Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2009 Jリーグ 大分トリニータ×サンフレッチェ広島

中断前の最後の試合となったトリニータ戦は、チャンスを決めきれない悪癖により、かろうじて薄氷の勝利を収めた。

マンオブザマッチは柏木。
よく走れており、得点の場面、倒れながら青山へパスを出したプレイも大きかった。

問題は得点以外のチャンスシーン。
高萩は元々こんなもんと言えばそうだが、どれか1つは決めないといけない。

平繁はいい加減にしてほしい。
馬鹿正直すぎた西川との1対1もさることながら、状況をまったく考えることなく、無謀にDFの間を割ろうとしすぎる。
もうね、見てて明らかにDFの間なんて開いてないわけですよ。
平繁はDF2人を吹っ飛ばすつもりなんですかね?
サポートがないなら解るけども、すぐそばにいい体勢で受けれる味方がいるわけですよ?
それにもかかわらず、馬鹿の1つ覚えのような自分勝手なプレイを繰り返す。
無謀と勇気を履き違えたオナニープレイ以外の何物でもなく、チームプレイを冒涜していると言い切っていい。
かつての前田俊介のそれが許されず、平繁のそれが許されるというのは、どう考えてもおかしい。

ドリブルで抜いてゴールできれば満足。
『チームがどうなろうが、自分が目立てばいい』というカントナ的発想を地でいく平繁。
しかしながら、視野の広さと創造性に欠けるため、ゴールどころかドリブルで抜くことすらできない平繁。
こんな選手をピッチ上に放置しておくのは危険すぎる。

その他では、同じく途中出場の横竹はまるで試合に入れておらず、完全に消えていた。
アディショナルタイムで無理せず時間を使おうとしているときにチャレンジパスを選択するなど、平繁ともどもヘッドワークに課題がある。
経験を積ませるという意味では収穫だったが、1-0の展開で切るにはハイリスクなチョイスだったように思う。

大分は一時期のグダグダ感はなく、前半や後半の中盤以降は、悪くないサッカーをしていたように思う。
金崎はミスやエゴイスティックなプレイが多かったが、清武、小手川、東など、将来性を感じさせる若手はいる。
後半終盤はチャンスもあっただけに、トリニータとしてはむしろこここで中断に入らない方が良かったのではないだろうか?

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ボクも世の中から除外されそうです | Coup de Vent | 岡田監督の選手選考について Ⅲ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。