Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

佐藤寿人について

Jリーグで2年連続日本人得点王に輝いている佐藤寿人は、紛れもなくJリーグを代表するストライカーである。
しかし、日本代表の舞台ではなかなか実績を残せておらず、それどころかあまりチャンスを与えられていない感もある。
何故か?
それは佐藤寿人が非常に使いづらい選手だからである。
佐藤寿人は裏へ抜ける動き、クロスに対してピンポイントで合わせる能力、ゴール前でのポジショニング等に関しては高い能力を持ち合わせているが、パワーやスピードといった純粋なフィジカル能力は低く、相手DFを切り裂くドリブルや、楔となるポストプレイ、遠目からのミドルシュートなどは一切ない。
従って彼のポジションは2トップ、しかも縦の関係の最前線に位置するセンターフォワード。
それ以外のポジションでプレイすることは実質的に不可能である。
しかし最前線に位置するセンターフォワードとしては、どうしても体格的な問題が出てくる。
別に最前線には長身のFWを置かなければならないということはない。
身長がなくても相手DFに当たり負けせず、きっちりボールが収まれば問題ないし、スピードや技術など、他の面で秀でたものがあれば、システムや戦術をいじることでどうにでもできる話である。
しかし佐藤寿人には、ボールキープもスピードも技術もないのでどうしようもない。
そもそも裏への抜け出しに特化した佐藤寿人は、自分自身が戦術という側面のあるプレイヤーだ。
佐藤寿人という選手にチームが合わせて初めて、佐藤寿人は生きるのである。
佐藤寿人がJリーグで得点を量産できるのは、Jリーグのレベルの低さに加え、高精度のアーリークロスを供給できる駒野や服部、そしてウェズレイという理想的なパートナーが存在すること。
そして結局、広島というチームが佐藤寿人を中心に回っているからなのである。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<二兎を追うもの一兎も得ず | Coup de Vent | 高松宮記念について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。