Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

サンフレッチェ広島J2降格について

正直、こうなることは解っていた。
1年間ずっとダメだったのに、最後だけよくなるなんて甘いものじゃないからね。
今日の試合自体は非常によかったと思う。
ただ、結局駒野に頼りすぎた面は否めない。
駒野は本当に素晴らしい選手になったと思う。
毎年着実にレベルアップしていった。
こういうふうに、目に見えて選手が成長していくのは育成型クラブの醍醐味だろうね。
しかし、結局駒野のクロスから点は生まれなかった。
この日の広島のハイライトは、駒野のクロスから寿人のヘディング→ポスト。
柏木のシュートはゴールマウスを捕らえられず。
駒野のクロスからウェズレイがキープしてのシュート。
後半は、柏木のポスト直撃。
柏木のグラウンダークロスに寿人が飛び込む。
ロスタイムの槙野のオーバーヘッド。
こんなものだと思うが、結局完全に崩したシーンはなかったと思うのよね。
京都のアンドレがゴール前でもたついたような、あとは決めるだけというようなビッグチャンスはなかった。
それはこの試合もそうだけど、1年間を通じてもそうなかったんじゃないかな。
崩しきらないところから、駒野、服部のクロス、あるいはロングボールに寿人が反応して、あるいはウェズレイの個人技での得点というものが多かったように思う。
要は広島の選手に、ペトロヴィッチ監督のサッカーを実践できるクオリティが足りなかったということだろうね。
広島には技術の高い選手は多いけど、個の力で打開できる選手がいなかった。
特にオフェンシブの柏木、森崎浩司のところにパワーが足りなかったと思う。
また、FWの3番手がルーキーの平繁というのはおかしな話だった。
彼に多くを求めるのは酷だと思う。

降格の最大の要因となったのはザルDF。
DFの面で個人の力が劣っているとは思わないけど、広島は昔から1対1のDFに弱い部分があったし、引いて守る傾向があった。
だからゴール前に人数は揃っているのにやられるというケースが非常に多かった。
戦術上、相手のボランチとSBをフリーにしてしまうという難点もあった。
個人的には4バックにすればやりやすいと思うのだが、頑固なペトロヴィッチ監督はシステムも選手も変えなかった。

試合後、久保社長は辞任を表明した。
当然だと思うが、彼にどうこうというのは最初から期待してない。
正直ボクは今の体制を壊して、新たに作り変えるには降格するしかないと思っていた。
しかし久保社長は、ペトロヴィッチ監督、織田強化部長を留任させるという。
全くもって理解できない。
ペトロヴィッチ監督はことあるごとに、「チームはいいサッカーをしている」と言い続けてきた。
しかしボクは言いたい。
「いいサッカーをしているならこんな順位にいるはずがないだろう」と。
「いいサッカーができていないから71失点というリーグワースト記録を作り、降格という結果になったのだろう」と。
サッカーは必ずしも内容=結果に結びつく訳ではないが、今季の成績は「内容はよかったが結果が伴わなかった」というレベルを超越している。
ましてや、駒野や寿人、ウェズレイ、戸田、ストヤノフといった優秀な選手を多く抱えての結果だけに、これを監督の責任と言わずして何と言うのか?

ペトロヴィッチ監督はあまりにも柔軟性がなさすぎた。
サッカーというのは相手と状況があってのものだ。
彼は相手がどこであれ、チーム状態がどうであれ、選手のコンディションがどうであれ、常に固定メンバーで同じ戦い方を繰り返して玉砕し続けた。
自分たちのサッカーを貫けば必ず勝てると思っていたのだろう。
しかし、そもそも自分たちのサッカーすら実践できていなかったではないか。
レギュラーに対する信頼が厚く、選手交替に関しても消極的であった。
交代枠を使い切らないのはしょっちゅうで、1人も交代させずに負けることもあった。
李漢宰や高萩を干し続け、チームのアイドルだった前田も放出した。
彼が無能とは言わないが、彼が今日までサンフレッチェの監督職に留まっていること自体異常ではないのか?
この世界は常に結果と隣り合わせの世界である。
結果を出せないと、監督はクビを切られる。
それが監督の宿命であり、誰もが理解している。
しかしフロントは動かなかった。
そして、今後も動かないようだ。
チームを降格させた監督が引き続き指揮を執るというのは、ちょっと無理があるのではないか?

広島には優れた若手がいる。
青山と柏木は移籍するだろうが、DFには今シーズン大きく成長した槙野、出場機会を得られず消化不良に終わった吉弘がいるし、愛媛にレンタル移籍している森脇も帰ってくるだろう。
MFでは高柳と桑田は今シーズンコンスタントに試合に出場し、高萩、遊佐も飛躍が期待される。
FWでは平繁は今シーズン貴重な経験をしたと思う。
来季はこういった選手を育てながら結果を残して欲しいのだが、まあ難しいだろう。
下田、服部、森崎兄弟といった古株も残るだろうけど、今のチームには新陳代謝が必要だと思う。
彼らは今季監督の寵愛を受けてきたけど、決してアンタッチャブルな存在じゃない。
若い選手達が彼らを押しのけていかないと何も変わらない。
補強ポイントとしては、まずチームの精神的な支柱となれる選手が必要だろう。
プレイの面でも、メンタルの面でもチームの中心となれるような選手。
言うまでもなく、ぬるま湯体質につかりきった上記のベテラン選手では無理であり、かつて在籍したサンパイオのような選手が必要だ。
そして個人の力で打開できるような選手。
これはもう必要不可欠である。
結局、サッカーは誰かが無理をしないとなかなか状況を打開できない。
パサーや運動量豊富な選手だけでは、どうしても手詰まりになる。
ここ数年の広島はパスを回すだけだった。
バイタルエリアの手前までは行くものの、その先はなかなか進めず、非常にもどかしい拙攻を繰り返した。
ワンツーやダイレクトプレイで崩すのには限界がある。
今季はウェズレイや駒野に頼れたけど、来季彼らはいない。
そして、計算できる外国人FWの獲得。
2003年のJ2でのシーズンはフィットしないエルツェグを早々に切り、マルセロを獲得した訳だが、ストライカーでもなく、個人の力で打開する選手でもないマルセロは非常に扱いづらい選手だった。
FWの軸として14ゴールを挙げた訳だが、かなり物足りなかった。
他のFW陣も大木は及第点としても、高橋、茂木は前半戦でフェードアウトしてしまい、後半戦は真中や中山を重用するという非常に苦しい台所事情だった。
寿人は早くも残留宣言しているようだが、長身でポストプレイができ、20得点を計算できる外国人FWが必要不可欠だ。

色々書いていたら、つい長くなってしまった。
まあフロントにはあまり期待してないが、1年でのJ1復帰は至上命題である。
それに向けてしっかり補強をして欲しいし、本当の意味での「いいサッカー」を見せて欲しいものだ。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<公務員の女は最悪だ | Coup de Vent | もどかしいボク>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。