Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

秋華賞展望

今週は牝馬3冠の最終戦、秋華賞が行われる。
通常GⅠレースは外回りコースを使用するのだが、秋華賞は内回りコースを使用する。
つまりコーナーがキツく、ごちゃつきやすい上、直線も短い。
そのため、要はスムーズな競馬をした馬が勝つレースである。
春の2冠を逃し、前哨戦のローズSを制したアドマイヤキッス(牝3、松田博資厩舎、武豊)は昨年の優勝馬エアメサイア(牝4、伊藤雄ニ厩舎)とダブる。
牡馬相手のセントライト記念を叩いた桜花賞馬キストゥヘヴン(牝3、戸田博文厩舎、安藤勝己)も有力で、マギレがなければこの2頭で決まる公算が高い。
他ではローズS2着のシェルズレイ(牝3、松田国秀厩舎、岩田康誠)、オークス2着のフサイチパンドラ(牝3、白井寿昭厩舎、福永祐一)、アメリカンオークス2着のアサヒライジング(牝3、古賀慎明厩舎、柴田善臣)あたりが有力。
無敗のオークス馬カワカミプリンセス(牝3、西浦勝一厩舎、本田優)はオークス以来ぶっつけというローテがどう出るか、また真の実力はどの程度のものなのか未だによく分からない。
前哨戦の紫苑Sを勝ったサンドリオン(牝3、安田隆行厩舎、秋山真一郎)だが、そもそも紫苑Sから秋華賞で好走した馬はオークス馬レディパステル(01年優勝、秋華賞3着)と、シアリアスバイオ(02年2着、秋華賞3着)のみであり期待できない。
無理やり穴馬を挙げるならコイウタ(牝3、奥平雅士厩舎、吉田隼人)。
オークス以来、骨折明け、鞍上弱化と3重苦ではあるが、実力馬だけに3着の可能性はあるかもしれない。

◎アドマイヤキッス
○キストゥヘヴン
▲シェルズレイ
△フサイチパンドラ
△アサヒライジング
△コイウタ
結果
1着 カワカミプリンセス
2着 アサヒライジング
3着 フサイチパンドラ
4着 アドマイヤキッス
5着 シェルズレイ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<いいこと探し | Coup de Vent | 贖罪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |