Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

暗黒時代は続く

菊花賞を勝ったのは1番人気のオウケンブルースリ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)。
まあGⅢのようなメンバーであり、この面子に勝ったところでどうもこうもないだろう。
この程度のメンバーしか集まらないのなら、GⅡに格下げしてもいいかもしれない。
しかし、今年の3歳馬のレベルの低さといったらない。
思えば昨年の3歳も、菊花賞馬が真剣に思い出せないほど低レベルだった。
短距離も、長距離も、古馬も、3歳も全てが低レベル。
日本の競馬界はまさに暗黒時代である。

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

機動戦士Vガンダムについて

ボクは『ガンダム』や『Zガンダム』をリアルタイムで見た世代ではない。
初めて見たガンダムのTVシリーズは『Vガンダム』だった。
1stガンダムから始まった宇宙世紀最後の作品であり、音楽は千住明氏が担当した。
バンダイの現場介入の影響か、単に製作者サイドが方向性を詰めきれてなかっただけなのかは知らんが、まあ俗にいう失敗作である。

低年齢層を意識したのかどうなのか、主人公のウッソ・エヴィンは13歳。
13歳の割には肝の座ったタフな少年である。
ヒロインのシャクティ・カリンは11歳。
小学校高学年の年齢である。
カテジナ・ルースは17歳。
こんな17歳は嫌だ。

対照的に、リガ・ミリティアのメンバーはアムロ・レイやシャア・アズナブルなどとほぼ同世代にあたるジジイばかり。
そもそもこのリガ・ミリティア。
ほとんどウッソ1人で成り立っているようなものである。
マーベットやオデロあたりでは戦力にならず、シュラク隊は無意味な犬死にを繰り返すばかり。
最も頼りになるのがハロという、絶望的な戦力である。

身勝手な暴走を続け、ウッソ達を振り回すシャクティ。
ライバルと見られていたクロノクルは完全に見かけ倒しに終わり、カテジナに至っては言ってることが全く意味不明。
物語終盤には登場人物がみんな狂いだし、ぐだぐだのまま終わってしまった印象である。
そもそも、オデロと共にカテジナに戦いを挑んだトマーシュは一体どこに行ったのかという話である。

しかし、本作の持つ血生臭さや、戦死者のリアルな描写は好きである。
だから多分、ボクは『Zガンダム』の次に『Vガンダム』が好きだと思うのである。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2008年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クラニー代表追放とビッグブラウン引退

ドイツ代表レーブ監督「今後クラニーを招集することはない」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20081013-00000006-spnavi-socc.html

ロシア戦でベンチ外となったケビン・クラニーが試合中に脱走し、事実上の代表引退となった。
後日謝罪をしたが、レーブ監督の決定は覆らないようだ。
このブラジル出身のストライカーの造反を一番喜んでいるのは、他ならぬレーブ監督だろう。
扱いづらい選手が、自ら去ってくれたのである。
現在ドイツの前線には、大黒柱のミロスラフ・クローゼをはじめ、マリオ・ゴメス、ルーカス・ポドルスキ、シュテファン・キースリンク、ヤン・シュラウドラフなどタレントが揃っており、クラニーの必要性を全く感じさせない。
よって、レーブ監督がチームを去ったとしても、クラニーが召集される可能性は極めて少ないだろう。
となると、クラニー自身も国外へ活躍の場を移すことになるのではないかな?


米2冠馬ビッグブラウン、故障で引退
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=31534&category=C

Big Brown(牡3、米・R.デュトロウJr.厩舎)が故障で引退した。
どのみち、BCを最後に引退したんだろうが、勝ち逃げ的な感が強く、どうも釈然としない。
父は早熟のBoundary。
ベルモントSは度外視としても、ここ2走は明らかにパフォーマンスが落ちており、恐らくBCに出てきても惨敗しただろう。
そういう意味では、実にいい時期でのリタイアと言える。
これだけの実績を持つ馬だけに当然ではあるのだけど、正直、北米も欧州もビジネス的要素が強すぎると思うのよね。
ちょっと強い3歳馬が出てきたと思ったらすぐ引退じゃ、さすがに盛り下がる。
ま、すぐに次のスターが生まれるのではあるけど・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

恐ろしいほど成長のないボク

「この1年間、俺は何をやってきたんだ?」
と、思う。
色々なことがあった。
今でもある。
迷いもあるし、夢もある。
不安もあるし、現実もある。
自分で選んだ道がぼやけることもある。

で、結局、俺自身は何か変わったのか?
それは非常に微妙なところである。
いや、正直変わってないと思う。
色々経験はしたが、変わってないと思う。
情けない。
結局同じことの繰り返しではないか。
ボクももう若くない。
現実はより現実的になる。
現実の海の中で、ボクはどう泳いでいくのだろうか?
来年同じことをほざいてたら、いよいよヤバいだろうな。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2008年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Casino Drive

アメリカ遠征中のカジノドライヴ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎、V.エスピノーザ)が、オールウェザー8.5Fの条件戦を制した。
メンバー的には勝って当然ではあるが、本番と同じオールウェザーコースを経験できたことは大きい。
これでカジノドライヴは3戦3勝。
このキャリアでBCを勝つとなると、過去に例のない快挙となる。
本番は一気にメンバーが強化されるが、どこまでやれるか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。