Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

FIFAワールドカップ 2010 南アフリカ大会 欧州予選展望

Groupe1
ポルトガル
スウェーデン
デンマーク
ハンガリー
アルバニア
マルタ
EURO08予選に引き続き、北欧の雄スウェーデンとデンマークが同居してしまった。シード国ポルトガルを含めた3強だが、3カ国の中では最も安定感のあるスウェーデンが本命か。

Groupe2
ギリシャ
イスラエル
スイス
モルドバ
ラトビア
ルクセンブルク
EURO04王者ギリシャは、イスラエル、スイスと出場枠を争う。抜群の安定感でEURO08予選を突破したギリシャではあるが、ポテンシャルで上回るスイスが本命だ。

Groupe3
チェコ
ポーランド
北アイルランド
スロバキア
スロベニア
サンマリノ
チェコとポーランドの2強に、北アイルランド、スロバキアがどう絡んでいくかといった組み合わせか。ネドベド、ポボルスキーの時代は終わったものの、やはりチェコが本命だ。

Groupe4
ドイツ
ロシア
フィンランド
ウェールズ
アゼルバイジャン
リヒテンシュタイン
ドイツの1強、2番手がロシアという解りやすい組み合わせ。EURO08予選は若手のテストに終始しながらも、早々に突破を決めたドイツの力が抜きん出ており、断然の本命である。

Groupe5
スペイン
トルコ
ベルギー
ボスニア・ヘルツェゴビナ
アルメニア
エストニア
この組もスペインの1強、2番手がトルコという解りやすい組み合わせ。EURO08を最後にアラゴネス監督が退任するスペインは、いかに迅速に戦力の引継ぎを行えるかが鍵だが、優位は動かない。

Groupe6
クロアチア
イングランド
ウクライナ
ベラルーシ
カザフスタン
アンドラ
EURO08予選に続いて同組となったクロアチアとイングランドに、ウクライナを加えた3強。激戦が予想されるが、ここ数年復調の兆しを見せているクロアチアが1歩リードか。

Groupe7
フランス
ルーマニア
セルビア
リトアニア
オーストリア
フェロー諸島
フランスを中心に、ルーマニア、セルビアが出場枠を争う。EURO08予選では苦戦したフランスだが、若手のテストを重ね、チーム力は着実に上がっている。

Groupe8
イタリア
ブルガリア
アイルランド
キプロス
グルジア
モンテネグロ
06WC王者イタリアは、ブルガリア、アイルランドと出場枠を争うが、選手層の厚さと安定感で、世界王者の力を見せつけるだろう。国際舞台初登場となるモンテネグロにも注目したい。

Groupe9
オランダ
スコットランド
ノルウェー
マケドニア
アイスランド
オランダ、スコットランド、ノルウェーの3強。本来はオランダが抜けた存在だが、今のオランダに楽な対戦相手などない。EURO08予選の雪辱に燃えるスコットランドが本命だ。

今回は各グループの1位のみが通過し、2位の中から成績上位8カ国がホーム&アウェイのプレーオフを行い、勝者4カ国を加えた計13カ国が本大会への切符を手に入れる。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<被害を被る日々 | Coup de Vent | ジャパンカップについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。