Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

永川勝浩の成長のなさについて

入団以来、全く進歩がないように見受けられる。
そう、広島東洋カープの永川勝浩投手のことである。

今ではすっかり野球に対する興味を失ってしまったが、高校、大学、卒業後1、2年くらいまでは、結構マニアックなカープファンを自認していた。

永川と言えばフォークである。
カープに在籍したフォークピッチャーと言えば、大野豊、紀藤真琴、横山竜士が思い浮かぶ。
大野に関しては、色々な球種を持っており、晩年はそれほどフォークを投げていなかったように思う。
イメージが先行しているのかもしれない。
紀藤の場合は、フォーク云々以前にネガティブな印象が強すぎる。
当時は紀藤が投げる試合=負け試合というイメージがあった。
横山は別格だった。
あれほど鋭く落ちるフォークを投げる投手は見たことがなかった。
ストレートに勢いがあり、コントロールもよく、文句のつけようがない投手だった。
ルーズショルダー発症後は変化球はカーブ主体になったが、全盛期のフォークは脳裏に焼き付いている。
小林幹英もいいフォークをもっていたが、横山のそれを見た後ではさすがに見劣る。
そもそも、実質ルーキーイヤーだけだったし・・・。

で、永川のフォークだが、彼らのフォークとは根本的に違う変化球であり、『落ちる』と言うよりは、『曲がる』と言った方が正しい。
“ハマの大魔神”佐々木主浩のフォークを、落差はそのままで、なまくらにしたような感じである。

この永川、球種はストレートとフォークのみ。
カウントを稼ぐフォークと、空振りをとるフォークを使い分けていたが、コントロールが絶望的に悪いため、カウントを悪くして四球連発、甘く入ったストレートやフォークを痛打されるという不安定な投球を繰り返してきた。
佐々木の場合、フォークはもちろん、ストレートまでも、わかっていても打てないという大変厄介なものであったが、永川のそれは、ただもの珍しいだけであり、わかっていたら簡単に打たれる程度のものでしかなかった。
そのため、一時期スライダーやツーシームを習得しようとしていたようだが、結局プロで通用する代物にはならなかったようである。
普通これだけ不安定な投手は使いたくないと思うのだが、カープのリリーフ陣がどうしようもないくらい駒不足だったこと、適性から言ってクローザーしか向いていないこと、何だかんだで干すには惜しい素材であることから、仕方なくクローザーで起用してきたものと思われる。
そもそも、彼が新人の頃クローザーに抜擢された理由は、当時のクローザーであった小山田保裕のコンディション不良である。

そんなわけで、紆余曲折を経て使い続けた結果、そこそこの成績は残せるようになった。
もっともクローザーは抑えて当り前のポジションであり、セーブのつく場面でばかり投げているため、数字がついてくるのも当たり前と言える。
実際、投球内容は危なっかしく、完全に結果オーライの投球を続けていた。
そんなピッチングを続けていれば、そりゃ打たれる割合も高くなるわな。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×柏レイソル | Coup de Vent | 2009 Jリーグ ガンバ大阪×サンフレッチェ広島>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |