Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2009 Jリーグ グランパス×サンフレッチェ&サンフレッチェ×エスパルス

まずはグランパス戦。
この試合はストヤノフとミキッチの不在の影響を強く感じた。
ストヤノフの射抜くようなロングフィードや、ミキッチのドリブル突破、前線への飛び出しがなく、チーム全体がダイナミズムに欠けていた感がある。
名古屋のタイトな守備もあり、なかなか思うようにポゼッションさせてもらえず、そういう意味では、鹿島戦に次ぐ悪い内容の試合だった。

1つ納得いかなったのは55分のシーン。
柏木が佐藤寿人からリターンをもらった際、左に服部、中央に寿人、右に高萩がそれぞれフリーの状態であり、4対3という極めて有利な状態であったにもかかわらず、柏木はPA外からのミドルシュートを選択。
結果DFに当ててしまうわけだが、この状態でシュートを撃つなら、絶対に決めないといけない。
このシーンは左の服部に出しとけば、かなりの確率で1点入ったと思っている。
服部がフリーでクロスを失敗することはまずない。
ターゲットは完全にドフリーだった高萩になるが、この状態でシュートミスする可能性はかなり低いように思われるし、楢崎がこぼしても寿人が詰めている。
今シーズンは強引なドリブル突破など、エゴイスティックなプレイも目立つ柏木だが、この場面は完全に判断を誤ったと言い切っていい。
この瞬間、この試合広島の勝ち点3がなくなった。

グランパスは何といってもダヴィ。
一昨年フッキの後釜として札幌に入団した際は、まさかここまでの選手に化けるとは思わなかった。
もはや戦術ダヴィというレベルであり、恐らく欧州のどのリーグでも通用するだろう。
槙野や森脇が何度もブチ抜かれていたが、よくあれで失点しなかったと思う。

この試合のマンオブザマッチは中林。
ダヴィ絡みで危険なシーンが何度もあったが、落ち着いた対応でゴールを割らせなかった。

そして今日のエスパルス戦。
ポゼッションはできたが、最後の部分で清水の堅い守備を崩すことができず、2戦連続のスコアレスドロー。
寿人や高萩が何度かゴール前でチャンスを迎えるも、清水の体を張った守備の前に、なかなかシュートまで持っていけなかった。
サンフレッチェが崩し切ったシーンは、63分に高萩が柏木に出したシーン(ファウル)くらいじゃないだろうか?
日程的にキツいのは解るが、最後もうひと工夫ほしいところ。
腰の痛みによるものか、今一つキレのない佐藤寿人のコンディションも気になる。
ミキッチも1試合休んだ割には低調であったし、高萩も今日はダメ萩だった。
森脇は相変わらずプレゼントパスを連発しており、交代出場の3人もチャンスに絡むことができなかった。

エスパルスに関しては、守備面でのレベルの高さは感じたが、あのサッカーじゃ点は取れないだろうなということも感じた。

この試合もマンオブザマッチは中林。
山本の強烈なミドルシュートや、永井の決定的なヘディングなど、不可能を可能にするセーブを連発。
この調子なら、いずれ代表も見えてくるのでは?と思わせる出来だった。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×FC東京 | Coup de Vent | 2009 Jリーグ サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。