得しなければいけない。
自分で出した答えには自分で責任を持たないといけない。
当たり前のことだ。
ボクは他人に判断を委ねたがる。
自分では判断しかねるからだ。
正確に言えば、自分の中で答えは出ているが、それだけでは不安だからだ。
だが、結局他人に判断を委ねたところで答えは出ないのだ。
「こうするべき」と言われれば「何でだ?」となる訳だ。
永久に自問自答を繰り返すだけなのだ。
そもそも、自分が他人のことに関して判断する身になれば解る。
無理だ。
まあできる人もいるだろうが、ボクは他人に対して責任を持てない。
浅はかでちっぽけなボクの一言が、他人に影響を与えるべきではないと考える。
そういうふうに考えるのもどうかとは思うが、ボクはそう考える。
だから結局自己責任に於いて、自分で結論を出すしかないのである。
では、今までどうだったのか?
責任を持ってきたのか?
YESともNOとも言える。
何故か?
それは人間は責任転嫁をしたがる生物だからだ。
しかしどうだ?
責任転嫁したところでどうにかなるのか?
ならない。
だからまた前に進んでいくしかない。
そんな葛藤を繰り返しながら、人間は精神を削っていく。
もう考えるのが面倒になった。
誰も解ってくれなくて結構。
ボクにも解らないのだから。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

公務員の女は最悪だ

タイトルの通りである。
公務員の女は最悪だ。
態度が高圧的すぎる。
上から目線の仏頂面で、人をゴミみたいに見ている。
接客をナメている。
「そんなんだから結婚できねーんだよ」と言いたくなる。
1人や2人という話じゃない。
今までの経験上半分以上がそうだ。
こんなのを採用する自治体はちょっとおかしいと思う。
まあ、仕事はできるのかもしれない。
なら奥のほうで黙々と仕事してればいいから、窓口に出さないでほしい。
何度でも言う。
公務員の女は最悪だ。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。