Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

宮原和也・野津田岳人・佐藤寿人の名古屋グランパスへの移籍報道について

風間氏 名古屋来季監督受諾 降格「オリジナル10」立て直し挑む

すでにブラジル1部ビトーリアのFWマリーニョ(26)の獲得が決定。新潟MF野津田岳人(22)と鳥栖DF吉田豊(26)、広島DF宮原和也(20)にも正式オファーを出していることが判明した。

とのことだが、サンフレッチェとしてはこれでいいの?
って思いはある。

宮原にしても、野津田にしても、広島にいるよりはチャンスがあるだろう(野津田に関してはJ2でいいのか?とは思うが・・・)。
ただ、ユースから生え抜きの選手を育て切る前に放出し続けていいのだろうか(期限付き移籍か、完全移籍かで状況は変わるが・・・)?
近年、ユース上がりの選手を大成させた事例は皆無。
ユース上がり以外の若手でも、浅野拓磨(現シュトゥットガルト)をアーセナルへ売却できたくらい(これはこれで凄いことではあるが)。
資金難の東京ヴェルディから譲り受けた吉野恭平は、出番がなく京都へレンタルしている状況。
磐田にレンタルしていた川辺駿の復帰が濃厚なのが、ユース上がり・若手関連では唯一の明るいニュースか。

別に他クラブから選手を獲得することにケチをつけている訳じゃない。
むしろそれはチームの強化にとって、とても重要なこと。
ただ、育成型クラブの看板を掲げている以上、ある程度の育成も必要不可欠。
そして、育てた選手がクラブの顔となって活躍する。
あるいは、高く売却する。
それがサンフレッチェのスタイルだと思う。

あと、名古屋に移籍濃厚と言われている佐藤寿人に関しては、個人的には非常に残念。
これまで寿人がどれだけ広島に貢献してきたか?
寿人が広島にいなかったら、サンフレッチェはここまで強くなれなかった。
そんなレジェンドを、結果的に追い出すような形にしてしまったのはいかがなものか?
まあ、寿人にとっては残り少ないサッカー人生だし、新たな環境でチャレンジするというのも一興だとは思うけれども、少し寂しいね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。