Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

2008皐月賞について

皐月賞はキャプテントゥーレ(父アグネスタキオン、栗東・森秀行厩舎、川田将雅)の逃げ切りという、何とも面白味に欠けるレースとなった。
キャプテントゥーレは母がエアトゥーレで、その母は名牝スキーパラダイス、今日の内容からも本質的にはマイラーだろう。
2着のタケミカヅチ(父ゴールドアリュール、美浦・大江原哲厩舎、柴田善臣)は普通に回ってきただけで、たまたまペースが向き、前が空いただけである。
3着のマイネルチャールズ(父ブライアンズタイム、美浦・稲葉隆一厩舎、松岡正海)は受けて立ちすぎた印象だが、まあ仕方ないだろう。

結局、皐月賞からダービーに向けてポジティブな印象を持てる馬は全くいなかった。
他路線組では、ダービーで有力視されていたレッドシューター(父Red Ransom、美浦・藤沢和雄厩舎)が体調不良で青葉賞を回避、春全休することになった。
その青葉賞には、マゼラン(父クロフネ、栗東・角居勝彦厩舎)、クリスタルウイング(父アドマイヤベガ、美浦・藤沢和雄厩舎)、アドマイヤコマンド(父アグネスタキオン、栗東・橋田満厩舎)らがスタンバイしているが、どうもマゼランがダービーまで突き抜けそうな印象である。

話は変わり、アメリカに遠征している藤沢和雄厩舎の3頭。
カジノドライヴ(父Mineshaft)、スパークキャンドル(父A.P.Indy)、シャンパンスコール(父Daylami)だが、カジノノライヴの次走、ピーターパンSの鞍上はケント・デザーモ騎手が有力とのことである。
武豊騎手は斤量で折り合わなかったそうだが、恐らくファリダット(父Kingmambo、栗東・松元茂樹厩舎)のNHKマイルCでの騎乗との兼ね合いだろう。
となると、ベルモントSでデザーモ騎手は乗れるのか?という疑問がわく。
日本では藤沢厩舎所属のデザーモ騎手だが、ホームグラウンドのアメリカではそうもいかない。
レッドシュターの件も含め、藤沢調教師は頭が痛いところだろう。
ちなみに、ピーターパンSにはスパークキャンドルも出走を予定しているとか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<岐路 | Coup de Vent | フードイーター>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |