Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

2009 Jリーグ 鹿島アントラーズ×サンフレッチェ広島

実力の差、選手の差と言ってしまえばそれまでだが、まあ酷い試合だった。
運動量をベースにポゼッションサッカーを志向するチームがあんな試合をしてはいけない。
何でこうなったのか、理由は明白。
ポゼッションできなかったから。

J2ではどのチーム相手にもポゼッションできた。
天皇杯もそう。
マリノス戦も、アルディージャ戦もそうだし、キャンプでのパルチザン戦もある程度ポゼッションはさせてもらえた。
だが、アントラーズにはポゼッションどころか、まともにボールに触らせてもらえなかった。
そのため、ラインがずるずる下がり、代名詞である『人もボールも動くサッカー』を自ら封印してしまった。
ずいぶんと脆いサッカーである。

それでも、そのうち修正してくるだろうと思ったが、ついに試合中修正されることはなかった。
これは監督の采配によるところが大きい。
サッカーはいつも上手くいくわけではない。
だから、上手くいかないとき、いかに修正できるかがカギとなる。
「上手くいかなくても自分たちのサッカーを貫く」では、何の工夫もなく、何の解決にもならない。
それでは、勝つことを自ら放棄しているも同然。
人間は考える動物である。
「ツキがない」、「○○がいれば・・・」なんて言ってられない。

今日の試合で言えば、サイドを完全に制圧した鹿島に対し、何故4バックにしてサイドに2人ずつ置かなかったのか?
そういった答えがないし、誰も聞かない。
本当に不思議で仕方ない。
交代枠を余らせたことも疑問。
守るにしても、攻めるにしても、何で使わないのか。
あの状態ではどのみち、盛田か楽山しか選択肢はなかった。
選手交代とは先手必勝が定石。
相手の出方を見てからとか、アクシデントが怖いとか言ってるうちは、勝つための選手交代はできない。
優秀な監督は躊躇なくさっさとカードを切るものだ。

技術的な部分では、雨が降ろうが風が吹こうが、トラップくらいまともにしろと言いたい。
そういった基本的な技術の差はかなりあったように思う。
高萩と高柳は本当に使えない。
あれでは存在価値がないと言っていい。
青山、服部も含め、この4人は仕掛けられない、奪えない、運動量ない、プレイの選択肢が少ないということで、もう話にならない。
頼みのミキッチも今日は何一ついいところなし。
このように全くサポートがないため、柏木は無理なドリブルやスルーパスを強いられ、佐藤寿人は前線で孤立。
これでは勝てない。

マンオブザマッチは該当者なし。
いいプレイをした選手は誰一人としていなかったし、決定的なシーンも1つもなかった。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<栄光を捨てたコーエー | Coup de Vent | 何もできない男>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |