Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

サンフレッチェ広島 今季の総括と補強について

GK
シーズン中、4人全員が離脱するという世にも珍しいシーズンだった。
そんな中にあって、正GKに定着した中林の成長はチームを救った。
中林なしでは4位という成績はありえず、そういった意味では貢献度はチームNo.1かもしれない。
それだけに、大分の西川獲得の動きには納得がいかない。
既に獲得濃厚という情報ではあるが、恐らく1度目の契約更改を保留した下田が移籍の意思を固めたのだろう。
それにしても、中林に対する敬意に欠けた補強ではないか?

DF
終盤にストヤノフが抜けたのは痛かったが、中島がよく穴を埋めた。
今季新加入の中島は、スタメン、控え、スウィーパー、ボランチと獅子奮迅の活躍で、チームに大きく貢献した。
槙野は攻撃面では貢献したが、1対1での守備では不満が残る。
とりわけ外国人相手にかなりやられていたあたり、まだ代表には遠いだろう。
その他では、盛田はいぶし銀の働きを見せたが、森脇は不用意なミスやプレゼントパス、無謀なアーリークロスを連発し、相手チームに大きく貢献していた。
森脇が試合に出なくていいよう、CBを1枚補強したいところではある。

MF
森崎兄弟の離脱により、高萩、高柳、横竹らがチャンスを得たが、不安定なパフォーマンスに終始し、誰一人として皆を満足させる結果を出せなかった。
また、柏木依存症は深刻で、来季どうやって柏木の穴を埋めるのかは課題だ。
来季以降もフル稼働が難しそうな森崎兄弟をうまく休ませるためにも、織田強化部長が明言しているように、補強が欲しいところだろう。
個人的には、シャドウとしての限界が見える高萩をボランチに下げ、攻撃的な外国人MFを獲得というのが理想形に見える。
サイドは役に立たなかった李漢宰と楽山を放出し、川崎から山岸、流通経済大から石川を獲得した。
山岸には左WBのレギュラー獲得はもとより、ポジションは違えど、柏木の穴を埋めるエース級の働きが期待される。

FW
エースの佐藤寿人以外はサッパリな1年だった。
平繁は未だにチームにフィットできておらず、李忠成も期待外れに終わった。
久保を放出したが、佐藤寿人が代表に召集されることも踏まえ、このポジションに実力者、理想は長身の外国人選手がいれば心強い。


今季は4位だったが、だからと言って来季は3位以内に入れるという保証なんてない。
中盤から終盤にかけては苦しい試合が続き、上位クラブや、いわゆる格上相手には、満足にポゼッションすることができず、引きこもって佐藤寿への縦ポンサッカーに終始したのは事実である。
また、以前も述べたとおり、パスサッカーを指標するチームにしてはパスミスが多すぎる。
まだサンフレッチェの力は本物ではない。
チームの中心だった柏木が抜け、ACL出場の可能性を残す来季は真価を問われる1年となる。
クラブにとっても、ペトロヴィッチ監督にとっても重要なシーズンになるのではないか?

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<サンフレッチェ広島のACL出場について | Coup de Vent | 残念なジャパンカップ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |