Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

プレイオフ1stレグについて

ワールドカップ予選の欧州プレイオフ1stレグは、ギリシャ×ウクライナがスコアレスドローに終わった以外は全て1点差という、2ndレグの結果でどうにでもなる試合ばかりとなった。

注目のポルトガル×ボスニア・ヘルツェゴビナを見たけれども、やはりそういう印象。
ポルトガルはチームとしては悪くないサッカーをしていたとは思うけども、リエジソンやデコは決定的なチャンスで決め切れず、キャプテンマークを巻いたシマオンもチャンスに絡めなかった。
途中出場のファビオ・コエントラオンに至っては全く役に立たなかったし、ボスニアのロングボールに対し、常にピンチと隣り合わせの状況だったDFラインを見ると、2ndレグはボスニアが有利な形で試合を進められそうであるよ。

逆にボスニアはチャンスがあっただけに、点が欲しかった。
ホームの2ndレグをいい感触で迎えられる試合ではあったけれども、前半のイブリチッチ、後半のジェコとムスリモヴィッチのシュートがクロスバーとポストに嫌われたことが最後に影響しそうな気がする。

2ndレグのカギを握るのは両監督の采配だろうね。
1stレグのケイロスのファビオ・コエントラオン投入はあまりにも無謀だったし、実際大ハズレだったように思う。
まさか2ndレグの試運転ってわけでもないだろう。
ゲームを終わらせるためにティアゴを投入しながら、終了間際にウイングのシマオンに代えてウーゴ・アウメイダを投入したのもよくわからなかった。

“チーロ”・ブラジェヴィッチは先発メンバーを引っ張り、交代枠を余らせたあたり、何が何でも勝ちにいってないように見えたが、選手交代自体は攻撃的だったことに矛盾を感じた。
ピャニッチを87分に投入して何をしろというのか?
2ndレグでどういう選手起用、あるいはシステムでくるのか見ものであるね。

一方、アフリカ予選の最終節ではグループBの首位だったチュニジアがモザンビークに負け、同2位だったナイジェリアがケニアに競り勝ったため、ナイジェリアが逆転で本大会出場の切符を獲得。
グループCではエジプトがアディショナルタイムで2点目を取って2-0で勝利し、勝ち点、得失点差、総得点が並んだため、アルジェリアと1試合のプレイオフを行うことになった。
可能性としては十分考えられたのだけども、さすがに出来すぎな感もあるね。
プレイオフは普通に考えればエジプトが断然有利ではあるけれども・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<残念なジャパンカップ | Coup de Vent | プレイオフに臨むポルトガル代表について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。