Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ

大宮アルディージャを迎えたホーム開幕戦、DFのミスから実に安い3失点を喫してしまい、痛い敗戦となった。

まず前半だが、ラッキーな先制点以外はチグハグで、何もない45分だった。
全体的にサポートが少なく、隣へのパスばかでリズムがつかめない。
苦しまぎれのロングボールや、簡単に大きく蹴り出してしまうシーンが目立った。
ミキッチのタテも封じられ、中へ切れ込んでのプレイで活路を見出そうとするも、手詰まり感が否めなかった。

ところが、どういうわけか後半は面白いようにパスがつながり、ワイドな展開や、細かいダイレクトプレイが面白いように嵌まってあっさり勝ち越し。
その後もずーっと広島のターンで一方的にボールを支配したのだが、結果的にここで追加点を取れなかったのが痛恨だった。

そんな中、張外龍監督が打った選手交代、石原に代えて市川というカードが非常に効果的だった。
市川がアグレッシブにゴールへ向かう動きを見せたため、チーム全体を前へ引っ張り、ボールを取りに行くラインを上げる効果となった。
一方ペトロヴィッチ監督だが、青山に代えて高柳、高萩に代えて平繁と、カードを切るたびに機能が低下していくありさまだった。
特に平繁は完全に消えており、点が欲しい際のオプションになりえないばかりか、それ以前にJ1で通用するレベルにない。
あれなら前田俊介の方が数倍マシである。
高柳や楽山も何もできなかったが、平繁はそれを感じさせないほどに酷かった。

個人の批評を続けるが、まず開幕戦で非常に不安定だった佐藤昭大。
今日は3失点したものの、もはやノーチャンスのゴールばかりであり、どうしようもなかった。
プレイ自体は問題なく、上手く修正してきたと思う。

問題はストヤノフ。
ストヤノフのフィードは間違いなくJリーグ最高レベルなのだが、さすがに多すぎる。
パスコースを探しながらの危なっかしいドリブルキープも目立ち、周囲との連携や、メンタルの部分であまり充実していないようにも見える。
また、持ちすぎて流れを停滞させている感も否めない。
今日は服部を下げたが、ストヤノフも決してアンタッチャブルな存在ではない。

槙野と森脇に関しては、このくらいは想定の範囲内。
攻撃面での貢献は大きく、守備は経験を積むことで成長していってもらうしかない。
あと槙野、中途半端な気持ちではPKキッカーは務まらんよ。

まあ、広島のサッカーはミスをすれば簡単に3、4失点してしまう。
それと同時に、1試合3、4点くらいは取れるサッカーをしており、今日の後半はそれができていた。
柏木と佐藤寿人が何度もあったチャンスを決めていれば、普通に勝てた試合だった。
寿人もまた、アンタッチャブルではない。

今日のマンオブザマッチだが、勝っても負けても無理やりサンフレッチェの選手から選ぶことにしているため、マークを受けながらも華麗な突破を見せたミキッチに一票。

大宮に触れると、マトの存在は大きい。
思ったほど足元でどうこうというのはないが、高さは驚異であり、広島のクロスボールは全部マトにはね返されていた。
今後大宮と対戦するチームは、いかにしてマトを外すかという部分を考える必要がある。
ポジショニングやカバーリングの巧みさも含め、さすが元クロアチア代表と思わせるものだった。

あと、藤本は相変わらず嫌らしいプレイをするな。
消えてたり、サボってたりする場面もあるが、藤本がボールを持つと可能性を感じさせる。

藤田や新井、今後復帰してくるであろう主力を含め、大宮はちょっと面白い存在になるかもね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何もできない男 | Coup de Vent | マリノスのやりたいサッカーについての考察>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |