Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

AFCアジアカップ 日本×サウジアラビア戦について

試合が始まって「ああ、これは3-0で勝つな」と思ったが・・・。
ま、サッカーは点を取るゲームであって、点を取るにはシュートを撃つしかないということ。
パスを何回繋いでも点にはならない。

敗戦の原因を探せばキリがないが、まず守備力の低さ。
そりゃ3点も取られれば勝てない。
闘莉王、水本、坪井と故障者続出により阿部がCBを務めたが、やはり荷が重かった。
中澤もスピードのある相手には歯が立たない。
そして控えは誰もいなかったという信じられない話。
頭数くらいは揃えるべきだった。
しかし3失点目なんかはありえない。
あの場面で簡単に侵入され、簡単に抜かれてニアサイドに決められるのはいかにもマズい。
DFの応対が高校サッカーなみにテンパっていて、冷静に状況が見れてない。

三都主を招集しなかったことも大きく響いた。
駒野の左SBはもう限界である。
勝負できないどころか、全く前を向けずにバックパスの嵐。
右利きだからダメだとかいう次元ではない。
もうプレイスタイル的に無理なのだ。
駒野はザンブロッタやラームではない。
右SBとしてなら日本に駒野以上の選手はいないのだから、素直に右で使えばいいのだ。
そして三都主が無理なら、家長でも相馬でも中田浩二でも誰でもいいから、登録しとけばよかったのだ。

そして中盤。
鈴木啓太はミスは多かったが、下手なりに頑張っていた。
日本に鈴木の代わりはいない。
他の3人、遠藤と中村憲剛、中村俊輔は何をやっているのか?
勝負しない、シュート撃たない、ラストパスも出せない。
彼らを軸にしていては、スピード感のあるテンポのいいサッカーは無理だ。
この構成は考え直した方がいいだろう。

FW。
前回大会のFWはファウルゲット要員の鈴木隆行、純粋なFWというよりはウイング的な玉田、そもそもFWではない本山の3人のみ。
だが、玉田のドリブルはアジアレベルでは結構効いていた。
とりわけ相手が疲れて中盤が間延びし、カウンターで玉田にボールが渡った際は大きなチャンスになった。
今回のFWは高原、巻、佐藤寿人、矢野。
高原というストライカーはいたが、エリアの狭い選手ばかりで、スピードやドリブルのある選手はいなかった。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<リアルタイム | Coup de Vent | 近藤利一>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。