Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

U-23日本代表について

U-23日本代表のグループリーグ敗退がさっさと決まった訳だが、妥当すぎてコメントのしようがない。
だいぶ前からこうなることは明白であり、正直、自分自身がここまで無関心でいられる代表というのは記憶にない。
1つ言えるのは、今回の結果はメンバー以前の問題であったということ。
まあ、そんなことを言っても仕方ないので、ボクならどういうメンバーを組んだのか。
下のリストがそれである。

GK
山本海人(清水エスパルス)
西川周作(大分トリニータ)

DF
青山直晃(清水エスパルス)
槙野智章(サンフレッチェ広島)
森重真人(大分トリニータ)
安田理大(ガンバ大阪)
内田篤人(鹿島アントラーズ)

MF
梶山陽平(FC東京)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
上田康太(ジュビロ磐田)
本田圭佑(VVVフェンロ=NED)
高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
梅崎司(浦和レッズ)
柏木陽介(サンフレッチェ広島)

FW
平山相太(FC東京)
カレン・ロバート(ジュビロ磐田)
前田俊介(大分トリニータ)
森本貴幸(カターニャ=ITA)

バックアップ
林彰洋(流通経済大)
増嶋竜也(京都サンガ)
高柳一誠(サンフレッチェ広島)
李忠成(柏レイソル)

断わっておくが、ボクは関係者ではないので、個々の詳細な性格や人間関係は加味しようがない。
という訳で、システムは4-4-2と4-2-3-1を併用する。
GKは無難なチョイス。
林の身体能力も魅力だが、代表のメンバーはプロであるべきであり、除外。
CBには共にファイタータイプの青山直と槙野が軸で、ボランチもこなせる森重が控え。
水本裕貴(京都サンガ)は当然、選外。
SBは右に内田、左に安田。
MFは純粋なボランチは青山敏1人としたが、森重もこなせる上、他のMFを無理やり使えば問題なく、わざわざ信頼性の低い守備的MFを加える必要はない。
相方は梶山、上田、本田、高萩、柏木と揃っており、上田、本田は左SBとしても計算できる。
水野晃樹(セルティック=SCO)と家長昭博(大分トリニータ)をエントリーできないSHは苦しいが、左に梅崎、右には高萩を配置する。
4-2-3-1時のトップ下は、タイプの異なる梶山と柏木を起用。
FWは平山が軸となる。
カレンはSHとしての選出、前田は4-2-3-1時のトップ下も兼ね、森本は2トップの1角、1トップ時にはサイド起用もあり得る。

好みで選んだ部分もあるが、なかなかに実用的なメンバーではないか。
複数ポジションを高レベルでこなせる選手が多いあたり、ポイントが高い。
サンフレッチェの選手が多いが、この世代はサンフレッチェユースが最強を誇った時代のゴールデンエイジである。

話を戻して、最終戦のオランダ戦だが、まず負けるだろう。
オランダ戦と言えば、05年のワールドユースが印象深い。
今年のトゥーロン国際トーナメントでは1-0で勝っているが、オランダの登録メンバーが全く違うので参考外。
オランダのピッチを広く使ったサッカーについていけないのは、目に見えている。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ウインドバレーは強すぎる | Coup de Vent | 寿司ボンバー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |