Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

2008シーズンを終えてのサンフレッチェ広島について

天皇杯準々決勝で、サンフレッチェ広島は柏レイソルと対戦し、2-3で敗れてしまった。
サンフレッチェにとって、久々の敗戦となったわけであるが、ポジティブな面とネガティブな面が両方見えたように思う。

ポジティブな面は、広島のサッカーがJ1でも普通に通用するということ。
J2では相手チームの前線からのプレスに苦しむ面もあったが、昨日はプレッシングサッカーの代名詞であるレイソル相手に全くやりづらさを感じさせなかった。
正直、柏のプレスには拍子抜けした。
恐らく、J1のどの相手に対してもポゼッションでは上回れるだろうし、チャンスは作れるサッカーができることだろう。

ネガティブな面は、DFの脆さ。
昨日のように、セットプレイからいとも簡単に失点してしまうようでは苦しい。
また、2失点目はこのサッカーをする上で絶対にしてはならない失点。
これまでも同じようなミスはあったが、失点にならなかったり、試合の大勢に影響を与えなかったりといった形だった。
だが、J1でやっていくにあたっては、こういうつまらないミスは避けなければならない。

もう1つは決定力不足。
これだけポゼッションして、コンビネーションから幾度もチャンスを作っているのだから、決めるところでは確実に決めないといけない。
J2では相手のクオリティや、数撃ちゃ入る的な面もあったが、J1ではチャンスをモノにしていかないと命取りになる。

それを踏まえて、来季の展望ではあるが、今日のようなサッカーでは中位が関の山だろう。
まだ、見ているぶんには楽しいサッカー止まりである。
もう1ランク上に行くには、全ての面でクオリティを上げていく必要がある。

まず、GKの補強は必須。
佐藤昭はポジショニング、飛び出しやハイボールへの判断が絶望的なレベルであり、プレイぶりから落ち着きや余裕というものが一切感じられず、毎試合2失点くらいは覚悟しなければならない。
下田にも多くは望めそうになく、経験があり、クオリティの高い外国人選手を獲得すべきである。
DFは徳島にレンタル中だった西河、千葉を戦力外になった中島の獲得が発表されており、頭数の上では問題ないだろう。
昨日は服部不在で完全に死んでいたサイドは、ディナモ・ザグレブからミキッチ獲得が濃厚であり、彼が計算通りに働いてくれれば何とかなるだろう。
あとは特に問題ないというか、資金面などを考慮しても、補強の緊急性はない。
FWは大分にレンタル中の前田を何とか復帰させてほしいとは思うが、基本的にFWは佐藤寿の1トップなので、控えをどうするかの問題である。
むしろ前田や今季全く役に立たなかったユキッチには、MFとしての働きも求めたいところである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<疲労だけが溜まったドライブ | Coup de Vent | 日本が香港に勝てない理由>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |