Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

塩村文夏議員について

塩村文夏とかいうミスヤングマガジンだか何だか知らんが、恋のから騒ぎに出演してたグラビアアイドル崩れのビッチが偉そうにしてるらしいな。

俺はこういう奴が大嫌い。
議会でヤジなんて当たり前だろうが。
そもそもこういうヤジ飛ばされるのは周りからいいように見られてないからだろ?
ピーピー泣いてヒステリックにギャーギャーわめいてみっともないったらありゃしない。
そんな暇あったら、ヤジに対してユーモアで返せるくらいのスキルでも身につけろよ?
曲がりなりにもテレビ出てた『タレント議員』だろうが?
バカかコイツは?
見苦しいし、不愉快だ。
さっさと消えろよ売名ヒステリー女がよ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2014年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2014FIFAワールドカップ ギリシャ×日本戦について

今日のギリシャ戦に引き分けたことで、日本のグループリーグ突破の目はほぼなくなった。
コロンビア戦はほとんど消化試合であるね。

まあ退屈な試合だったけども、日本の出来が特別悪かったと言われると、そんなことはないと思う。
本田も大迫も大久保も、そして香川も、それぞれ実力通りのプレイをしたと思う。
内田も長谷部も遠藤も平常運転。

特別良くはなかったけども、特別悪くもなかった。
光るプレイもあった。
強いて言えば、長友と岡崎があまり良くなかったくらい。

あとはザッケローニの采配だね。
これはもう結果論じゃない。

2戦続けてこだわって使ってた柿谷を外し、今日はついに香川を外した。
短期決戦とはいえ、これまでのチーム作りの過程は一体何だったんだ?
って感じだ。

終盤は2戦続けてCBの吉田を前線に上げたパワープレイ。
長身FWのハーフナーや豊田を起用していた際には見られなかった光景であるね。

まあその辺の総括は大会終了後に。

要は元々この程度の実力しかないのに、メディアが異様に持ち上げてただけ。
笑っちゃうね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2014FIFAワールドカップ コートジボワール×日本戦について

コートジボワール×日本は、コートジボワールが実力の違いを見せつけた格好。
メディアは敗因探しをしているけども、あれだけ内容で圧倒されたら実力の差としか言いようがないわな。
「日本らしいサッカーができなかった」ってのは、要は力の差が大きすぎたがために自分たちのサッカーをさせてもらえなかったってことでしょ。
勘違いしたことを言ってるメディアや評論家が多いけども、日本は1次リーグ突破を有力視されたり、それを義務付けられてるような強豪国じゃないから。

ピークは過ぎたと言われるけども、ここ10年くらいコートジボワールの力はアフリカでは抜きん出ている。
カメルーンやナイジェリアは一昔前ほどのクオリティ(インパクト)はないし、ガーナはアフリカ勢の中では組織的ではあるけど、爆発力や個の身体能力や技術の面でコートジボワールに1枚劣る印象。
エジプトやセネガルに至ってはワールドカップの舞台でお目にかかることさえできない。

FIFAランキングなんてアテになるもんじゃないけども、23位のコートジボワールに対して日本は46位。
ちなみにギリシャは12位で、コロンビアは8位。
日本は“格”の面ではダントツのグループ最下位であることを忘れてはいけない。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ジオバニ・ドス・サントスの幻のゴールについて

メキシコ×カメルーン戦は3-0・・・ではなく、1-0でメキシコの勝利。
サッカーはチームスポーツとはいえ、2得点を不可解なオフサイドの判定で取り消されたドス・サントスが気の毒でならない。
線審は居眠りでもしてたのだろうか?
それともメキシコを勝たせたくなかったのか?

いつだってワールドカップは誤審が問題になるけども、これでいいのだろうか?
不愉快であるね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

西村主審の誤審について

ワールドカップの開幕戦、ブラジル×クロアチア戦の疑惑のPKが話題になっている。
あのフレッジがロヴレンに倒されたPKが適切か、不適切かと言われたら、間違いなく不適切。
明らかな誤審と言っていい。
クロアチアの選手や、ニコ・コヴァチ監督が文句を言いたくなるのも当然だろう。

ただ、サッカーという競技自体が誤審だらけのスポーツなので、正直このくらいの誤審は珍しくも何ともない。
Jリーグにしても、毎試合誤審があると言っても過言じゃない。
ま、誤審の定義・線引きが難しいので、何とも言えない部分はあるのだけれども。

もっとも、日本人選手は比較的シミュレーションが少ない(しかも下手)。
そういったシミュレーションが少ないリーグで主に笛を吹いていた主審には荷が重かったのかもしれない。
全員がそうとは言わないが、ブラジル人選手はシミュレーションが多く、しかも自国開催のワールドカップの初戦。
こういったケースは充分に予想できた。
一般的に「買収されない」と言われる日本人審判のクリーンさが買われての抜擢だったのかもしれないが、肝心の技量に問題があったといったところか。
ま、審判なんてたった1つの判定で場合によっては未来永劫ワーワー言われるし、いつだって貶されるばかりで褒められることが非常に少ない損な仕事であるので、その点は同情する。

あと、これは常々言われていることではあるけども、何故ビデオ判定が採用されないのだろう?
テニスやMLBのように「チャレンジ」を採用したらどうだろう?
目まぐるしくボールも人も動くサッカーに於いて、3人の審判で対応できるわけがない。
誤審もサッカーの一部と言う人とは解り合えない。
誤審はただのミステイク、ヒューマンエラーに過ぎない。
そんな欠陥で試合の行方が左右されてはいけない。
世の中は常に進歩しているわけなのだから、サッカーも進歩すべきじゃないかな。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |