Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

仮面ライダー龍騎

仮面ライダー感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2002~2003年に放送された『仮面ライダー龍騎』。

偶然カードデッキを手にした主人公、城戸真司がライダーバトルに巻き込まれていく問題作である。
“戦わなければ生き残れない!”というキャッチコピーが印象的。

ライダーのデザイン、ライダー同士がバトルロイヤルを繰り広げる設定、ミラーワールドという設定などは非常に斬新で、アイディアとしてはとても面白い。
ただ、肝心の内容は正直、薄っぺらで安っぽい子供向けな感じの幼稚でつまらない作品だ(特に序盤は心底つまらないと思った)。
カードを使った戦闘も、当時子供の間でカードゲームが流行ってたからだろ?
設定もいい加減で、初めての戦闘なのにカードの使い方を知っていたり、他のライダーやモンスターの名前を知っていたりと、疑問点だらけだ。

ライダーバトルのテンポも悪く、なかなかライダーの数が減らず、終盤で一気に殺しにかかる始末。
例えが極端だけど、プロレスのバトルロイヤルなんかはすぐに終わるだろ?
あと、最終回は最低と言っていい。
普通に全員死亡で終わらせればいいじゃねーか。
そもそも『13人のライダーによる殺し合い』とか言っておきながら、本編で13人出ていないのは一体どういうことなのか?
行き当たりばったりにも程がある。

また、ライダーが多すぎるせいか、キャラクターの魅力に欠けるきらいがある。
もっと言えば、キャラ設定が甘くてキャラが固まってない感じだね(特に蓮あたりは言動がブレすぎ)。
とりわけ、主人公の魅力が皆無という点は致命的。

各キャラクターについてだが、主人公の城戸は前述のとおり全く魅力がないキャラクターである。
あまりにもバカすぎる上に、最期まで覚悟を決められなかったヘタレであるためか、主人公のくせに名前がパッと出てこない。
主人公が思い悩むシーンはどの仮面ライダーでもあるが、龍騎の場合は終始ずっと悩み続けているからイライラさせられる。

蓮も前述のとおり言動がブレまくっている上、コミュ障で粗暴ときており、とても共感できるキャラクターではない。

北岡と浅倉の2人だけは、非常にキャラが立っており、合格点を出せる(もっとも、2人の最期は納得がいかないし、終盤の車が炎上するシーンで、浅倉がガソリンの匂いに気付かない点はおかしい)。

他のライダーは論外。
悪役や脇役ってのは、噛めば噛むほど味が出る感じじゃないと面白くない。
そうでないと、ただのムカつくキャラ、ウザいキャラ、面白くないキャラで終わってしまう。
その点で、北岡と浅倉は良かったが、他のライダーは完全に失格。

ライダー以外では、吾郎ちゃんがいい味を醸し出してたね(最期はもう少し丁寧に描いて欲しかったが)。

あと、女性陣がブサイクすぎ(特にヒロインの優衣)。

文句ばかりになったが、こんな酷い作品になった理由は恐らく脚本の問題が大きいだろう。
前作のアギトや、次作の555は1人の脚本家が全話書いている(正確に言えば、アギトは51話中50話だが)が、龍騎は2人の脚本家が数話ごとに交代で担当しており、脚本家が変わった回ではストーリーやキャラの言動がガラッと変わったりする。

他にも色々言いたいことはあるが、まとまらないのでこの辺でやめておく。
ただ、ここまでこき下ろしといて言うのも何だが、『仮面ライダー』の中では“中の中”程度の評価は与えられる作品だと思う。
もっと酷い作品や、見る気すら起こらない作品もあるからね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 仮面ライダー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

仮面ライダーアギト

仮面ライダー感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2001~2002年に放送された『仮面ライダーアギト』。

記憶喪失の主人公、津上翔一が変身する仮面ライダーアギトが、神の使徒であるアンノウンと戦うドラマである。

神と戦うというスケールの大きさ、全く子供向けではないシリアスかつサスペンスで難解なストーリー、個性豊かなキャラクター、カッコいい挿入歌など、仮面ライダー史上最高に熱い作品だと思う。
アンノウンが人間を襲う前の仕草も、別にどうってことはない部分なんだけども、いい感じね。

前回紹介した555と比べ、ストーリーや設定にあまりケチをつける部分がなく(あるにはあるけど、さして気にならない)、終盤までダレることがない点や、一般人の死亡者が非常に多い点もポイントが高い。
事実、平成仮面ライダーの中で最高視聴率を誇っており、これは今後年号が変わったとしても更新されることはないと思われる。

あとは何と言ってもキャストの豪華さである。
ヒロインの真魚、というかオシリーナこと秋山莉奈が超絶かわいい。
仮面ライダーのヒロインは微妙な顔の女優が多いけど、オシリーナだけ例外的にかわいい。
賀集利樹や要潤なんてどうでもよくなるくらいかわいい。

キャラクターについてだが、まず触れなければいけないのが北條さんだろう。
事件が発生する→北條さんが何か企む→失敗するという流れは様式美と化していた。

その北條さんの天敵である小沢さん。
氷川さんに対してやたら「どうした?」と、上から目線で言っていた(実際、上司だけど)のが斬新だと思った(真魚ちゃんも翔一に対して使っていたけど)。
女性が男性に何か尋ねるとき、普通は「どうしたの?」と「の」を付けるのが一般的だと思うけど、この「の」を付けない言い方がいいね。

ライダー陣も氷川さん、葦原さん、木野さん、それぞれいいキャラしてたね。
氷川さんは翔一との掛け合いが面白い。
葦原さんは敵にやられてやたら悶え苦しんだり、水上に浮いてたイメージ。
ギルスに変身した際の咆哮や、かかと落としはカッコよかった。
木野さんも渋くてカッコいいけど、シャワーシーンは「誰得だよ!」って思った。
当初は男か女か決まっておらず、どっちになってもいいように『薫』という名前にしたらしいけど、結果的には男で良かったね。

あと、最終盤で登場した可奈さんがかわいかった。
やっぱり女の子はかわいくないとね。

かわいいという意味では、最終回で葦原さんに拾われた子犬。
ボクは猫派だけど、子犬もかわいいよね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 仮面ライダー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

仮面ライダー555

仮面ライダー感想文のコーナーです(続きがあるかどうかは未定)。

今日紹介するのは、2003~2004年に放送された『仮面ライダー555』。

主人公の乾巧が変身する仮面ライダー555とオルフェノクの戦いを描いたドラマである(終盤は人間VSオルフェノクの戦いになるが)。

全てに於いてスタイリッシュでカッコいい作品であるね。
ISSAが歌う主題歌やOP映像、挿入歌、ロゴ、スマートブレイン社のロゴ、ライダーやオルフェノクのデザイン、ラッキークローバーの存在、どれをとっても仮面ライダー史上最高にクールだと思う。
必殺技でオルフェノクを倒す直前に現れる円錐、倒した後に現れる記号(ファイズならφ)もカッコいいし、オルフェノクによって殺された人間が灰化する設定は素晴らしいと思った(ちなみに、オルフェノクは青い炎を纏いながら灰化する)。

悪い点としては、まあこれは仮面ライダー全般に言えることだけど、終盤にダレる点が挙げられる(そもそも1年間放送することに無理がある)。
序盤~中盤くらいまでは面白かったけど、中盤~終盤にかけてはかなりご都合主義になっていたし、設定やストーリー自体がガバガバで変な方向に向かってしまった印象。
中盤までは強敵として君臨していた“上の上”のオルフェノクであるはずのラッキークローバーも、終盤では普通の駒扱いになっており、何というか“ラッキークローバー”としてのブランドっていうか威厳がなくなった感がある。

また、設定の矛盾点も挙げられる。
そもそも、確かスマートブレイン社はベルトの現在地を知ることができたはずであり、「それなら啓太郎のクリーニング店に大量のオルフェノクを送り込んで襲撃すれば早いんじゃないか?」という疑問が浮かぶ。
終盤、やたら敵とのエンカウント率が高くなったことに違和感を覚えたが、それは当たり前なのである。

キャラクターについてだが、まず触れなければいけないのがラッキークローバーだろう。
Mr.ジェイ、琢磨くん、冴子さん、北崎くん、澤田くん、みんないいキャラしてるわ。
ジェイは何もしてなくても存在感があったね(あと、チャコがかわいい)。
琢磨くんのヘタレな性格と、冴子さんの妖しい色気は作品を通していい味を出してたね。
北崎くんは雰囲気が凄かったね。
まあ、そんな難しい演技はしてなかったと思うけど、放送当時14歳の役者とは思えないくらい大人びた演技だった。
本来、北崎くんが変身するドラゴンオルフェノクは木村沙耶の予定だったらしいけど、結果的に北崎で良かったと思う。
澤田くんも雰囲気が良かったね。
演技はそんなに上手くなかったと思うけど、ヴィジュアルとか、折り紙に着火して燃え尽きるまでに人間を皆殺しにする設定が良かったと思う。
『澤田亜希』という名前が示すように、当初は女性という設定だったみたいだけど、北崎と同じで、結果的に男で良かったと思う。

あとはスマートレディ。
ぶっ飛んだキャラで、結局何者か解らないまま終わったけど、いい味出してたね。
1回黒い衣装着てたときがあったけど、あのときの衣装が良かったね(腋見せもポイント高い)。
当初はラッキークローバーを嫌っていたけど、その後は何故か普通に接するようになってたね。

ぶっ飛んだキャラと言えば海堂もそうだったね。
ただ、あまりにもぶっ飛びすぎて浮いてた感はあったけども。

主人公サイドでは、ヘタレ常識人の三原くん。
何かと「家に帰りたい」と言ったり、友人が死んでも「バイトがあるから帰ってもいいかな?」とほざいたり、足を怪我したと嘘をついて戦線離脱したりと、ヒーローにあるまじき言動のオンパレード。
おまけに最強のデルタギアを装備しているにも関わらず、クソ弱い。

草加についてはまあ、ボクが触れる必要はないだろう。
仮面ライダー史上最高のクズとしてライダー史に名を刻んでいるね。
ただ、巧と仲違いしてる割には戦闘中のコンビネーションが抜群なんだよね。

そして木場。
ファイズを見かけるたびに「あいつ!」とか「ファイズ~!」とか怒り狂って襲撃するのがクソ面白かった。

忘れちゃいけないのがオートバジン。
まさにファイズの忠犬。
当初はドジな面も見せてたけど、徐々に学習して何度もファイズの危機を救った(しかし巧から全く感謝されない不遇のキャラ)。

ただ、個人的に一番好きなのは、20話で登場した、急な下り坂を自転車で運転中、事故に遭った青年。
事故の瞬間は声だけで映されず、そもそもストーリーに全く関係ないあたりが最高であるね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 仮面ライダー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Coup de Vent |