Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

U-20ワールドカップ 日本代表の感想

日本代表のU-20ワールドカップは決勝トーナメント1回戦で幕を閉じた。
まあ、こんなもんだと思う。
1つ感じたのは、体格や身体能力の差。
チェコの何でもないロングボールがペナルティエリア付近でいとも簡単にキープされ、いとも簡単に体を入れ替えられてしまう。
もう大人と子供である。
改めて体格差というのはもの凄いハンディなんだなと思った。
それでも負ける相手ではなかったように思うが、2-0からどういうわけか相手に合わせてしまった。
このチームは引いてリードを守りきれるチームではない。
それはGLで終了間際にピンチを連発していたことからも明らかである。
それと同時に点を取れるチームでもない。
この試合でも決定機を外しまくっていた。
FWの得点能力は近年では最低と言い切っていい。
MFにしても点の取れる選手は梅崎くらい。
柏木にしても、10の泥臭いゴールよりも1つの美しいゴールといった選手であり、得点能力そのものは決して高くはない。
そもそもこの世代はタレントがあまりにも不足していた。
吉田監督もやはり吉田監督だった。
だが、GLを1位で通過したのだ。
2連敗でさっさとGL敗退が決まった01年アルゼンチン大会や、タレントが揃っていながらも退屈なサッカーに終始した05年オランダ大会よりはマシである。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<たらい回しにされる日々 | Coup de Vent | ロイヤルブルー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |