Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アドマイヤムーンのゴドルフィン移籍について

ゴドルフィンが近藤利一氏所有のアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎)におよそ40億円ものトレードオファーを出しており、近日中に合意するようだ。
40億である。
ちなみに、昨年ゴドルフィンが金子真人ホールディングス㈱からトレードしたユートピア(牡7、S.ビン・スルール厩舎)のトレードマネーは約4億6千万円。
種牡馬としての価値も含めてのものだが、まさに破格のオファーである。

これは推測だが、ゴドルフィンからのオファーはドバイデューティフリーを勝った頃からあった。
そしてクイーンエリザベスⅡ世Sで惜敗を喫し、この敗戦によりトレードマネーが下がることを恐れた陣営は、鞍上を武豊騎手から岩田康誠騎手へとスイッチ。
近藤オーナーの要望でトレードを待ってもらい、次走の宝塚記念は絶対に負けられない戦いだった(この勝利で何億か上積みさせたはず)。
そして先日のセレクトセールでの金の使いっぷり・・・。
ゴドルフィンへの移籍話はとっくにまとまっていたが、これが公になればセレクトセールで価格が高騰する恐れがあったため、ここまで公表するのを引っ張った。
ちなみに同セールで、近藤オーナーはダーレー・ジャパン㈱の上場した馬を買っている。
ま、あくまでも推測であるが・・・。

アドマイヤムーンの父エンドスウィープは、外国産馬の活躍により日本に輸入されたものの、わずか3世代の産駒しか残せず早世した。
しかし、3世代の産駒の中からスイープトウショウ(牝6、栗東・鶴留明雄厩舎)、ラインクラフト(栗東・瀬戸口勉厩舎)などを輩出。
個人的に「この馬はGⅠを勝ってエンドスウィープの後継種牡馬にならなければいけない」と思っていただけに、その後の活躍ぶりは嬉しい限りである。
恐らく海外で種牡馬入りするのだろうが、ダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスで供用される可能性も大いにある。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<演じ続けられないボク | Coup de Vent | Microsoftの罠>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。