RSS
Admin
Archives

Coup de Vent (クー・ド・ヴァン)

なでしこリーグを中心としたサッカー、競馬、アニメなどについて、好き勝手に放言しているブログです

ブログ・ダミー
プロフィール

β-Paresseux

Author:β-Paresseux

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
最近のトラックバック
検索ぷらす
リンク
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
広告
装甲娘 文豪とアルケミスト 英会話 DVD/CDレンタル 電子書籍 コミック DMM宅配買取 神姫PROJECT R FLOWER KNIGHT GIRL~X指定~ オンラインゲーム 戦乱プリンセスG 魔王の始め方 VR動画 アダルト動画 中出しのサンプル動画が見放題! MOODYZ(ムーディーズ)ch 家庭教師先のお母さんと ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売 アダルトDVDレンタル 見放題ch ライト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.09
24
Category : 競馬
先日の神戸新聞杯は、ドリームジャーニー(栗東・池江泰寿厩舎、武豊)が鮮やかに差し切った。
「この馬こんなに強かったっけ?」という感じの快勝であり、距離もなんとかなりそうな感じを受けた。
ヴィクトリー(栗東・音無秀孝厩舎、岩田康誠)は成長の跡が見られるいい負け方だったように思うが、菊花賞で勝負になるかどうかはまた別問題だろう。
フサイチホウオー(栗東・松田国英厩舎、安藤勝己)は距離にかなり問題があったと思われるが、他にも何かありそうな大敗だった。

本番では無敗のロックドゥカンブ(美浦・堀宣行厩舎)が人気になるだろうが、この馬も距離に不安がある。
距離の面では神戸新聞杯4着のホクトスルタン(栗東・庄野靖志厩舎)が挙げられるが、今の菊花賞はスタミナ勝負にならないのでどうか?
面白いというか、軽視できないのは神戸新聞杯2着のアサクサキングス(栗東・大久保龍志厩舎)。
ホワイトマズル産駒は長距離をこなす馬もおり、何よりこの馬は京都コースが絶対に向いている。
他となると、トライアルで上がり馬的存在がことごとく惨敗してしまったこともあり、探すのが難しい。
500万を勝ったばかりのデュオトーン(栗東・池江泰寿厩舎)が通用するほど甘くはないだろうし、京都大賞典から始動のアルナスライン(栗東・松元茂樹厩舎)も厳しいだろう。

まあ、いずれにせよ低レベルな混戦であることは間違いない。

Comment

非公開コメント