Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

ジャパンカップについて

ジャパンカップはアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎、岩田康誠)が勝った。
昨年のダービーでは惨敗を喫したが、力をつけた今年は2200mの京都記念、宝塚記念を制しており、2400mでもやれるということを見せつけた。
2着は先団につけたポップロック(牡6、栗東・角居勝彦厩舎、オリビエ・ペリエ)。
やはりというか、流石というか、また2着。
中団からレースを進めたメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎、武豊)は3着まで。
力は見せたが、4コーナーで大外を回されたのが痛かった。
ウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎、四位洋文)は、正攻法では勝負にならないと判断したのか最後方からの競馬。
上手くコーナーを捌いて直線は外に持ち出したが、最後は力負けといった格好。
ただ、3歳牝馬で順調さを欠いたことを考えれば大健闘だろう。
その他では、陣営が吹いていたインティライミ(牡6、栗東・佐々木晶三厩舎、佐藤哲三)は10着、迷走を続けるヴィクトリー(牡3、栗東・音無秀孝厩舎、クリストフ・ルメール)は18着と惨敗した。
まあ、そんなもんだろう。

昨日のジャパンカップダートはヴァーミリアン(牡5、栗東・石坂正厩舎、武豊)が中団から満を持して抜け出し、危なげなく差し切った。
個人的にはもっとひ弱というか、気難しい印象があったが、そういった面は全く見せず、まさに完勝だった。
よく解らないのがブルーコンコルド(牡6、栗東・服部利之厩舎、幸英明)。
対抗の1番手と思ったが、どういう訳かハイペースを先行して終わってしまった。
まあ、幸だから仕方ないと言えば仕方ないか。
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<FIFAワールドカップ 2010 南アフリカ大会 欧州予選展望 | Coup de Vent | EURO2008予選について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |