Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ネタのない日々

鳩山法相のアルカイダ発言が物議を醸しているようですが、まあボクには関係ない話です。
しかしネタがない・・・。

Urban Ninja II - Urban Ninja 2

スポンサーサイト
別窓 | YouTube | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

天皇賞・秋について

登録馬を見て、1頭場違いな馬が混じっていると思った。
言うまでもない。
ボンネビルレコード(牡5、美浦・堀井雅広厩舎、柴田善臣)である。
今年の帝王賞を勝ちながら、何故かJBCクラシックを除外された訳だが、それなら前日の武蔵野Sを使えば・・・という話である。
まあ、それは直接関係ない。

問題はレースである。
最後の直線で、コスモバルク(牡6、北海道・田部和則厩舎、五十嵐冬樹)がいつものように斜行。
更に、これに過剰に反応したエイシンデピュティ(牡5、野元昭厩舎、柴山雄一)が大きく外によれ、外の馬は玉突き状にぶつかる不利を受けた。
これによりエイシンデピュティは8位入線から14着に降着となり、柴山騎手は4日間の騎乗停止。
事件の発端を作った五十嵐騎手、これとは別の件で蛯名正義騎手が戒告を受けた。
しかし不利を受けた他の騎手は怒りが収まらない。
岩田康誠騎手「スッと行こうとしたらゴッときた」
安藤勝己騎手「危なすぎる!ブワッとこられてバカじゃないのか!」
福永祐一騎手「コスモバルクは毎回、毎回やっている。五十嵐さんはGⅠに乗る騎手じゃない。福島にでも行っていればいい。勘弁してくれ」

で、アホなフジTVのリポーターが安藤騎手の「バカじゃないのか!」をそのままリポートしてしまったり、福永騎手の「福島にでも行っていればいい」発言が物議を醸したりと、ネタには事欠かさないレースとなった。

このレースでもう1つ注目なのが、勝ったメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)に騎乗した武豊騎手である。
好スタートから終始先団のインをロスなく回り、直線でもポッカリ開いたインを突いて楽に抜け出した訳だが、武騎手はコスモバルクがよれることを計算に入れ、決してコスモバルクの外に馬を出すことなく、かつ内から圧力をかけ、コスモバルクを外へと追いやったのである。
不利を受けないことも騎手としての能力の1つと言えるだろう。
天才の天才たる所以を垣間見た気がする。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

筋肉痛な日々

いや~、昨日は参りました。
家に帰っても息が全然整わず、風呂入って飯食って速攻で寝ました。
今日になっても足腰は勿論のこと、腕や手、指まで激しい筋肉痛に襲われております。
しかし、仕事中に指と爪の間から突然血が吹き出たのには驚きました。
全くもってやれやれです。
ま、何と言っても体が資本ですから、体調には気をつけたいものです。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

涙の価値

今日街を歩いていたら、“サラリーマン”KAMIYAに似た顔の奴を4、5人ほど見かけました。
あの胡散臭くて嫌らしい目といったらないですね。
まあそんなことはどうでもよろし。

最近女子ゴルフが人気ですが(だいぶ前からではありますがね)、目につくのは、優勝して、または優勝を逃して、不甲斐ないゴルフをして、予選落ちして泣く奴が多いということです。
ボクには意味が解らないですね。
人前で、しかもカメラの前で泣くなんて考えられないことでしょう?
ドラマや映画の1シーンじゃないんですよ。
恥ずかしくないのか?
TVや記事などを見ていて、ボクなんかはハッキリ言って不快感を覚えますね。
「普段は偉そうなこと言ってる癖に・・・」、「あ~あ、コイツま~た泣いてやがる」ってな具合にね。
人前で泣くなんざ一生に2、3回で充分です。
涙とは、流すたびに価値が下がるものです。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

レイプに物申す

アメリカ軍岩国基地所属の海兵隊員が、広島市で日本人女性をレイプしたということで、ここぞとばかりに市民団体やら何やらが抗議してますね。
例えるならば、与党議員の個人的な不祥事につけ込む野党みたいな感じで、非常に嫌らしい感じです。
大体レイプなんて毎日何件もあるでしょうに。
それで日本人がレイプしたらニュースにならず、外国人がしたらニュースになる。
それでもって糞ババアどもが「私達の安全が脅かされている」とか言う訳です。
アホか?
誰もおのれなんぞレイプせんわい。
アメリカ軍なんぞより、ヤクザやら虚言癖の老人やら何やらの方がよっぽど安全を脅かしとるわ。
これだから何とか団体とかは手に負えん。
あーだこーだと難癖をつけ、自分勝手を主張する。
イカレたカルト宗教団体と同じである。

あといつも思うのですが、こういうニュースって『女性を乱暴』と出ますよね。
乱暴って何なんでしょう。
一般には殴る蹴る、いわゆるリンチを想像しますよね。
では今回の事件はリンチなのでしょうか?
違うでしょ。
これは強姦、輪姦という話でしょ?
せと弘幸氏風に言うならば、まさに、嘘のでっちあげのでたらめな報道な訳です。
もうそういういい加減な嘘はやめてもらいたいということですよ。
乱暴と強姦では明らかにニュアンスが違うでしょう。
婦女暴行って何です?
男がレイプされたらどういう表現になるんでしょうか?
ま、これ以上は女性優遇、男女不平等という話に脱線してしまうのでしませんがね・・・。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

菊花賞について

混戦と言われた今年の菊花賞は、実績馬の中では最も距離、コースの適性があったアサクサキングス(牡3、栗東・大久保龍志厩舎、四位洋文)が順当に勝った。
結構な斜行にも見えたが、これで最優秀3歳牡馬のタイトルにも大きく近づいた。
アルナスライン(牡3、栗東・松元茂樹厩舎、和田竜二)は3000mは少し長いと思ったが、無難な競馬でアサクサキングスに肉薄した。
しかし和田騎手はいつ見ても無難、悪く言えば平凡な騎乗しかしないな・・・。
ロックドゥカンブ(牡3、美浦・堀宣行厩舎、柴山雄一)はあの位置からよく追い込んできたとは思うが、やはり柴山は柴山だったかという印象。
結果論にはなるが、もう少し前で競馬すれば勝てたのではなかろうか?

他の人気馬に目を移せば、まず5着のドリームジャーニー(牡3、栗東・池江泰寿厩舎、武豊)は健闘と言っていいだろう。
最後方待機は予定通りである。
8着のフサイチホウオー(牡3、栗東・松田国英厩舎、安藤勝己)も半分より上に来ている訳だから悪くはない。
距離を短縮すれば、アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資)くらい走れるだろう。
16着に惨敗したヴィクトリー(牡3、栗東・音無秀孝厩舎、岩田康誠)はアメリカにでも移籍した方がいい。
アメリカの一流ジョッキーなら激しい気性のヴィクトリーも抑えられるだろうし、平坦小回りのアメリカ芝なら少々強引な競馬でも通用する。
デュオトーン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎、藤田伸二)は12着に終わったが、これはソエの影響だろう。
この時期にソエが出ること自体まだ成長過程ということであり、来年以降が楽しみである。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

虚言癖のボクオーン

運転手のマナーが声高に叫ばれていますが、歩行者のマナーについても考えてもらいたいものです。
最近、虚言癖のジジイどもがやたら飛び出してくるので大迷惑です。
虚言癖といえば、“ずる賢いボクオーン”ことKAMIYAの野郎です。
昨日など唐突に「鍋が食いちゃあ」と言い出したので、奴の言うとおりに車を走らせたのですが、結局店は奴の指示とは全く反対側であり、歩いて5分で行ける場所というオチでした。
さらに奴は朝7:00に人を無理やり起こし、「今から家まで送っていけ」とぬかす始末です。
ここでも奴の指示通りに運転したのですが、奴は時々嘘の道を教えるのでとても疲れました。

どうでもいいですが、奴と聖剣伝説2をしていたら、ポポイ(コンピュータ)がいらんことばーして非常に足手まといな上、ついて来れずに壁に向かって走っているのが非常に不快でしたね。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

変化する日常

日々、色んなこと起こりますね。
状況は常に変化していきます。
この先どうなるか解らない。
不安に押しつぶされそうになりますが、それもまた人生ですね。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

自己責任を持てない奴ら

殺人だの、事故だの、亀田だのうざってえ。
なんかエスカレーターで子供が重体らしいですね。
まあ、色々問題はあると思いますよ。
ただ、結局は子供の自己責任じゃないですか?
しかしながら、子供は責任持てないから、そこは親が管理、教育していかんといけんでしょう。
きちんと教育された子供は素直で利口なものですよ。

そう言えば今日は馬鹿みたいに早起きしたので、何となく外を走ってきました。
まあ、2kmも持たずにバテましたけどね。
足は痛いわ、吐き気はするわで、爽やかな朝が台無しですよ。
2度と走らねぇ。
別窓 | 日記 2007年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

AFCアジア/アフリカチャレンジカップ2007 日本×エジプト戦について

さて、本日サッカー日本代表はエジプト代表を迎える。
エジプトは予定されたメンバーから、MFモハメド・シャウキ(ミドルズブラ)とFWモハメド・ジダン(ハンブルガーSV)、さらにアフリカチャンピオンズリーグ決勝に進出したアル・アハリの選手が外れ、実に9人もの選手が不参加となった。
個人的には、ジダンのプレイを楽しみにしていただけに、非常に残念である。
試合は多分日本が勝つだろうが、そんなことはどうでもいい。
ボクが言いたいのは、このマッチメイクをした協会は脳味噌が腐っているのではないかということである。
考えてみて欲しい。
エジプトは13日にアフリカネイションズカップ予選のボツワナ戦を終えたばかりだ。
しかも勝てば本大会出場が決まる大一番である(結果は1-0でエジプトの勝利)。
そして4日後に遠く離れた日本でどうでもいい試合である。
これを日本に置き換えれば、アジアカップ予選で本大会出場を賭けた試合の4日後に、アウェイでホンジュラスと親善試合を行うようなものだ(別にボリビアでもザンビアでもどこでもいい)。
そんな試合にどういうモチベーションで臨めというのか?
全くもって理解不能である。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。