Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

AFCアジアカップ最終予選 日本×サウジアラビア戦について

一昨日のAFCアジアカップ最終予選サウジアラビア戦。
日本が3-1で勝利したわけだが、まあ皆さんのおっしゃる通り、オシム監督が就任してベストゲームと言える内容だった。
ただ、失点の場面は気に入らない。
ボールの取られ方が悪かったのは勿論だが、それ以上に問題なのはその後である。
あれよあれよという間にゴール前まで運ばれ、人数も揃って完全に数的優位だったにもかかわらずPKを献上。
これはオシム監督が就任する以前からの問題点である。
人数が足りているのにPKを与えた理由としては、日本人が1対1のディフェンスに弱いという点が挙げられる。
そのため相手と距離を置き、まず抜かれないディフェンスをする。
だが相手と距離を置くということは、相手に自由を与えるということである。
優秀なDFの条件に、対面する相手に対して安易に飛び込まないというものがある。
それはそうなのだが、じゃあ優秀なDFは絶対に飛び込まないのかと言うとそうではない。
危険な場面では早めに潰しに行くし、スライディングもする。
ところが日本人は相手を警戒するあまり飛び込めないのである。
あれほど人数がいながら誰も飛び込まない。
ペナルティエリアに侵入されてからやっと取りにいったわけだが、いや、逆だろうと。
ペナルティエリア外で取りに行き、ペナルティエリア内では迂闊に取りに行かないもんだろう、普通。
当たり前だが、ペナルティエリアで倒したらPKである。
倒さなくとも相手が勝手に倒れたり、審判の誤審によりPKというのは可能性として非常に高い。
ペナルティエリアの外ならファウルになってもFKですむ。
PKとFKでは全然違う。
なぜペナルティエリアに侵入を許す前に止めないのか?
数的不利でやむを得ず止めに行ってPKというのは理解できる。
しかし、数的有利で誰もチャージに行かずにPKという事態はあってはならない。
ミスのスポーツであるサッカーにおいて、パスミスをする度に1点もののピンチを迎えてしまっていては、より精度の高いチームには勝てないよ。
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<とりあえず | Coup de Vent | 国際GⅠレースの外国馬について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |