Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ

柏木の、森崎和幸の、中島のシュートが決まっていれば・・・。
今日も決定力不足を嘆く試合だった。
高柳の負傷、森脇のカスみたいなミス、吉田寿光主審のトチ狂った判定・・・。
そこからは数的不利を全く感じさせない好ゲームを展開したのだが・・・ゴールが遠い。
前節の新潟戦よりはマシだが、イマイチ釈然としないゲームが続く。
まあ、数的不利から互角以上の戦いを見せ、追いついた点は高く評価していい(昨日の大分は酷かったしな)。
ミキッチの欠場、高柳の負傷など不安な点は多いが、次節こそスッキリ勝ち点3を取ってもらいたいものである。

マンオブザマッチは初スタメンだった中林。
キックミスは何度かあったが、セービングに関してはほぼ完璧。
基礎技術、反応の鋭さ、飛び出しの判断、どれをとっても佐藤昭大よりよっぽどいい。

途中出場の高萩もいい働きをした。
67分の左サイド際からダイレクトで右サイドへサイドチェンジしたプレイなどは、高萩の真骨頂と言える。
あれをできる選手はそういない。

服部もいつになくドリブルでの仕掛けが目立った。
楽山と交代したが、正直、楽山は森脇と替えた方がよかったように思う。

悪かった選手、これはもう森脇しかいない。
失点の場面は3重のミスである。
ヴィトール・ジュニオールに気づかなかった注意力不足のミスが1つ。
実戦経験が皆無の中林に対して、ポジションも確認せずに何となくパスを出した判断ミスが1つ。
パススピードあまりにも遅かったという技術的なミスが1つ。

アグレッシブさと、柔らかさを併せ持つ森脇だが、肝心のDF能力の低さ、判断スピードの遅さなどは致命的な問題点と言える。
そもそも、森脇の売りは攻撃面であるはずなのだが、ここ数試合、森脇がオフェンスで貢献できているとはとても言い難い。
そろそろ我慢の限界が近づいている。

あとは吉田主審。
流せばいいのに、わざわざシミュレーションを取ってイエローを出すセンスのなさは理解に苦しむ。
サッカー選手にセンスが必要なように、審判にもセンスが必要だと思うが、どうだろう?

にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ロジユニヴァースとリーチザクラウンの巻き返しはあるのか?

終わってみればアンライバルド(牡3、栗東・友道康夫厩舎、岩田康誠)にライバルはいなかった、という結果と言える。

惨敗を喫した3強の2頭のうち、リーチザクラウン(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎、武豊)に関しては、引っかかったという明確な敗因があり、ダービーに向けて対策も立てやすいと言えるだろう。
広い東京コースに変わるのは明らかにプラスであり、恐らくハナを切るか、殿に構えるかといった極端な競馬を選択する可能性が高い。
もっとも、これだけの惨敗から巻き返せるほどダービーは甘くなく、気性面を考慮すると距離延長も不安材料である。

問題はロジユニヴァース(牡3、美浦・萩原清厩舎、横山典弘)である。
レース中にどこか故障したのでは?
と思わせるくらい、惨敗の理由がわからない。

ただ、後出しにはなるが、不安要素はあるにはあった。

まず、関東馬であること。
萩原厩舎に入る馬の質は関東でもかなり上位にあると思われるが、その割に結果が出ていない。
プリサイスマシーンやメテオバーストに見られるように、レース選択に一貫性がなく、ノボトゥルー、ノボジャックは森秀行厩舎に移籍してから大成した。
13走連続1番人気に支持されているジャンバルジャンは、その13戦で(3-6-1-3)であり、どうも人気馬、良血馬を勝たせることができない厩舎というイメージがついてしまっている。

2つ目は、馬主がこの世代から馬を持ち始めたばかりの久米田正明氏であること。
どこまで影響しているのかは不明だが、競馬界における政治力は無いに等しいと思われる。
なお、氏の所有馬の名前はかなり投げやりであり、競馬に対する情熱を疑わざるをえない。

3つ目は、デビューが昨年の夏と早いこと。
クラシックを狙うには全然いいことなのだが、早熟、成長力に疑問、という懸念もある。

4つ目は血統。
母父がCape Cross、母母父Machiavellianは、ともにスピードタイプではあるが、日本向きの素軽さ、瞬発力には欠ける種牡馬と言える。
また、母アコースティクスの半妹であるモンローブロンド、ルミナスポイント、半弟ノットアローンはいずれもやや一本調子なタイプだった。

以上の理由により、1番人気は当然としても、1.7倍はちょっと被りすぎたと思う。

そして、巻き返しという点では、もう、まず無理というのがボクの結論。
いくら何でも負けすぎであり、それでいて敗因が見当たらない。
先行すれば勝てるとか、そういった問題ではない。
血統的に距離が延びるのはマイナスであり、特に東京コースが向いているとも思えない。

よって、アンライバルドのライバルとなりうる存在は、やはり別路線組になるのではないかな?
後出しにならないように言っておくけど、ボクはアンライバルドがダービーで鉄板とは思わないのでね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ アルビレックス新潟×サンフレッチェ広島

納得いかない試合となった。
前半で1-3とリードを許しながら同点に追いついたわけだが、同点止まりじゃ意味がない。
新潟は鋭いショートカウンターを何度か繰り出してはいたが、それだけだった。
ペドロ・ジュニオールはJリーグでも屈指のアタッカーではあるが、それだけだった。
試合の大半を広島が支配し、実際新潟は前半終盤から瀕死のサンドバック状態だった。
そんな状態でやりたい放題しながら、たった2点しか追加できなかったというのはありえない。
「何失点してもいいから、相手より1点多く点を取って勝つ」という、サンフレッチェのスタイルを考えるならば、こんな試合は決して許されない。

失点に関しては、1失点目はストヤノフがペドロ・ジュニオールのマークを外したことがすべて。
あの状態で佐藤昭大に多くを求めるのは無理がある。
2失点目は中林のミス。
プロらしからぬプレイだが、まあ仕方ない。
3失点目は完璧に崩されての失点。
これはどうしようもない。
正直、この3失点は『仕方ない』で片づけていい。

問題は後半10分で1点返しながら、同点に追いついたのが27分、そしてそこから勝ち越せなかったという体たらく。
攻撃サッカーを志向するチームならば、柏木のゴールのあと、一気に息の根を止めないといけない。

試合を通して、安定してなかった選手を挙げるなら森脇。
森脇の攻撃性や意外性は魅力ではあるが、早めに森脇を下げて前を厚くしてもよかったかもしれない。
もう1人はミキッチ。
裏のスペースで幾度となくボールを受けたが、ドリブル突破のミスが目立ち、何よりクロスが中と全く合わなかった。
結局、楽山と交代となったが、あの時間帯なら久保を出してほしかったし、楽山を入れるならもっと早く入れるべきだった。

マンオブザマッチは少し迷ったが、森崎和幸。
相変わらず地味ではあるが、随所に存在感を見せた。
ただ、こういう苦しい状況だからこそ、青山や槙野を制して前に出てほしい。
たまには、エゴを出してもいいと思うのである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ブエナビスタのレースぶりについて

直線入口の時点で絶対に負けると思った。
ブエナビスタ(牝3、栗東・松田博資厩舎、安藤勝己)のこと。
それもそのはずで、4コーナーで一旦ジェルミナル(牝3、栗東・藤原英昭厩舎、福永祐一)の内に入れようとするも前が開かず、かなり遅れたタイミングで大外を回したのだから、普通届くはずがない展開なのである。
あれで差し切ってしまうのだから、この馬が相当強いか、他が相当弱いかのどちらかである。

ただ、このブエナビスタのレースぶりにはかなり不満である。
こんな競馬で一体何が残るというのだろうか?
ただ安全に回ってきて勝っただけ。
結果以外、何一つ残らないレースではないのだろうか?
実力が抜けているのだから、何で馬ごみに入れようとか、前に行こうとか、課題を持ってレースをしないのだろうか?
今後、この馬は海外に出ていくものと思われるが、海外ではこんな競馬は絶対に通用しないし、安藤勝己騎手が海外で通用することはない。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×柏レイソル

結果は4-1ではあるけど、取り立ててどこがどうよかったかと言われると、コメントに困る。
ミスも多かったし、もっと取れるチャンスもあった。
後半の中盤~終盤では柏にかなり主導権を握られた時間帯もあった。
それでも圧勝できたというのは、純粋にサンフレッチェが強かったということかもしれないね。

レイソルの試合の入り方は非常によかったように思う。
欲を言えば、相手がいい時に早めに点を取れれば「おお、サンフレッチェ強いな」と思えるのだが。
ただ、これも当たり前のように4点取れているということを評価すべきなのだろうね。

触れておきたいのは高萩。
試合展開を考えればあれでよかったのかもしれないけれども、もう少し積極性を見せてほしかった気もする。
シュートを撃てるチャンスもあっただけに、もったいないなと。
パスを出すのは彼のプレイ哲学なのかもしれないけれども、今の高萩はコンスタントに試合に出場できるという状況ではないだけに、次、もっとシリアスな状況で試合に出したいと監督に思わせることができたかと言われると、どうかとは思う。
それでも体のキレは戻ってきたとは思うし、パスにしても、通っていれば「さすが高萩」となるわけであって、キャンプ終盤のグロンペイン症候群からの復調という面では一定の評価をしたい。

試合全体を通して、とりわけ誰がよかった、悪かったというのはないのだが、とりあえずマンオブザマッチは佐藤寿人に決定した。
ゴールはラッキー以外の何物でもないが、2、3人に囲まれたり、タッチライン際であったり、ゴールに背を向けた状態であったりという、苦しい体勢からでも、しっかりポストプレイや球出しができていたという点を評価。
1トップで周りを活かしながら、自らを活かすこともできる数少ない日本人FWと言える。
かつてはとにかく裏一辺倒、ゴール前でのポジショニング命というだけの選手だったが、年々ポストプレイやドリブル、プレイのアイディアに進化が見られる。
こういった元々オフザボールの動きに優れた選手というのは、年々オンザボールでの動きが上達していくので、長く活躍できるという印象があるね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

永川勝浩の成長のなさについて

入団以来、全く進歩がないように見受けられる。
そう、広島東洋カープの永川勝浩投手のことである。

今ではすっかり野球に対する興味を失ってしまったが、高校、大学、卒業後1、2年くらいまでは、結構マニアックなカープファンを自認していた。

永川と言えばフォークである。
カープに在籍したフォークピッチャーと言えば、大野豊、紀藤真琴、横山竜士が思い浮かぶ。
大野に関しては、色々な球種を持っており、晩年はそれほどフォークを投げていなかったように思う。
イメージが先行しているのかもしれない。
紀藤の場合は、フォーク云々以前にネガティブな印象が強すぎる。
当時は紀藤が投げる試合=負け試合というイメージがあった。
横山は別格だった。
あれほど鋭く落ちるフォークを投げる投手は見たことがなかった。
ストレートに勢いがあり、コントロールもよく、文句のつけようがない投手だった。
ルーズショルダー発症後は変化球はカーブ主体になったが、全盛期のフォークは脳裏に焼き付いている。
小林幹英もいいフォークをもっていたが、横山のそれを見た後ではさすがに見劣る。
そもそも、実質ルーキーイヤーだけだったし・・・。

で、永川のフォークだが、彼らのフォークとは根本的に違う変化球であり、『落ちる』と言うよりは、『曲がる』と言った方が正しい。
“ハマの大魔神”佐々木主浩のフォークを、落差はそのままで、なまくらにしたような感じである。

この永川、球種はストレートとフォークのみ。
カウントを稼ぐフォークと、空振りをとるフォークを使い分けていたが、コントロールが絶望的に悪いため、カウントを悪くして四球連発、甘く入ったストレートやフォークを痛打されるという不安定な投球を繰り返してきた。
佐々木の場合、フォークはもちろん、ストレートまでも、わかっていても打てないという大変厄介なものであったが、永川のそれは、ただもの珍しいだけであり、わかっていたら簡単に打たれる程度のものでしかなかった。
そのため、一時期スライダーやツーシームを習得しようとしていたようだが、結局プロで通用する代物にはならなかったようである。
普通これだけ不安定な投手は使いたくないと思うのだが、カープのリリーフ陣がどうしようもないくらい駒不足だったこと、適性から言ってクローザーしか向いていないこと、何だかんだで干すには惜しい素材であることから、仕方なくクローザーで起用してきたものと思われる。
そもそも、彼が新人の頃クローザーに抜擢された理由は、当時のクローザーであった小山田保裕のコンディション不良である。

そんなわけで、紆余曲折を経て使い続けた結果、そこそこの成績は残せるようになった。
もっともクローザーは抑えて当り前のポジションであり、セーブのつく場面でばかり投げているため、数字がついてくるのも当たり前と言える。
実際、投球内容は危なっかしく、完全に結果オーライの投球を続けていた。
そんなピッチングを続けていれば、そりゃ打たれる割合も高くなるわな。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ ガンバ大阪×サンフレッチェ広島

PKの判定はちょっとよくわからないところではあったが、この内容ならいい試合だったと言えるのではなかろうか。
後半、楽山からの折り返しを柏木が決めていれば文句なかったが、それは柏木の決定力の低さを考えると、高望みというものだろう。

ただ、今日こういった試合ができたのは、相手がガンバだったからという点が大きい。
恐らくガンバはJリーグの中で、鹿島に次ぐ実力を持ったチームと思われる。
しかしながら、ゆっくりパスをつなぎ、ラインを高く保ってくれるガンバは、広島のスタイルからして、非常に組みやすい相手である。
そして、こんなサッカーをしてくれるクラブはさほど多くない。

マンオブザマッチは度々酷評している高柳。
フィジカルとアグレッシブさでチームにダイナミズムを与え、同点ゴールもゲット。
柏木や寿人と近い距離を保てたことと、厳しい場面でのキープでチームを助けたことも高く評価したい。
とはいえ、波が激しい選手でもあるので、継続しての活躍を期待したい。

その他では、強行日程ながら攻撃の起点として機能していたストヤノフ、冷徹なまでのふんわりクロスでチャンスを演出する服部はチームに欠かせない存在であることを証明しただろう。
チームのアシスト王である服部に関しては、いかにして高い位置で、かつフリーの状態でボールを預けることができるか?
それがサンフレッチェが上手くいっているかどうかのバロメータの1つである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

栄光を捨てたコーエー

信長の野望、三國志、蒼き狼と白き牝鹿の三部作を筆頭に、提督の決断、大航海時代、太閤立志伝などの歴史シュミレーションゲームをリリースし続けた光栄。
他にも、維新の嵐、神々の大地、源平合戦、水滸伝、独立戦争、ヨーロッパ戦線、ランペルール、ロイヤルブラッドなど、高いクオリティと価格、需要や採算を度外視しているとしか思えない姿勢と専門性は、明らかに他社とは一線を画しており、孤高のカリスマ的存在であった。

また、エアーマネジメント、トップマネジメント、リーディングカンパニー、スーパードッグワールド、ライフ・イズ・ミュージックなど、歴史もの以外にも手を出し、大半は闇に葬り去られたものの、競馬シュミレーションのウイニングポストは後に光栄を代表するゲームとなった。

その他、日本初のアダルトゲームメーカーとしても知られ、伊忍伝、魂の門、クリス愛の旅立ち、ケルトの聖戦、デルフォイの神託、ホイホイなど、失敗作、糞ゲーと呼ばれる作品を連発。
このあたりはボク自身もサッパリであり、もはやどんなゲームなのか想像もつかないものも多数。

そんな栄光にまみれた光栄であったが、社名をコーエーに変更し、アンジェリーク、三国無双などを発売しだしたあたりから、ただのゲームメーカーに成り下がってしまった印象である。
それは神が自ら下界に堕ちてしまったかの如しであり、完全に商業主義に染まってしまった。
もうゲームに熱中するような年齢ではないが、そのあまりの落差に哀愁を感じると同時に、唖然とさせられるものであるね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。