Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アヴニールマルシェについて

注目の新潟2歳S。
「ルドルフの再来」と期待されたアヴニールマルシェはハナ差で2着惜敗(しかも1着は善臣!)。
負けて強しの印象ではあるけども、何かもやもやと引っ掛かる感があるね。

ここ数年コディーノ、ペルーサ、カジノドライヴら“スター候補生”たちが期待ほどの成績を残せなかった前例があるし、藤沢厩舎=勝負弱いというイメージも定着している(NHKマイルCのロサギガンティアは鞍上のせいだが)。

コディーノはともかく、ペルーサとカジノドライヴは間違いなくGⅠを勝てるだけの力があった。
それなのに一つも獲れないなんて・・・というのがファン心理であるよ。
レッドシューターやレッドレイヴンあたりも期待された割には重賞すら勝てなかったし(レイヴンはまだ現役だけども)、同じ馬主で言えばレッドスパーダも息の長い活躍を続けてはいるけど、レース選択とか色々間違った感がある。

もちろんそれなりに結果は出しているんだけども、かつての藤沢厩舎を知る世代の人間からすると、何か物足りない。
タイキシャトルやシンボリクリスエスみたいな馬がポンポン出てくるわけはないのは解っているけども、物足りない。
入厩する馬の血統が豪華なだけに、物足りない(サドラーズウェルズとかモンジューとかガリレオとかは仕方ないが)。

騎手も物足りない。
主戦騎手は北村宏司。
かつての所属騎手であり、当然と言えば当然なのだが、岡部やペリエ、デザーモなどかつて重用していた外国人騎手と比べると物足りない。
岡部と北村。
どこが違うのか?
同じ人間じゃないか(無茶な話だというのは解ってはいるが)?
あの岡部の、先行して、馬なりのまま4コーナーを回って、直線半ばで余裕の手応えで前を行く馬を交わす騎乗(もちろん馬が強いという前提が必要な話ではあるが)が懐かしい。

まあ、少なくとも今回の敗戦で、「アヴニールマルシェは本当に大物なのか?」という疑問に回答を出すことはできなかった。
祖母はキョウエイマーチで血統的な裏付けはある。
母ヴィートマルシェはPOGの指名馬だっただけに、個人的に思い入れがある。
いわゆる“藤沢厩舎らしい”血統ではないが、今後の走りに期待したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

MALICE MIZER

いきなり取り上げるアーティストの格が上がった感があるけども、MALICE MIZERというバンドは数あるヴィジュアル系の中でも異色というか、ある意味『本物』のヴィジュアル系バンドというか、一介のアーティストを超越した『エンターテイナー』と呼べる存在だったと思う。

ま、『エンターテイナー』という表現が当人たちにとって気分のいいものかどうかは知らんけども、非常に個性的で、完成度の高いバンドだったことは確か。

マリスが支持を受けた理由としては、リーダーだったManaの世界観であったり、楽曲のクオリティの高さであったり、各メンバーの個性であったり、奇抜かつ美麗なヴィジュアルであったり、まあ色々あると思う。

ただ、マリスを語る上でGacktの存在は欠かせない。
マリスが最も輝いていた(売れていた)のはGacktが在籍していた時期であるし、実際Gacktあってのマリスミゼル(逆もしかりだが)という面は間違いなくあった。

単純にルックスが抜群に整ってたし、歌が上手いってゆうか美声だったし、トークも上手かったしね。
改めて映像を見ても、一人だけ薄化粧で、衣装にしてもトークにしても他のメンバーよりナチュラル。
グループとして見たとき浮いてた感はあるけど、そういった面も含めてマリスミゼル(Mana)の世界観に嵌まってたというか、上手いこと混じり込んでたように思うし、Gacktの存在がそれぞれの色の衣装に身を包んだ他のメンバー(青:Mana/赤:Közi/黄:Yu~ki/紫:Kami)の個性を際立たせていた。

脱退の経緯が非常にイメージの悪いものだったし、ソロ転向後の言動からすっかり胡散臭くて偉そうで痛くて反吐が出るような奴みたいなイメージが定着しているけども、マリス在籍時の映像から見るGacktは本当に輝いている。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Psycho le Cému

前の記事で触れたので、ついでにPsycho le Cému。

SPARKに出演していたアーティストの中で成功したのはこのPsycho le Cémuくらいだろう。
当時ヴィジュアル系アーティストは掃いて捨てるほどいて、いかに個性を出せるかが成功のカギだったように思う。
その点、このPsycho le Cémuは抜きん出ていた。

やりすぎなくらい個性的で、かなりファンを選びそうなバンドだったんだけども、そこがウケた。
それでいて、曲はというと割とまともというギャップ。

ここまで振り切ってたヴィジュアル系は、他ではかのMALICE MIZERくらいじゃなかろうか?
メンバーが演奏せずにひたすら踊ってる曲があるのも共通する。

姿格好はバカ丸出しだけども、どうすれば売れるかをよく考えたしたたかなバンドだったと言える。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Vivid

懐かしいものを見つけた。

当時(10年以上前)、SPARKとかいうヴィジュアル系バンドを特集する深夜番組があった。
内容が衝撃的だったので、ビデオに録画してKAMIYAに見せたところ大爆笑。
特に「大政奉還」とかいうふざけた名前のアルバムを出していたZipangと、訳の解らんコスプレバンドPsycho le Cémuがツボだったな。

Psycho le Cémuの特集の際には「○○は××から△△に進化した」ってナレーションがあって、笑い転げて窒息死しそうになったわ。
魚中毒者がお茶の水博士(しかもヴィジュアルは全然お茶の水博士じゃない)になったり、ドキンちゃんがグレたドラえもん(ヴィジュアルは全然ドラえもんじゃない)になったりもう無茶苦茶だった。
これはもう文章じゃニュアンスが伝わらないのが残念で仕方ない。

まあそのPsycho le Cémuは置いといて、今回紹介するVividである。
何か今同じ名前のバンドがいるみたいだが、自分ら世代のVividと言えばこれである。
『ボーカルがやたら目を見開いて歌ってるキモいバンド』
ってのが当時の印象だったが、まじめに曲聴くと意外といい感じ。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。