Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ロイヤルブルー

ダーレー・ジャパンのJRAの馬主登録の認可が目前となっている。
素晴らしいことだと思う。
だが、1つ気に食わない点がある。
それは勝負服。
ゴドルフィンといえば、ロイヤルブルー一色の鮮やかな勝負服が代名詞だが、何でもJRAでは既に使用している馬主がいるということで、以前『シンコウ』の安田修氏が使用していた黒一色の勝負服になる模様なのである。
で、現在ロイヤルブルーの勝負服を使っている空気読めないアホは誰かと調べてみたら、どうもかつてミラクルタイム(美浦・前田禎厩舎)を所有していた堀越毅一氏であることが判明した。

堀越氏に告ぐ。
今すぐ服色を変更するべきである。
恐らく、ゴドルフィンに憧れて勝手に拝借したのだろうが、それなら尚更である。
そもそも、世界的大馬主と同じ勝負服を認めるJRAもどうかと思うよ。
ミラクルタイムは3歳時の1998年に2戦目から4連勝して、ジャパンCが目標とかほざいていたが(その後は凡走続きでジャパンCどころではなくなったが)、同年のジャパンCにはゴドルフィンのフェイスフルサン(S.ビン・スルール厩舎)が出走している。
もしミラクルタイムが陣営の目論み通り出走したならば、勝負服はどうなっていたのか?
同じ馬主なら染分け帽が使用されるが、この場合も染分け帽になったのか?
まあそれはどうでもいい。

とはいえ、今回JRAが馬主登録を認可したのはゴドルフィンではなく、ダーレー・ジャパン。
ゴドルフィンの日本法人ではあるが、形式上はゴドルフィンではない。
だから勝負服が違ってもおかしくはないとも言えるわけだがね・・・。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<U-20ワールドカップ 日本代表の感想 | Coup de Vent | プリンな日々>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。