Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2009 Jリーグ ガンバ大阪×サンフレッチェ広島

PKの判定はちょっとよくわからないところではあったが、この内容ならいい試合だったと言えるのではなかろうか。
後半、楽山からの折り返しを柏木が決めていれば文句なかったが、それは柏木の決定力の低さを考えると、高望みというものだろう。

ただ、今日こういった試合ができたのは、相手がガンバだったからという点が大きい。
恐らくガンバはJリーグの中で、鹿島に次ぐ実力を持ったチームと思われる。
しかしながら、ゆっくりパスをつなぎ、ラインを高く保ってくれるガンバは、広島のスタイルからして、非常に組みやすい相手である。
そして、こんなサッカーをしてくれるクラブはさほど多くない。

マンオブザマッチは度々酷評している高柳。
フィジカルとアグレッシブさでチームにダイナミズムを与え、同点ゴールもゲット。
柏木や寿人と近い距離を保てたことと、厳しい場面でのキープでチームを助けたことも高く評価したい。
とはいえ、波が激しい選手でもあるので、継続しての活躍を期待したい。

その他では、強行日程ながら攻撃の起点として機能していたストヤノフ、冷徹なまでのふんわりクロスでチャンスを演出する服部はチームに欠かせない存在であることを証明しただろう。
チームのアシスト王である服部に関しては、いかにして高い位置で、かつフリーの状態でボールを預けることができるか?
それがサンフレッチェが上手くいっているかどうかのバロメータの1つである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<永川勝浩の成長のなさについて | Coup de Vent | 栄光を捨てたコーエー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。