Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

サンフレッチェのシャドウストライカーについて

サンフレッチェには森崎浩司、高萩洋次郎、高柳一誠、桑田慎一朗、柏木陽介という5人のオフェンシブミッドフィルダーがいる。
長期離脱中の森崎浩と桑田は置いといて、残りの3人の比較をしてみた。

ボールタッチ

これはわかりやすい。
高萩の繊細なタッチはチーム全体の中でもトップクラス。
高柳は高萩のような柔らかさは感じさせないものの、水準以上の安定したタッチができる。
下半身がしっかりしているせいか、雨でスリッピーなコンディションでも問題なくプレイできるのも特徴といえる。
これに対して柏木は足元の収まりが非常に悪く、ボールがかなりバタつく。
それがいい方に出る場合もあるが、大抵は無駄なタッチが増えたり、空振るケースが目立つ。
ベルカンプやクライフェルトらを例に出すまでもなく、足元に吸い付くようなタッチが理想だと思うが、それとは程遠いレベルである。


ドリブル

若いころはそれほどドリブラーという印象はなかったが、高柳のドリブルはチーム内で上位といえる。
1対多数の場面でドリブルを選択するケースが目立ち、DFの間をすり抜けたり、シュートフェイントを入れて切り返したりと、なかなか器用なプレイもできる。
高柳のドリブルが突破のためならば、柏木のドリブルはキープに重点を置いたドリブル。
1人2人と相手を抜いてゴールへ向かうことはできないが、起点や時間、スペースを作る意味で効果的といえる。
突破してシュートではなく、ラストパスのためのドリブルといったイメージ。
高萩も上達はしてきているが、まだボールを動かすためのドリブルに過ぎない。


パス

チームのアシスト王である柏木のラストパスは一撃必殺のキラーパス。
GKとDFの間など、ショート~ミドルレンジのパスを嫌らしいところに通してくる。
特にエースの佐藤寿人との相性が抜群によく、2人のパス交換から崩すシーンも多い。
高萩のパスは丁寧で正確なエンジェルパス。
難しい体勢からでも、受け手に優しく、見た目にも美しいパスを通せる。
ミドル~ロングレンジのパスは高萩の真骨頂。
高柳は他の2人に比べるとやや雑さが目立ち、意外性のあるパスも少ない。


シュート

全員決して上手いとは言えないが、強いて順位をつけるなら高萩、柏木、高柳の順。
技術自体は高萩が最も高く、遠くからでも狙える。
柏木は結構外しているイメージもあるが、それなりにゴールは決めている。
もっとも、冷静にコースを狙って蹴り分けられるほどの技術はない。
高柳は力強いシュートで遠くからも狙えるものの、いかんせん精度に課題がある。
最近はある程度枠には飛ぶようになったが、大抵GK正面だったりする。


総合的に見て、運動量の豊富さや、ゲームメイク、ラストパスの部分での貢献から柏木の重要度はかなり高い。
柏木がいるのといないのとでは、ゲーム全体にかなりの影響を及ぼしてくる。
高萩は簡単にボールを失うことが少なく、森崎和幸不在の中盤にあって、最もゲームを落ち着かせることができる。
ここぞというところで頼りになる選手ではあるが、やや好不調の波が激しいのが難点。
高柳はドリブルという武器があり、ゴール前にもよく飛び出してくれるのだが、いかんせん調子の波が激しすぎる。
故障がちという問題もあり、今一つ頼りにならない部分がある。

今シーズンはそれぞれが故障を抱え、高萩と高柳は数試合を欠場しているが、3人のうち、2人は必ず出場可能な状態にあったので、大きな問題は出ていない。
ただ、2人しかいないとベンチが非常に心もとなくなり、平繁や李漢宰がファーストチョイスになってしまうので、なるべくなら避けたいところ。
何にせよ、3人のさらなる成長に期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<違うのだよね、これが | Coup de Vent | 2009 Jリーグ 浦和レッズ×サンフレッチェ広島>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |