Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

リーチザクラウンの実力とは?

デイリースポーツ吸収合併へ=来年3月めどに-神戸新聞
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009102600503

ボクは阪神ファンではないけれど、昔は親がよく買ってきてたこともあり、割と身近な存在ではあったのであるよ。
当時はどちらかというとニッカンスポーツの方が好きだったけれどもね。
よくわからないけれども、スポーツ新聞も斜陽なのかな?

ということで、スポーツ新聞と言えば競馬。
菊花賞はスリーロールス(牡3、栗東・武宏平厩舎、浜中俊)が勝つ波乱の結末となった。
スリーロールスが今後活躍できるかどうかは怪しいところではあるが、母のスリーローマンはボクが競馬場に通い詰めていた頃に走ってた馬であり、何となく時代を感じさせる。

2着にはエアグルーヴの仔、フォゲッタブル(牡3、栗東・池江泰郎厩舎、吉田隼人)が入り、ダンスインザダーク産駒のワンツーとなった。
自身も菊花賞を制したダンスインザダークは、本当に菊花賞だけは強い。
菊花賞馬の産駒ということでは、マンハタンカフェ産駒も4、6着(18着も)。
3着にセイウンワンダー(牡3、栗東・領家政蔵厩舎、福永祐一)が入ったりしているので一概には言えないが、やはり菊花賞は長距離適性がないと好走できないレースと言える。

惨敗した皐月賞馬は放っといて、今回も一歩足りないレースとなったリーチザクラウン(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎、武豊)。
適距離とは思えない3000mでイレ込みながらも5着という結果は悪くないが、この馬が強いか弱いかと聞かれると、「う~ん」というのが正直なところである。
レベルが怪しいこの世代(毎年そんな感じではあるけど)において、気性以前に能力的にワンパンチ足りない感は否めない。
現状はアドマイヤメイン級といったところだと思うが、果たして今後覚醒するのだろうか?

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ユタカカンパニー、倒産寸前か? | Coup de Vent | 高萩洋次郎とは一体何なのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |