Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スプリンターズSについて

雨を全く計算に入れてなかったな。
それはさておき、とんでもなくアホな騎手が1人いた。
そのアホは不良馬場で先行馬に乗り、絶好のスタートを切ったにもかかわらず、どういうわけか後ろに下げてそのまま終わった。
逃げたら勝てたとは言わないが、少しは違った展開になったはずだ。
多分そいつは競馬よりも、終わったあと飲みに行くことばかり考えていたのだろう。

そういえば、先日少し触れたデュオトーン(牡3、池江泰寿厩舎、秋山真一郎)が1000万下条件戦の兵庫特別で勝ったようだ。
だが弱メン相手にアタマ差、2、3着馬も3歳馬なのでアテにならない。
菊花賞で勝ち負けというよりは、掲示板に入れば万々歳といった感じではなかろうか?
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スプリンターズS展望 2007

久しぶりのGⅠ展望のコーナー。
明日はスプリンターズSだ。
昨年のスプリンターズS展望で短距離界のレベルが低いと書いたが、今年は外国馬の出走すらなく、存在価値が疑われるレースとなりそうだ。
本命はスズカフェニックス(牡5、橋田満厩舎、武豊)。
休養明けで状態は今一歩のようだが、約半分が休み明けなので関係ない。
鉄砲実績もまずまずで、実力的には抜けた存在だ。
後はバッサリ斬っていく。
まず押し出された1番人気のサンアディユ(牝5、音無秀孝厩舎、川田将雅)。
こういう馬はまず来ない。
そもそもこの馬のどこが強いのか教えてもらいたい。
アストンマーチャン(牝3、石坂正厩舎、中舘英二)、クーヴェルチュール(牝3、国枝栄厩舎、後藤浩輝)の3歳牝馬に重い印をつける記者は頭がおかしいと言い切ってよい。
坂で失速するのが目に見えており、むしろ坂までも持つのか?という話である。
キングストレイル(牡5、藤沢和雄厩舎、田中勝春)を本命にする人は、ゼンノエルシド(藤沢和雄厩舎、'01年スプリンターズS1番人気10着)を忘れてしまったのだろうか?
いくらメンバーが弱いとはいえ、初めての1200mのペースにリズムを崩すのは目に見えている。
アイルラヴァゲイン(牡5、手塚貴久厩舎、松岡正海)はどんなメンバーでも伸びそうで伸び切れない。今回も掲示板付近でなだれ込むだけだろう。

よって相手候補は消去法で以下の通り。
特にアグネスラズベリ(牝6、西浦勝一厩舎、角田晃一)は、前走の敗因が明確だったにもかかわらず、この人気はない。
まあとにかく低レベルなので、遊びでオレハマッテルゼ(牡7、音無秀孝厩舎、蛯名正義)や、ローエングリン(牡8、伊藤正徳厩舎、四位洋文)を買ってもいいくらいだ。

◎スズカフェニックス
○アグネスラズベリ
▲ペールギュント
△プリサイスマシーン
△メイショウボーラー
スプリンターズS展望 2007…の続きを読む
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

シンコウフォレスト安楽死の件について

部外者が限られた情報源の中からコメントするのは難しいのだが、まあ悪くはないのではなかろうか?
種牡馬として余生を送っていた馬が骨折や病気、老衰した際、通常安楽死させられる。
シンコウフォレストは生殖能力の低下という、『健康上以外の理由』で安楽死させられたということで、まあビジネスライクで嫌な感じではあるが、そもそもサラブレッド自体が経済動物であるのだから仕方がない話であろう。
日本のように「いつの間にか屠殺されてました」より数段マシである。
まあ現実として、現役を引退した馬のうち、種牡馬や乗馬として生き残れる馬はごく僅かであり、いったん種牡馬や乗馬になったとしても、結局大半は処分される訳だ。
シンコウフォレストの場合、種牡馬としてなかなかの成績を上げていただけに、正直ちょっとあっさり過ぎる感はあるが・・・。

さて、わが国は数年前にファーディナンド屠殺の件で非難され、以後日本で種牡馬を引退した馬がアメリカの牧場に引き取られて余生を送るというケースが目立っている。
ファーディナンドだけではなく、現実問題として自国でダービーなど大レースを勝った馬でも、いつの間にか屠殺されて食肉になっている。
嫌な国である。
本来の意味とは違うが、まさに『種牡馬の墓場』JAPANである。
日本はパート1ではあるが、馬の処分という意味では遅れていると言わざるをえない。
あまり綺麗事を言うつもりはないが、その辺は競馬会全体でもっと考えていかなければならないと思うよ。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

信用できないジジイ

過呼吸に陥りそうな日々が続きます。
今日は銀行に寄ったのですが、ジジイが「もっとゆっくり喋ってくれ」だの「ハア?もっと大きい声で喋ってくれ」だの「機械(ATMのことと思われる)は信用できん」などと喚いておりました。
お陰でおなかが減ってしまいました。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

歯は噛み合わせ、人生も噛み合わせ

夜は肌寒くなってきましたね。
今日は以前から物を噛んだ時に違和感を感じていたので、知人のロック林原曰く“仙人”KAMIYAに紹介してもらった歯医者へ行ってきました。
結論から言うと、虫歯ではなく、歯の噛み合わせが悪いので負担がかかって噛む時に痛いとのことで、少し歯を削ってもらいました。
あと、歯垢が固まってだいぶ歯にくっついていたようなので、それも取ってもらいました。
どうりで磨いても磨いてもなかなか白くならなかった訳ですね。
たまには歯医者に行くものだなと思いました。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

神戸新聞杯と菊花賞について

先日の神戸新聞杯は、ドリームジャーニー(栗東・池江泰寿厩舎、武豊)が鮮やかに差し切った。
「この馬こんなに強かったっけ?」という感じの快勝であり、距離もなんとかなりそうな感じを受けた。
ヴィクトリー(栗東・音無秀孝厩舎、岩田康誠)は成長の跡が見られるいい負け方だったように思うが、菊花賞で勝負になるかどうかはまた別問題だろう。
フサイチホウオー(栗東・松田国英厩舎、安藤勝己)は距離にかなり問題があったと思われるが、他にも何かありそうな大敗だった。

本番では無敗のロックドゥカンブ(美浦・堀宣行厩舎)が人気になるだろうが、この馬も距離に不安がある。
距離の面では神戸新聞杯4着のホクトスルタン(栗東・庄野靖志厩舎)が挙げられるが、今の菊花賞はスタミナ勝負にならないのでどうか?
面白いというか、軽視できないのは神戸新聞杯2着のアサクサキングス(栗東・大久保龍志厩舎)。
ホワイトマズル産駒は長距離をこなす馬もおり、何よりこの馬は京都コースが絶対に向いている。
他となると、トライアルで上がり馬的存在がことごとく惨敗してしまったこともあり、探すのが難しい。
500万を勝ったばかりのデュオトーン(栗東・池江泰寿厩舎)が通用するほど甘くはないだろうし、京都大賞典から始動のアルナスライン(栗東・松元茂樹厩舎)も厳しいだろう。

まあ、いずれにせよ低レベルな混戦であることは間違いない。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

塩ラーメン、油どろどろな夜

昨日、ホスト風の男がナイト情報誌を配っていたので、何となく貰ったのですが、その情報誌に星座占いがあったので見てみたところ

いて座
全体運:★★☆☆☆
恋愛運:お前のことなんか知らん~♪
金 運:小学校低学年からやり直してこい!ハゲ!
仕事運:四の五の抜かすな!軽いんじゃ!

とありました。
まあそれはどうでもいいのですが、それよりも情報誌に載っている女の子にまともなのがいないということに愕然としましたね。
昨日飲んだ後に食べたやたら油っぽい塩ラーメン並にキッツイ感じで、参ってしまいました。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

Romancing Saga

今日からキミもキャプテンホークだ!

guitar romasaga


Romancing Sa・Ga 3


Romancing Sa・Ga 3


Romancing SaGa 3 四魔貴族


ロマサガエキサイティング


別窓 | YouTube | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ユートピア

世の中の人間がみんなボクだったらいいと思う。
争いもない、誰も嫌な思いをしない、皆が快適に暮らせる社会ができるはずだ。
苦痛もない、孤独もない、ユートピア。

あ、精神鑑定は結構ですよ。ボクはまともですから。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カンキリカッター

元ジュビロ磐田の菊地直哉選手がブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに練習参加し、どうやら契約するようだ。
とは言っても2軍(3部リーグ所属)だがね。
ボクは常々、海外に行きたいならオファーを待つのではなく、どこかのクラブに練習参加すればいいと思っていた。
いくらオファーを待っていても、日本でプレイしていてはオファーどころかチェックリストに載ることすら難しい。
それなら、こちらから乗り込んでアピールすればいいのだ。
まあ所属クラブとの契約もあるから、アピールできたとしてもなかなか難しいのではあるが・・・。
しかし、そういう意味では廣山望(現東京ヴェルディ1969)や福田健二(現ラスパルマス)は逞しい。
海外志向の強かった菊地は、日本でプレイできないという-要素を+要素に転換し、見事に夢のスタートラインに立ったのである。
まあ世の中、自分から売り込んでいかないと何も変わらないということですよ。

あとどうでもいいことですが、キレンジャーの死因はドラム缶ではなく、『カンキリカッター』だそうで、一応訂正しておきます。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent | NEXT