Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2009 Jリーグ 鹿島アントラーズ×サンフレッチェ広島

実力の差、選手の差と言ってしまえばそれまでだが、まあ酷い試合だった。
運動量をベースにポゼッションサッカーを志向するチームがあんな試合をしてはいけない。
何でこうなったのか、理由は明白。
ポゼッションできなかったから。

J2ではどのチーム相手にもポゼッションできた。
天皇杯もそう。
マリノス戦も、アルディージャ戦もそうだし、キャンプでのパルチザン戦もある程度ポゼッションはさせてもらえた。
だが、アントラーズにはポゼッションどころか、まともにボールに触らせてもらえなかった。
そのため、ラインがずるずる下がり、代名詞である『人もボールも動くサッカー』を自ら封印してしまった。
ずいぶんと脆いサッカーである。

それでも、そのうち修正してくるだろうと思ったが、ついに試合中修正されることはなかった。
これは監督の采配によるところが大きい。
サッカーはいつも上手くいくわけではない。
だから、上手くいかないとき、いかに修正できるかがカギとなる。
「上手くいかなくても自分たちのサッカーを貫く」では、何の工夫もなく、何の解決にもならない。
それでは、勝つことを自ら放棄しているも同然。
人間は考える動物である。
「ツキがない」、「○○がいれば・・・」なんて言ってられない。

今日の試合で言えば、サイドを完全に制圧した鹿島に対し、何故4バックにしてサイドに2人ずつ置かなかったのか?
そういった答えがないし、誰も聞かない。
本当に不思議で仕方ない。
交代枠を余らせたことも疑問。
守るにしても、攻めるにしても、何で使わないのか。
あの状態ではどのみち、盛田か楽山しか選択肢はなかった。
選手交代とは先手必勝が定石。
相手の出方を見てからとか、アクシデントが怖いとか言ってるうちは、勝つための選手交代はできない。
優秀な監督は躊躇なくさっさとカードを切るものだ。

技術的な部分では、雨が降ろうが風が吹こうが、トラップくらいまともにしろと言いたい。
そういった基本的な技術の差はかなりあったように思う。
高萩と高柳は本当に使えない。
あれでは存在価値がないと言っていい。
青山、服部も含め、この4人は仕掛けられない、奪えない、運動量ない、プレイの選択肢が少ないということで、もう話にならない。
頼みのミキッチも今日は何一ついいところなし。
このように全くサポートがないため、柏木は無理なドリブルやスルーパスを強いられ、佐藤寿人は前線で孤立。
これでは勝てない。

マンオブザマッチは該当者なし。
いいプレイをした選手は誰一人としていなかったし、決定的なシーンも1つもなかった。

にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

何もできない男

今の自分を見ているとアホらしくなってくる。
何をやってるのか?
結局何にもできないくせに。
何もできない現実に気づいたら、混乱、そして「もうやめた」となる。
そんなことをしているから、また余計なことをやらかす。
まったく・・・何度やらかせば気が済むのか・・・。
全てに対して腹が立ってくる。
浅はかで滑稽な奴だと思う。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ

大宮アルディージャを迎えたホーム開幕戦、DFのミスから実に安い3失点を喫してしまい、痛い敗戦となった。

まず前半だが、ラッキーな先制点以外はチグハグで、何もない45分だった。
全体的にサポートが少なく、隣へのパスばかでリズムがつかめない。
苦しまぎれのロングボールや、簡単に大きく蹴り出してしまうシーンが目立った。
ミキッチのタテも封じられ、中へ切れ込んでのプレイで活路を見出そうとするも、手詰まり感が否めなかった。

ところが、どういうわけか後半は面白いようにパスがつながり、ワイドな展開や、細かいダイレクトプレイが面白いように嵌まってあっさり勝ち越し。
その後もずーっと広島のターンで一方的にボールを支配したのだが、結果的にここで追加点を取れなかったのが痛恨だった。

そんな中、張外龍監督が打った選手交代、石原に代えて市川というカードが非常に効果的だった。
市川がアグレッシブにゴールへ向かう動きを見せたため、チーム全体を前へ引っ張り、ボールを取りに行くラインを上げる効果となった。
一方ペトロヴィッチ監督だが、青山に代えて高柳、高萩に代えて平繁と、カードを切るたびに機能が低下していくありさまだった。
特に平繁は完全に消えており、点が欲しい際のオプションになりえないばかりか、それ以前にJ1で通用するレベルにない。
あれなら前田俊介の方が数倍マシである。
高柳や楽山も何もできなかったが、平繁はそれを感じさせないほどに酷かった。

個人の批評を続けるが、まず開幕戦で非常に不安定だった佐藤昭大。
今日は3失点したものの、もはやノーチャンスのゴールばかりであり、どうしようもなかった。
プレイ自体は問題なく、上手く修正してきたと思う。

問題はストヤノフ。
ストヤノフのフィードは間違いなくJリーグ最高レベルなのだが、さすがに多すぎる。
パスコースを探しながらの危なっかしいドリブルキープも目立ち、周囲との連携や、メンタルの部分であまり充実していないようにも見える。
また、持ちすぎて流れを停滞させている感も否めない。
今日は服部を下げたが、ストヤノフも決してアンタッチャブルな存在ではない。

槙野と森脇に関しては、このくらいは想定の範囲内。
攻撃面での貢献は大きく、守備は経験を積むことで成長していってもらうしかない。
あと槙野、中途半端な気持ちではPKキッカーは務まらんよ。

まあ、広島のサッカーはミスをすれば簡単に3、4失点してしまう。
それと同時に、1試合3、4点くらいは取れるサッカーをしており、今日の後半はそれができていた。
柏木と佐藤寿人が何度もあったチャンスを決めていれば、普通に勝てた試合だった。
寿人もまた、アンタッチャブルではない。

今日のマンオブザマッチだが、勝っても負けても無理やりサンフレッチェの選手から選ぶことにしているため、マークを受けながらも華麗な突破を見せたミキッチに一票。

大宮に触れると、マトの存在は大きい。
思ったほど足元でどうこうというのはないが、高さは驚異であり、広島のクロスボールは全部マトにはね返されていた。
今後大宮と対戦するチームは、いかにしてマトを外すかという部分を考える必要がある。
ポジショニングやカバーリングの巧みさも含め、さすが元クロアチア代表と思わせるものだった。

あと、藤本は相変わらず嫌らしいプレイをするな。
消えてたり、サボってたりする場面もあるが、藤本がボールを持つと可能性を感じさせる。

藤田や新井、今後復帰してくるであろう主力を含め、大宮はちょっと面白い存在になるかもね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

マリノスのやりたいサッカーについての考察

横浜F・マリノス戦後、マリノスの選手やファンから、「自分たちのやりたいサッカーをやられた」という趣旨のコメントが目立った。
試合前からも、「同じ3-6-1のシステムで、同じ方向性を持つチーム同士の戦い」と見る向きが多かった。

正直、「ホントかよ!?」と思う。
広島と横浜のフォーメーションは、数字の上では確かに同じ3-6-1である。
しかしながら、前回触れたとおり、森崎和幸がDFラインに下がることの多い広島は実質4-1-4-1である。
3バックと考えても、ロングフィードを多用するリベロタイプのストヤノフに、ワイドに開いてビルドアップの起点となりつつ、積極的なドリブルやオーバーラップを見せる森脇と槙野。
片や、横浜の3バックは、屈強ではあるが、広島とは対照的に、中に絞ってのプレイが目立つ。
ビルドアップに関しても、立ち止まっての隣へのパスか、狙いの低いロングボールくらいで、貢献できていないと言うより、参加する意思がないように見える。

また、広島の攻撃はストヤノフと森崎和、青山を中心に展開されるが、連動性に乏しい横浜の攻撃は、狩野がボールを受けてから、あるいは兵藤や山瀬功治らの単独での突破が中心となる。

ボクは横浜をあまり見ているわけではないので、偏見が多分にあるのかもしれないが、横浜の目指すサッカーとは、フィジカルの強いCBが相手の攻撃をはね返す、あるいは小椋や開幕戦は欠場した河合のあたりでボールを奪い、技術の高い中盤の選手たちの個人技や、閃きによる連動から、タテに速い攻撃を仕掛ける。
もしくは、長身のトップに当てて、2列目が飛び込むといったイメージではないだろうか?
局面を決めるのは、誰かが無理をしたとき、あるいはスーパーなプレイを見せたとき。

広島の場合、GKから丁寧にビルドアップしていき、サポートと動き直しを繰り返してパスコースを作り、相手守備陣のギャップを突く遅攻。
あるいは、奪ってから素早くサイドに展開し、ゴール前に人数をかけてのショートカウンター。
局面を決めるのは、理論的にもたらされたイメージの共有による連動性であり、ほとんどのゴールはワンタッチプレイの連続から生まれる。

別に広島がよくて横浜が悪いと言いたいわけではない。
ただ、以上の理由から、横浜と広島のサッカーは決して似ていないのではないか?
と思うのだが、どうだろう?

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ 横浜F・マリノス×サンフレッチェ広島

サンフレッチェ、開幕戦は4-2で幸先よく勝利した。
前半と後半で全く違う試合になってしまい、ちょっと不細工な試合だったなというのが率直な感想。

森崎浩司、高萩を欠いたポジションには予想通り高柳が入ったが、相変わらずの消えっぷり。
対照的に柏木は、相変わらずの運動量と、効果的な動きで違いを生み出していた。
Jリーグデビュー戦となったミキッチも、タテへの積極的な仕掛けで、前半は対面の田中に何もさせなかった。
上記の3人+トップの佐藤寿人の前線への飛び出しは、広島の基本戦術の1つやね。
で、まあ3点目が入ってからは、あと何点入るかなと期待していたが、前半の終盤からの試合の進め方は大いに不満の残るものとなった。

横浜には何もなかった。
時折、山瀬功治や兵藤が単独で突破を仕掛けてくる程度で、事故が起こらない限り点が入りそうな雰囲気はなかった。
マリノスは攻守の切り替えが遅く、前半で引っ込んだ小椋やアーリア、山瀬、狩野と、サッカー脳の悪い選手が多すぎる。
このあたりの選手は、頭の中を根本的に変える必要があるね。

後半はその何もないマリノス相手に、受けてカウンター狙いの一手のみ。
受けたんじゃなくて、受けさせられたと言った方が正しい。
相手が前から来たことにより、苦し紛れのロングボールやクリアの嵐。
その上、高柳やミキッチの運動量が落ち、中盤でボールが収まらなくなった。
それでも50%50%のボールで寿人や柏木を走らせるも、さすがに限界だった。
思えば、昨年の天皇杯の川崎戦も後半は主導権を握れず、同じような展開になった。
ここは改善していかないと強いチームにはやられるし、実際今日も1点返されている。

そう、今日の試合は2失点しているのだ。
で、この不安定な戦いを招いた大きな要因が、佐藤昭大である。
目測を誤ったり、ハイボール処理のミスや、DFラインとの連係ミスが非常に多く、4失点くらいしてもおかしくない出来であった。
実力不足もさることながら、焦りからか無謀な飛び出しを繰り返していたことから、精神的に問題を抱えているようにも見える。
欧州の移籍市場が開く夏を待たず、緊急の補強が必要となるかもしれない。

ポジティブな点はミキッチの出来。
このくらいはやって当然なのだが、彼のスピードとドリブルが武器になることを証明した。
途中出場の中島と楽山も、短時間ながら、与えられた役割を理解したベテランらしいプレイだった。
寿人と柏木の負担を軽減し、上手く試合を殺した。
チームとしても、前半はショートパスはもちろんだが、ピッチを広く使い、1つ飛ばしてのパス―各駅停車ではないボール回し―ができており、非常にいいポゼッションサッカーができていたように思う。

私的マン・オブ・ザ・マッチは柏木。
危なっかしいゴールはちょっと評価できないが、豊富な運動量と、攻守の切り替えの早さ、苦しい場面でのキープや頑張りは特筆に値する。

いずれにせよ、今後に向けて期待の持てる開幕戦であったことは確かである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高柳一誠について

Jリーグ開幕も近いので、サンフレッチェの話題を。
毎年飛躍を期待されながら、パッとしない成績に終始している選手に、高柳一誠がいる。
ユース時代はいわゆる“ゴールデンエイジ”の主力として活躍し、ユース所属ながらトップ出場も果たした。
ボランチを基本に中盤ならどこでもこなし、サイドバックでもプレイできるユーティリティ性が魅力ではあったが、この手の選手にありがちな器用貧乏な選手に成り下がっているのが現状である。

彼だけのことを考えるなら、今の広島の選手構成は彼にとってあまりよろしくない。
本質的にナイーブであると思われる高柳の周りには、経験豊富でミスをしても取り返してくれる、実力のあるベテランが必要である。
現在の広島にはそういった『仙道なら何とかしてくれる』的な選手はいない。
ポジションを争う青山敏弘、高萩洋次郎、田慎一朗、柏木陽介は同世代のライバルであり、森崎兄弟や李はベテランでもなければ、チームを引っ張っていくだけの実力、リーダーシップの面でも適格とは言い難い。
ボクがチームにはスーパーな選手が必要と考えるのは、そういった理由からである。
若手の見本となり、困ったときに頼れる存在となる。

現実に話を戻すと、高柳のメインポジションは、今も昔もボランチである。
相方は森崎和幸、もしくは青山となるが、その際は必然的に高柳が前目のボランチとなる。
ところが、3-6-1システムにおけるセグンドボランチの役割というのは案外難しい。
相手キーマンのマーク、サイドの穴埋めや、ビルドアップ時の顔見せや展開、フィニッシュに絡む働きも求められる。
攻守において高い能力や戦術理解度と、豊富な運動量が求められるが、これは高柳のメンタルや能力からして、決して向いていない役回りである。
彼のようなタイプには、あれこれ難しいタスクを与えず、明快な役割を与えた方がいい。

まず、彼は自分の生きる道をよく考える必要がある。
左右両足から放たれる強烈なシュートや、前線への飛び出しが持ち味だと考えるなら、この先彼がレギュラーポジションを確保することは難しいだろう。
アグレッシブな姿勢は買うが、それはまずはディフェンスで活かすべきである。
高柳はピッチを走り回ってボール狩りをしていればいいのである。
攻撃面での性能は、ボールを奪ってから発揮すればいい。
高柳よりシュートが上手い選手も、ドリブルが上手い選手も、パスセンスのある選手もいくらでもいる。
同い年に高萩や前田俊介がいるのだから、そんなことはわかってるはずである。
ユース代表時代、大熊清監督は高柳のしつこい守備を高く評価していた。
もう一度、自分の何が評価されていたのかを考え直す必要がある。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。