Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日本代表の1トップについて

今日の試合を見てないので、試合の感想は書けないが、その代わりにボクが日本代表について思っていることを少し書かせてもらう。
まず高原の1トップについて。
ハッキリ言って高原に1トップは務まらない。
というか、1トップをこなせる日本人FW自体が希少である。
それは日本には1トップの文化がないからである。
もう1つ1トップが無理だというのは、日本にはウイングがいないからである。
1トップの下に位置する両サイドの選手が縦に勝負できないようでは、1トップを機能させるのは難しい。
攻撃が手詰まりになるだけだ。
1トップ(3トップ)のチームのサイドには優れたサイドアタッカーが必要不可欠である。
で、日本はというと、中盤はフィルター役の鈴木啓太を除くと、中村俊輔、遠藤保仁、中村憲剛と、いずれもパスの出し手ばかり。
パスを捌くことはできるが、前へ出ていくパワーはない。
ぶっちゃけこれなら小野伸二や小笠原満男を代表に入れても、やるサッカーはそう変わらない。
山岸智はゴール前に飛び出していく選手ではあるが、仕掛けられる選手でもなければ、技術がある選手でもなく、得点感覚に優れた選手でもない。
ただ、愚直に飛び出していくだけである。
別に山岸を批判するわけではないが、左サイドが山岸なら、右サイドには今の代表メンバーの中では太田吉彰か水野晃樹を入れなければ1トップは無理だと思うのである。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<セレクトセール2007について | Coup de Vent | U-20 ワールドカップ 日本×ナイジェリア戦について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。