Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

マリノスのやりたいサッカーについての考察

横浜F・マリノス戦後、マリノスの選手やファンから、「自分たちのやりたいサッカーをやられた」という趣旨のコメントが目立った。
試合前からも、「同じ3-6-1のシステムで、同じ方向性を持つチーム同士の戦い」と見る向きが多かった。

正直、「ホントかよ!?」と思う。
広島と横浜のフォーメーションは、数字の上では確かに同じ3-6-1である。
しかしながら、前回触れたとおり、森崎和幸がDFラインに下がることの多い広島は実質4-1-4-1である。
3バックと考えても、ロングフィードを多用するリベロタイプのストヤノフに、ワイドに開いてビルドアップの起点となりつつ、積極的なドリブルやオーバーラップを見せる森脇と槙野。
片や、横浜の3バックは、屈強ではあるが、広島とは対照的に、中に絞ってのプレイが目立つ。
ビルドアップに関しても、立ち止まっての隣へのパスか、狙いの低いロングボールくらいで、貢献できていないと言うより、参加する意思がないように見える。

また、広島の攻撃はストヤノフと森崎和、青山を中心に展開されるが、連動性に乏しい横浜の攻撃は、狩野がボールを受けてから、あるいは兵藤や山瀬功治らの単独での突破が中心となる。

ボクは横浜をあまり見ているわけではないので、偏見が多分にあるのかもしれないが、横浜の目指すサッカーとは、フィジカルの強いCBが相手の攻撃をはね返す、あるいは小椋や開幕戦は欠場した河合のあたりでボールを奪い、技術の高い中盤の選手たちの個人技や、閃きによる連動から、タテに速い攻撃を仕掛ける。
もしくは、長身のトップに当てて、2列目が飛び込むといったイメージではないだろうか?
局面を決めるのは、誰かが無理をしたとき、あるいはスーパーなプレイを見せたとき。

広島の場合、GKから丁寧にビルドアップしていき、サポートと動き直しを繰り返してパスコースを作り、相手守備陣のギャップを突く遅攻。
あるいは、奪ってから素早くサイドに展開し、ゴール前に人数をかけてのショートカウンター。
局面を決めるのは、理論的にもたらされたイメージの共有による連動性であり、ほとんどのゴールはワンタッチプレイの連続から生まれる。

別に広島がよくて横浜が悪いと言いたいわけではない。
ただ、以上の理由から、横浜と広島のサッカーは決して似ていないのではないか?
と思うのだが、どうだろう?

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ | Coup de Vent | 2009 Jリーグ 横浜F・マリノス×サンフレッチェ広島>>

この記事のコメント

おそらくやりたいサッカーっていうのは単純に運動量の事を指してるんじゃないですかね~
そのぐらい今回の広島戦は攻撃でも守備でも数的不利な状況を作られてしまって
(特に前半は・・・)
システムとか以前にお前らもっと走れよ!!って感じでした…
2009-03-12 Thu 11:12 | URL | 通りすがり #-[ 内容変更] | top↑
>通りすがりさん

マリノスは連動性のなさと、切り替えの遅さが運動量を減らしている感じがしました。
狩野に注目していましたが、バランスをとるような動きをしてるかと思ったら、唐突にゴール前までフリーランしたり、後ろを気にして下がったと思ったら、守備をするわけでもなく、ちんたら歩いていたりと、勝手気ままにプレイしているように思えました。
また、天才肌の選手にありがちなように、パスを出したあとや、自分のもらいたいところでパスがもらえなかったとき、プレイを止めてしまう癖があるようですね。
かなりサイドに張りたがるプレイスタイルのようですし、いっそウイングバックで使えばいいのではないかとも思います。

システムの話をすると、横浜はCFを置かない0トップのような形がいいように感じました。
さすがに渡邉では荷が重すぎる。
2009-03-12 Thu 22:19 | URL | β-Paresseux #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。