Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

日本ダービーとネオユニヴァースについて

不良馬場のダービーを制したのは、皐月賞で1番人気ながら14着に惨敗したロジユニヴァース(牡3、美浦・萩原清厩舎、横山典弘)。
馬場の影響がかなりレースを左右したことは間違いないが、ロジユニヴァースとしては理想的なレースだったように思う。
4コーナーの位置取りと、手応えからして、先頭に立ったリーチザクラウン(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎、武豊)をいつでもかわせそうな感じだった。

リーチザクラウンはこれがいっぱいという印象を受けた。
2着死守はさすがだが、馬場に助けられた感もあり、何よりロジユニヴァースとの4馬身差は良馬場でも覆すことは難しいように思える。

東京向きでないと考えていたアンライバルド(牡3、栗東・友道康夫厩舎、岩田康誠)はいいところなく12着。
東京云々以前に馬場がかなりこたえたようだが、この馬場であの位置取り、あのコース取りでは勝負にならない。
相変わらず岩田騎手は東京では信頼できず、友道師にしても、仕上げに信頼が持てる調教師とは言えない部分がある。

レースのレベルがどうだったかと言われると、何とも言えないところである。
繰り返しになるが、馬場が悪すぎた。

さて、ロジユニヴァースとアンライバルドの父ネオユニヴァースの勝ったダービーも重馬場であった。
あのときは非常に馬場が悪く、ほとんどの馬が直線で外に持ち出したわけだが、ミルコ・デムーロ騎乗のネオユニヴァースは馬場の真ん中をつき、普通ならそのまま馬群に沈みそうなところからデムーロ騎手のアクションに応え、脚色の鈍ったゼンノロブロイを差し切った。
この年は皐月賞も雨模様であり、ここでは直線で進路が完全にカットされながらもこじ開け、サクラプレジデントの追撃を頭差凌いだ。
この2冠はデムーロ騎手でなければ為し得なかったと言い切っていい。
福永騎手であれば、両方外を回して惨敗していただろう。
デムーロ騎手だからこそ、2冠を達成し、人気種牡馬にもなれたわけだ。
下手をしたら種牡馬になれなかったかもしれない馬が、種牡馬として別の馬で2冠を達成したという事実は、よくよく考えると恐ろしいことである。

サンデーサイレンスが種牡馬デビューした年は、フジキセキのリタイアがありながらも、ジェニュインとタヤスツヨシで2冠を達成したわけだが、今年のネオユニヴァースはそれを彷彿とさせるものがある。
種牡馬戦国時代にあって、非常に価値があるのではないかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

山崎みどりについて

モデルの山崎みどりの写真を見ていると、本当にため息が出るような美人だと思うけども、この美しさを手に入れるために、どれほどの犠牲を払ったのだろう?
とも、思う。

それほど長身というわけでもないのだが、小顔と長い脚によって、絵にかいたような8頭身美人に見せている。
顔についても、涼しげな目元、整った目鼻立ち、小口、キュートなえくぼ、不自然にこけた頬などにより、あごの位置がズレているという致命的なウィークポイントを隠している。

この顔を手に入れるために、見るからに相当な箇所を整形をしたものと思われる。
実際、それほど整形していない頃の写真と見比べると、目元や頬がもう全然違い、別人のようである。
確かにうっとりするような美人ではあるのだが、不自然さは隠せない。
体に関しても同様に、かなりの整体を施しているのだろう。
この顔とプロポーションを維持するために、一体どれだけのお金と手間をかけているのだろう?

ま、ボクは純粋に美人万歳なので、整形がどうこうというのはないけども、モデルさんって大変なんだなあと思いますね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ボクも世の中から除外されそうです

先の見えない世の中、相変わらず憂鬱な気分が続きます。

しかしながら、某ショップの片瀬くるみ似のキュートな店員さんも、多分いろいろ考えることもあるでしょうが、元気に働いてらっしゃいます。
みなさん、不安や不満を抱えながらも、人それぞれに生きてらっしゃるのですね。
そう言えば、某ショップの大沢佑香似のコケティッシュな店員さんは最近見ないですね。
タイミングが悪いのでしょうか?

そう、タイミングと言えば今日のオークスですよ。
自信の穴馬だったワイドサファイア(牝3、栗東・藤原英昭厩舎、岩田康誠)が何と放馬。
青ざめたのは言うまでもなく、当然発走除外。
そして、何事もなかったのように発売は締め切られてしまいました・・・。

ダメだ。
そんなこと、あってはならない。
発売締切時刻を最低でも30分程度は延長し、ファンに馬券を再考する時間を与えるべきです。
発走時刻?
そんなの1時間程度遅れたとして、何の問題があるというのか?
ファンより時間が大事なのか?ということですよ。
1頭出走馬がいなくなったというのは大事件ですよ。
詐欺のようなものです。
ワイドサファイア絡みの馬券しか買ってない人などは、ワイドサファイア抜きの予想を当てても払い戻しが受けられないのです。
これはアンフェア極まりない行為です。

この理不尽な暴挙のおかげで、ボクの馬券も当てて損という結果になってしまいました。
まったく勘弁してほしいものです。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ 大分トリニータ×サンフレッチェ広島

中断前の最後の試合となったトリニータ戦は、チャンスを決めきれない悪癖により、かろうじて薄氷の勝利を収めた。

マンオブザマッチは柏木。
よく走れており、得点の場面、倒れながら青山へパスを出したプレイも大きかった。

問題は得点以外のチャンスシーン。
高萩は元々こんなもんと言えばそうだが、どれか1つは決めないといけない。

平繁はいい加減にしてほしい。
馬鹿正直すぎた西川との1対1もさることながら、状況をまったく考えることなく、無謀にDFの間を割ろうとしすぎる。
もうね、見てて明らかにDFの間なんて開いてないわけですよ。
平繁はDF2人を吹っ飛ばすつもりなんですかね?
サポートがないなら解るけども、すぐそばにいい体勢で受けれる味方がいるわけですよ?
それにもかかわらず、馬鹿の1つ覚えのような自分勝手なプレイを繰り返す。
無謀と勇気を履き違えたオナニープレイ以外の何物でもなく、チームプレイを冒涜していると言い切っていい。
かつての前田俊介のそれが許されず、平繁のそれが許されるというのは、どう考えてもおかしい。

ドリブルで抜いてゴールできれば満足。
『チームがどうなろうが、自分が目立てばいい』というカントナ的発想を地でいく平繁。
しかしながら、視野の広さと創造性に欠けるため、ゴールどころかドリブルで抜くことすらできない平繁。
こんな選手をピッチ上に放置しておくのは危険すぎる。

その他では、同じく途中出場の横竹はまるで試合に入れておらず、完全に消えていた。
アディショナルタイムで無理せず時間を使おうとしているときにチャレンジパスを選択するなど、平繁ともどもヘッドワークに課題がある。
経験を積ませるという意味では収穫だったが、1-0の展開で切るにはハイリスクなチョイスだったように思う。

大分は一時期のグダグダ感はなく、前半や後半の中盤以降は、悪くないサッカーをしていたように思う。
金崎はミスやエゴイスティックなプレイが多かったが、清武、小手川、東など、将来性を感じさせる若手はいる。
後半終盤はチャンスもあっただけに、トリニータとしてはむしろこここで中断に入らない方が良かったのではないだろうか?

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

岡田監督の選手選考について Ⅲ

何日か前に日本代表のメンバーが発表された。
岡田監督の選手選考に関しては何度も疑問を投げかけてきたが、また言いたくなったので言う。

何と言っても、浦和の山田直輝である。
ボクは代表とは、スペシャルな実力と、その実力を継続して発揮した選手が選ばれべきと考える。
山田のような、プロになって間もないパッと出の選手が選ばれてはいけない。
能力と才能は認めるが、代表に選ばれるには、せめてあと半年くらい継続して活躍する必要がある。

また、同じく初選出となった槙野の選考理由に至っては、「未知数だが、何かポテンシャルを感じて」だそうだ。
よく未知数な選手を召集できるものだと呆れてしまう。

監督によって、選手の好みというものは当然ある。
だが、クラブで何ら活躍できていない『欧州組』の数名の選手はともかく、大して結果を出せてない上、故障によるダメージを負っている選手を召集するあたり、何がしたいのか理解に苦しむところである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大矢監督の解任に寄せて

ノーブラ女性が増殖中 ブラトップは「チョー楽ちん」
http://www.j-cast.com/2009/05/16041162.html

流行ってるようですね、ブラトップ。
そう言えば、最近透けブラとかあまり見ませんよね・・・。
残念です。
この不況下にあって、ユニクロは前年比19.2%らしいですね。
ボクもたまに行きますが、お客さん多いですもん。
この前なんて、買い物してたら店員と間違えられましたもん。
まあそれは置いといて、品質の良さと、それでいて安いというのは消費者にとって魅力だね。
関係ないけども、昔ヌーブラとか流行りましたけど、あれ、どうなったんですかね?


[大矢明彦横浜監督]成績不振で途中辞任、後任は田代富雄氏
http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/pro/news/20090518k0000e050054000c.html

すっかりネタ監督となった大矢氏だが、ついに解任。
今さら?って気はしないでもないが・・・。
ただ、せっかくここまでやったんだから、伝説を作るくらい続けてほしかったというのはありますね。
もう失うものは何もないんだから・・・。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×モンテディオ山形

前半に3点取った割にはやや物足りない結果に終わったが、まあ良しとしよう。
マンオブザマッチは1得点1アシストを素直に評価して柏木。

以下雑感
・相手のレベルがこのくらいなら、ミキッチのドリブル能力は遺憾なく発揮される(ただし、後半2度の決定期でシュートをふかすあたり、やはりフィニッシュの精度は期待できない)。
・中島は森崎和幸の不在を感じさせない出来であり、チームとしても、森崎和抜きでもチーム力が落ちないことを証明した。
・冷静に考えると、槙野があれだけペナルティエリア付近に顔を出すということは凄いことだなと思った。
・ロングレンジのキック精度に関しては、日本人で高萩にかなう選手はいないだろう。
・相変わらず森脇は危なっかしいパスが多い。
・山形では秋葉がよく効いていた。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

メッセージ

今日は言いたいことがある。

昨今は、メールやコミュニティサイトなど、他者と手軽にコミュニケーションがとれる世の中である。
しかしながら、ボクに送られてくるメッセージの中には、何が言いたいのかよくわからんかったり、気が利いてない文章が非常に多い。
この文章で何が言いたいのか?
一体、俺にどうしろというのか?
疑問に感じたり、戸惑ってしまう文章があまりにも多いぞ。
よく知ってる奴なら適当にあしらうが、あまり知らん奴だと対処に困る。
5W+3Hとまでは言わないが、せめて用件くらいはしっかり示せと言いたい!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Demilune Echo

「この不況下、雇ってもらえるだけ幸せ」ということに葛藤を感じながら過ごしている今日この頃。
毎日、ほんの些細なことでイライラしてくるものですね。
後からこう、イライラくるから性質が悪い。
本当にどうでもよくなってくる。

“エクセラー”KAMIYAいわく、「フィリピンのプラコッタさんは水稲栽培をしているから気をつけろ」とのことですが、まあ、そういうことです。

要するに『野心がない』って悪いこと?って話ですよ。
昔はそんなものもあったような、なかったような、でも、きっとなかったんだろうね。
ただ、それがつまらないという話なのか、それでは甘いという話なのか、ここのニュアンスは大きな違いだろうね。
両方?
まあ、本当にどうでもいいことなんだけども。

たまに、こういう気分の時ってあるよ。
全てを投げ出したくなること。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カタナチオ

大阪に転勤となり、ヒィヒィ言っているKAMIYAが創り出した造語。
『イラマチオ』と『カタナ』をかけ合わせたもので、『カテナチオ』という意味合いも持つ、なかなかに高度な言葉である。
史学科卒のKAMIYAいわく、昔の武士はSEXの際、女性の体に刀で傷を付けたそうな。
そうすることにより、締まりがよくなるとのことだが、本当だろうか?
肝心の意味はよく解らんが、『苦しさから抜け出せない』、『苦悩』、『快感』、『ブタ箱送り』、『COOL』、『様式美』、『最高』、『FUCK』といったところか。

要は意味なんてないのである。
でもって、人生にも同じことが言えるのであるよ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent | NEXT