Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

高柳一誠について

Jリーグ開幕も近いので、サンフレッチェの話題を。
毎年飛躍を期待されながら、パッとしない成績に終始している選手に、高柳一誠がいる。
ユース時代はいわゆる“ゴールデンエイジ”の主力として活躍し、ユース所属ながらトップ出場も果たした。
ボランチを基本に中盤ならどこでもこなし、サイドバックでもプレイできるユーティリティ性が魅力ではあったが、この手の選手にありがちな器用貧乏な選手に成り下がっているのが現状である。

彼だけのことを考えるなら、今の広島の選手構成は彼にとってあまりよろしくない。
本質的にナイーブであると思われる高柳の周りには、経験豊富でミスをしても取り返してくれる、実力のあるベテランが必要である。
現在の広島にはそういった『仙道なら何とかしてくれる』的な選手はいない。
ポジションを争う青山敏弘、高萩洋次郎、田慎一朗、柏木陽介は同世代のライバルであり、森崎兄弟や李はベテランでもなければ、チームを引っ張っていくだけの実力、リーダーシップの面でも適格とは言い難い。
ボクがチームにはスーパーな選手が必要と考えるのは、そういった理由からである。
若手の見本となり、困ったときに頼れる存在となる。

現実に話を戻すと、高柳のメインポジションは、今も昔もボランチである。
相方は森崎和幸、もしくは青山となるが、その際は必然的に高柳が前目のボランチとなる。
ところが、3-6-1システムにおけるセグンドボランチの役割というのは案外難しい。
相手キーマンのマーク、サイドの穴埋めや、ビルドアップ時の顔見せや展開、フィニッシュに絡む働きも求められる。
攻守において高い能力や戦術理解度と、豊富な運動量が求められるが、これは高柳のメンタルや能力からして、決して向いていない役回りである。
彼のようなタイプには、あれこれ難しいタスクを与えず、明快な役割を与えた方がいい。

まず、彼は自分の生きる道をよく考える必要がある。
左右両足から放たれる強烈なシュートや、前線への飛び出しが持ち味だと考えるなら、この先彼がレギュラーポジションを確保することは難しいだろう。
アグレッシブな姿勢は買うが、それはまずはディフェンスで活かすべきである。
高柳はピッチを走り回ってボール狩りをしていればいいのである。
攻撃面での性能は、ボールを奪ってから発揮すればいい。
高柳よりシュートが上手い選手も、ドリブルが上手い選手も、パスセンスのある選手もいくらでもいる。
同い年に高萩や前田俊介がいるのだから、そんなことはわかってるはずである。
ユース代表時代、大熊清監督は高柳のしつこい守備を高く評価していた。
もう一度、自分の何が評価されていたのかを考え直す必要がある。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2009 Jリーグ 横浜F・マリノス×サンフレッチェ広島 | Coup de Vent | 虚言癖の暴君>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |