Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

日本代表のワールドカップについて

日本代表については、試合後にオシムやポポヴィッチが語った通り。
いつも通りブロックを作って守り、パラグアイのミスを待ち続ける消極的なサッカー。
最初からPK戦を想定したかのような、リスクを最小限に抑えた、負けない戦い方だった。
点を取るためのプロセスは最後まで見えず、得点の可能性を感じさせたのはセットプレイのみ。
お互いに局面を打開する動きも、アイディアもなく、各国のメディアが伝える通り、非常に低調で退屈な試合だった。
ベスト16での敗退は、必然の結果だろう。

岡田監督の限界、岡田監督が選んだ選手の限界、日本人の個人能力の限界、日本人がリアクションサッカーで戦うことの限界、大会直前に付け焼刃的に戦術を180度変更することの限界・・・まあ、いろんな“限界”が頭をよぎったね。

こういう試合でこそ中村俊輔を入れても面白かったと思うのだが、この切羽詰まった状況でも使わなかったあたり、よほどコンディションが悪かったか、岡田監督の信頼を失っていたのだろう。
中村と共にこれまで右サイドを牽引してきた内田、日本代表で唯一のストライカー森本に至っては、今大会で1分たりとも出番を与えられなかった。

ベスト16という結果を見ても、岡田監督の功績は評価されてしかるべきだが、内容を考えれば、それ以上でもそれ以下でもない。
実際問題、結果以外に得たものはあまりなかったと言えるだろう。
正直、「日本サッカー界のことなど考える余裕がなかった」という発言には、唖然とした。
「つまらないサッカーでも勝てばいい」、「結果がすべて」的な考えの岡田らしい。
岡田の個人的なリベンジと、自己満足のためのワールドカップだったのではないかな?

駒野のPK失敗についてフォローすると、駒野は練習でもPKをまったく外さないと聞いたことがある。
事実、世代別代表の頃からPK戦のキッカーを務めており、2007年のアジアカップでも、オーストラリア戦、韓国戦ともにPK戦でキッカーを務め、キッチリ決めている。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

決勝トーナメント②

そろそろワールドカップにも疲れてきた感じもするが、今日の2試合でベスト8が出そろう。
今のところ順当なチームが勝ち上がってると言えるんでないかな?
正直、残ったチームを見れば、ドイツが優勝するんじゃないかなと思うし、そうあるべきかな?って思う。
サッカーは“エンターテイメント”だからね。

一方、サッカーには“エンターテイメント”でなくてもいい部分もあるね。
誤審の話ね。
正直、人間が審判をやってる以上起こりうることであるね。
もう、いい加減ビデオ判定を取り入れるべきでないかな?
誤審という“欠陥”を放置しているようでは、“スポーツ”とは言えないじゃないかな?
ケースによっては“人間味”のあるジャッジも必要だと思うけども、得点とオフサイドに“人間味”はいらないでしょ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

決勝トーナメント①

決勝トーナメントが始まった。
ウルグアイが韓国を破り、ガーナが延長でアメリカを下した。
ウルグアイは前半に微妙なオフサイドと、ペナルティエリア内でのハンドを見逃されたのが嫌な感じだったけども、案の定後半引きすぎて失点したね。
ただ、このチームは引いて守るだけじゃないってこと。
前にフォルランとスアレスがいるから、こういう戦い方でも勝てるのね。

敗れた韓国代表についてだけども、ボクは割と親近感を持って見させてもらっているよ。
それはまず、現在、過去にJリーグでプレイしている選手が多いってことが挙げられる。
また、欧州のリーグで活躍している、していた選手も多くて、彼らに対して素直にすごいな、とも感じる。

正直、2002年のワールドカップの際は、「ふざけんな」って感じではあった。
その後も、どうしてもライバル意識が働いて素直に見れない部分もあったけども、最近はそういう意識は薄れてきたね。
実際、今はクリーンで面白いサッカーをしているし、謙虚でありながらも野心的な部分を感じる。
今大会は馬鹿正直なサッカーをしすぎたかな?ってところはあるけども、見るぶんには、変に守備的な戦いをしたりするチームよりは好感が持てる。

ガーナはなかなか点が取れないんじゃないかと思ったけども、早い時間に先制できたのは大きかったね。
アンドレ・アイェウがキレてたし、最後はエースのギャンが頼りになるところを見せた。
相変わらずギャンと中盤との距離が長すぎるきらいはあったけども、決めれるところで決めれたのが今日の勝因。
アメリカはディフェンスの不安定さと、オフェンスでのもうひと押し、決定力、アイディアが足りなかったな。
ただ、ドノバンやデンプシー、アルティドールらがクオリティを見せたし、アメリカサッカーの成長を感じさせた。

しかしアイェウは今後ビッグな選手になるんじゃないかな?
ネイションズカップのときも面白いと思ったけども、まだアベディ・ペレの息子って感じで見てた。
今はもうアンドレ・アイェウだ。
次は出場停止になるけども、タゴエを使うのか、ムンタリを使うのか、興味深いところだね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:1
∧top | under∨

中西里菜のAVデビューについて

やっぱり、中西里菜だった! 元AKB人気メンバーが全裸ヌード披露、AVデビューへ
http://www.cyzo.com/2010/06/post_4827.html

少し前に「芸能界辞めて実家に帰る」ってブログに書いてたのがニュースになっていたので、ちょっびっくりしたね。

まあ芸能界もいろいろあるみたいですよ。
多少名前が売れていても薄給で、生活していくのは難しいようです。
それはAKBのような、一見すると人気グループでも同じこと。
だから“副業”に手を染めたりする子も珍しくないとか。

AVに関しては、最近は境界線がなくなってきて、『芸能人』がAV女優に転身ってのもごく普通になっているようだね。
まあ、以前の記事で触れたけれども、やはり『付加価値』というものがないと、今の時代なかなか難しいと思う。
AKBはメンバーの入れ替わりが激しいし、今後も『元AKB』という『付加価値』を持ったAV女優がたくさん出てくるんじゃないかな?

ただ、『芸能界』にい続けたいのか、別にやりたいことがあるのか、お金が必要なのか、まあいろいろと理由はあるのだろうけども、リスクは大きいかもしれんね。
名前や生年月日を変えてもバレるのはわかりきってるわけだし、いろいろと都合の悪い問題が出てくるでしょ。
例えば、彼女の親は教師らしいけども、娘がAV女優の教師というのはさすがに印象が悪いんじゃないかな?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2010年 | トラックバック:0
∧top | under∨

ワールドカップ雑感

今日の4試合で決勝トーナメントに進む16チームが出揃う。
ということで、これまでの感想をざっと。

審判
大会が始まった当初は「今大会は審判のレベルが高いな」と思ったが、その後目立ちたがり屋の審判が続出。
どうも思い違いだったようだ。
特にアメリカはスロベニア戦で顔面に当たったボールがハンドと判定されたり、まったく意味不明のゴール取消という明らかな誤審を食らって勝ち点3を逃したばかりか、アルジェリア戦でも微妙なオフサイドでゴールを取り消され、もう少しでGL敗退に追いやられるところだった。

演技
それと関連するが、少々の接触で大げさにダイブしたり、突然顔を抑えて倒れ込む選手が続出している。
サッカーにマリーシアはつきものだが、ハッキリ言って試合の流れに水を差しているぞ。
少々削られても倒れない、文句を言わない選手こそ一流のプレイヤーではないのかな?

ハンド
セルビアのクズマノビッチとビディッチは当たり前として、今大会は割と厳しく取っている。
キューウェルの退場などは厳しすぎるように感じた。
そういう傾向からか、ここ数試合はペナルティエリア内で両手を後ろで組んでディフェンスをする選手が目につく。
まあ、ボールや標高同様、適応していくことが大事であるね。

フランス
今大会のワーストチームと言って差し支えないだろう。
6年間続いたドメネク体制は、名将パレイラ監督との握手拒否で幕を閉じた。
この6年間、数々のネタを提供してくれたドメネク。
彼を超える監督はそう現れないだろうと思うと、寂しくも感じるね。

北朝鮮
自国で生中継されたポルトガル戦で大敗を喫した北朝鮮。
2失点目を喫してからは、完全に集中が切れてしまった。
見ているぶんには面白かったが、選手や監督の身が案じられる。
まあ、たかがサッカーの試合で大敗して炭鉱だの処刑だの言われるような国がワールドカップに参加するのはいかがなものか、とは思うが・・・。

オシム
これはスカパー!の大ヒット企画になったと思う。
話が長い上、衛星中継、通訳が必要ということで時間が足りずに、MCの野々村芳和が強引に話を切るシーンが続出。
オシムvs野々村の“バトル”はなかなかに面白い。
また、エゴイスティックなプレイをする選手や守備的なチーム、韓国の試合への入り方などをバッサリと切り捨て、つまらない試合をしたスペインに対しても延々と批判を繰り返し、ボロカスにこき下ろす。
改めてオシムの視点、キャラクターは大変貴重であると感じさせられる。
こんなコメントを出せる監督、関係者、解説者は他にいない。
我々は、オシムの話を聞けるということをもっとありがたく思わないといけないかもしれないね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

デンマーク戦について

今日も自陣にベタ引き、退屈な試合だった。
何で序盤に2点リードでああいう試合になるのか、まったく理解に苦しむ。
デンマークもチャンスでミスを連発。
まあ、あんまり面白味のない試合であったように思う。

日本については、1点目の本田のFKはセーレンセンのミス。
2点目の遠藤のFK、これは見事だった。
あとは流れの中からのチャンスは特になし。
シュートはすべて力なく、セーレンセンの正面ばかり。
セットプレイ以外からはなかなか点が取れないだろうなと思ったら、本田の個人技から3点目。
本田にとっては、非常に有意義なアピールの場になったのではないかな?

あと、今日の解説は関塚隆氏だったが、どうなのか?
反町康治氏もそうだが、どうもNHK的な感じがして面白味に欠ける。
だいたい、実況や解説者が特定のチームに極端に肩入れすること自体おかしい。
これ地上波じゃないのよ?
小野剛氏に至っては、協会の回し者でないかと勘ぐってしまう。
実況、解説、MCがみんな日本代表の応援団になってしまっていることが残念であるよ。

そもそも、スカパー!には粕谷秀樹氏、幸谷秀巳氏、鈴木良平氏、後藤健生氏、西部謙司氏、金子達仁氏など、プロフェッショナルなコメンテイター陣がいるのだから、そういった方々を起用すべきではないのか?
ワールドカップだからと、他所行きの姿勢を見せるのはどうか?と思うね。
まあ、オシム氏のコーナーは最高であるのだけどもね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

アフリカ勢の不振について

まあ、情けないの一言に尽きる。
どの国、どの試合を見ても思うのだが、スピード、バネ、パワーなど、フィジカル面は申し分ないレベルにある。

ただ、雑。
あまりにも雑。

技術と言ったらそれまでなんだろうけども、シュートやパスの精度、丁寧さ、ゴール前での落ち着き、プレイの判断、視野の狭さ、見切りの早さ・・・どれをとっても“世界標準”とは言えないね。

でも、それってもう何十年も前から言われ続けていることであるね。
で、選手はほとんどヨーロッパでプレイしてるし、監督もヨーロッパから招聘されている。
基礎技術、戦術的には進歩していることは間違いないのだろうけども、何だろうねぇ・・・。
協会なども含めて、“アフリカのメンタリティ”で片づけるにはあまりにもったいないね。

今日はアルジェリアとガーナが登場する。
アルジェリアはアラブの国であり、そういう意味ではアジアに近いものがある。
ただ、チュニジアなどと同じく地中海沿岸ということで、選手やサッカーはヨーロッパ、というかフランスに近い。
だって、みんなフランス人だからね・・・。
つまり、一般的なイメージとしてアフリカっぽくない。

西アフリカのガーナはいわゆるアフリカっぽい国と言えるね。
この国はアフリカの中でも、特に若い年代からの育成がしっかりできている印象が強い。
今大会のメンバーも若いし、特に中盤の選手は技術が高くて、層が厚い。
ネイションズカップでも思ったけど、組織という面では現在アフリカ屈指のものがあるね。
しっかりとした守備をベースに、安定した戦いができる。
アフリカ独特の脆さを感じない。
もっとも、爆発力も感じないが・・・。
まあ、どうなることやら・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

オランダ戦について

まあ、最初から「負けるだろうけど、勝ち点1がとれたらいいな」って雰囲気が流れていたようだったので、日本にとっては全然OKと言える試合であっただろうね。
1点しか取られなかったし、岡田監督にとっては悪くない結果でないかな?

試合内容は、非常に退屈であったことは否めないとしても、前半の日本は素晴らしかった。
実際、点を取られるまで、オランダはボールキープでは圧倒したものの、チャンスらしいチャンスを作ることはできなかった。
ベタベタに引きこもるわけでもなく、前からハイプレッシャーで行くでもなく、それでいて非常にバランスのいい守備をしていたように見えた。
もっとも、日本もカウンターからチャンスを作ることはできなかった。
だって、カウンター向きの選手を使ってないんだもの。

ともかく、まあ前半はよかった。
ただ、力が劣る国が強豪国相手にこういう戦い方をするってのは、なかなか90分持たないのよね。
失点は必然。

それに引きかえ、点を取られてからの日本はよくチャンスを作っていた。
そのぶん、何度かカウンターからピンチを招いたが、確実にゴールへの予感は増した。
で、感じたのは「何で最初からこれをしないのか?」ってこと。

いや、去年の親善試合のように最初からガンガン前からプレッシャーかけろってわけじゃないよ。
でも、ゴールを決められるのを待ってちゃダメだ。
日本のオフェンスは、部分的にはオランダに対しても充分通用していたし、オランダに限らずどこの国に対してもある程度はやれるとボクは思うのね。
よく『日本人らしいサッカー』なんて言うけども、それは攻撃で発揮されるものではないかとボクは思うよ。

一方オランダ。
酷いサッカーだった。
今大会、ブラジルやスペインが相手にドン引きされて大苦戦したし、他の強豪国も苦戦している。
しかし、それなりにチャンスを作りながら、最後の部分で精度やアイディアを欠いているといった感じであるね。
ただ、オランダの前半、あれだけボールキープしながら、フィニッシュ、あるいはフィニッシュにつながるパスがまるでない。
運動量も少なく、前線の選手がまともに前を向いてプレイできなかった。
日本の守備がよかったとはいえ、あまりにも何もできなさすぎではないか?

後半、日本が前に出てきてからは何度かカウンターのチャンスがあったが、アフェライがすべてパーにした。
2回も同じ形のビッグチャンスがあって、両方バカ正直にキーパーに当ててしまう。
ちゃんとキーパー見てるのかよ?って話である。
アフェライが騒がれ始めたのはもう何年も前の話であるよ。
にもかかわらず、未だにPSVに留まっている。
観察力やアイディア、メンタル、学習能力など、技術以外の面で欠ける部分があり、それが国外のビッグクラブに引き抜かれない一つの要因になっているのではないか?

まあ、今日はそんなところ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

岡田監督の支持率について

みんなコロっと変わった 岡田ジャパン、78%が「支持する!」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100616034.html

支持するもしないも、今さら監督を変えることなど不可能に近く、調査の信憑性という部分では疑問符がつくところではあるが、日本人の国民性を示しているとは言えるのではなかろうか?
要するに、熱しやすく冷めやすい。

岡田監督がここまでクビにならなかったのも、そういう国民性が大きく影響している。
たった1戦の結果で評価がこれほどまでに動くものの、その評価が長続きしないから、世論で解任に追いこむことができない。
だから協会のマッチメイクも、自然と勝ちやすい相手、場所で、ということになる。
日本代表の活動が他国と比べて多いのも、常に代表チームの支持率と人気を維持するためという見方が出来る。

こういったことはサッカーに限らず、あらゆる部分に於いて言えることだけども、やっぱりこの支持率に限っては単に国民が能天気というか、バカなのでは?と思う。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

日本代表とワールドカップについて

非常に残念であるね。

マリーニョさんも言ってたが、ボクも日本代表に結果は期待してない。
ただ、内容には密かに期待していた。
正直、3連敗でいいから、それでもいいところは見せてほしい、と思っていた。
勝ち負けはどうでもいいから、『日本は面白いサッカーをするな』、『日本なかなかやるな』ってところを世界に発信できれば素晴らしいなと思っていた。
が、結果はご覧の通り。

まだ1試合が終わったにすぎないけれども、カメルーン戦は内容などまるでないに等しい試合だった。
まあ、ここ最近の代表からすれば当然の内容ではあったのだけれども。
ひたすら引いて守ってクリアの嵐。
消極的この上なく、当然チャンスもまるで作れない。
ろくに接触してないのに大げさに倒れる。
カメルーンも酷いものだったが、ハッキリ言って、日本は勝利に値する試合をしていなかったとボクは思う。

この試合を見て感じるものは、ボクは何もない。
だから、ボクは素直にこの勝利を喜べない。

これでまた勘違いが始まると思う。
選手も、協会も、サポーターも、みんな。

問題がすべてリセットされ、岡田監督や本田が讃えられる。
DF陣は最後まで集中を切らさず、よく守ったと讃えられる。

でも、果たして誰がこんなサッカーを望んでいたの?

マグレでも何でも、勝てればOKなのか?

ボクはそう考える人とは永遠に理解し合うことはできないと思う。

ボクはオシムやペトロヴィッチらの言う“美しい死”の方がよっぽど立派だと思うから。
日本は失うものなど何もないのだからね。

かつて大熊清が、ワールドユースであまりにも内容のない試合で勝ち上がり、批判されたことがある。
FIFAからも否定的なことを言われてたからね。
よっぽどだよ。
そりゃ、ワールドユースとワールドカップは違うよ。
だけども、根本的には同じ。
あんなサッカーを誰が見たいと思うのよ?

そういう意味では今回のワールドカップ自体、まだ始まったばかりではあるけども、今のところ特に見どころもない退屈な大会と言える。
ボクは純粋に1サッカーファンとして、もっとエキサイティングなサッカーが見たい。

これはボクの非常に個人的な感想であるのだけれどもね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent | NEXT