Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×柏レイソル

結果は4-1ではあるけど、取り立ててどこがどうよかったかと言われると、コメントに困る。
ミスも多かったし、もっと取れるチャンスもあった。
後半の中盤~終盤では柏にかなり主導権を握られた時間帯もあった。
それでも圧勝できたというのは、純粋にサンフレッチェが強かったということかもしれないね。

レイソルの試合の入り方は非常によかったように思う。
欲を言えば、相手がいい時に早めに点を取れれば「おお、サンフレッチェ強いな」と思えるのだが。
ただ、これも当たり前のように4点取れているということを評価すべきなのだろうね。

触れておきたいのは高萩。
試合展開を考えればあれでよかったのかもしれないけれども、もう少し積極性を見せてほしかった気もする。
シュートを撃てるチャンスもあっただけに、もったいないなと。
パスを出すのは彼のプレイ哲学なのかもしれないけれども、今の高萩はコンスタントに試合に出場できるという状況ではないだけに、次、もっとシリアスな状況で試合に出したいと監督に思わせることができたかと言われると、どうかとは思う。
それでも体のキレは戻ってきたとは思うし、パスにしても、通っていれば「さすが高萩」となるわけであって、キャンプ終盤のグロンペイン症候群からの復調という面では一定の評価をしたい。

試合全体を通して、とりわけ誰がよかった、悪かったというのはないのだが、とりあえずマンオブザマッチは佐藤寿人に決定した。
ゴールはラッキー以外の何物でもないが、2、3人に囲まれたり、タッチライン際であったり、ゴールに背を向けた状態であったりという、苦しい体勢からでも、しっかりポストプレイや球出しができていたという点を評価。
1トップで周りを活かしながら、自らを活かすこともできる数少ない日本人FWと言える。
かつてはとにかく裏一辺倒、ゴール前でのポジショニング命というだけの選手だったが、年々ポストプレイやドリブル、プレイのアイディアに進化が見られる。
こういった元々オフザボールの動きに優れた選手というのは、年々オンザボールでの動きが上達していくので、長く活躍できるという印象があるね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ブエナビスタのレースぶりについて | Coup de Vent | 永川勝浩の成長のなさについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。