Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

柏木の穴

ガンバから大分へレンタル中だった元日本代表の家長だが、ライバルクラブのセレッソにレンタル移籍することとなった。
残留が決まった元日本代表の香川、日本代表の乾、大分から獲得した清武と、まさにファンタスティックな中盤である。
もっとも、この4人のうち、試合に出るのは恐らく2人だけになると思われるが・・・。
ま、香川に夏の海外移籍という可能性がある以上、いい補強ではある。
セレッソはこのオフ、磐田からGK松井、FC東京からDF茂庭、大分からDF上本、前述の清武、FW高橋、ガンバからFW幡戸、他にも何人もの選手に声をかけており、非常に節操がないように精力的に映る。

それに比べ、サンフレッチェは・・・。
元日本代表の山岸は川崎ではパッとしなかったが、いい選手ではあるよ。
日本代表の西川もスーパーな選手と言える。

だが、最優先の補強ポイント―柏木の後釜―がまだ埋まってない。
大分の金崎と千葉の工藤に声をかけたが失敗。
その間、鹿島の増田、ガンバの寺田、前述の清武、家長といった、退団が確実視されていた若手の攻撃的MFには見向きもしなかった。
やっと次の戦力を獲得したかと思えば、FWの山崎。
山崎のさまざまな経験と実績には確かなものがあるが、言ってみれば佐藤寿人の控え―というか、昨季最後までフィットしなかった李忠成の代役である。
寿人が個の力で打開できないので、新しいFWには独力で突破できる選手か、高さと足元を兼ね備えた選手を期待していたが、山崎にしても李にしても、ざっと括れば寿人と同タイプである。
また、ボクはこの2人はポストプレイというイメージがなく、1トップで寿人の代わりを務められるかと言われると、はなはだ疑問である。

話がそれたが、恐らくフロントはもう攻撃的MFの獲得を断念したように思う。
サンフレッチェには金がないことと、そういう背景も含めてペトロヴィッチ監督が急進的な補強を望んでいないことがその理由だ。
トルコキャンプでの現地調達の可能性は残っているが・・・。
ただ、基本的には高萩、高柳、それに昨年を棒に振った森崎浩司と桑田、ユース上がりの大崎、あるいは山岸や李をこのポジションで起用するなどして回していくという方針なのだろう。

だが、オンザボールで突っかけていく力がない選手や、走力に欠ける選手、体を張ってキープができない選手や、よく怪我をする選手ばかりで、真の意味でJ1上位のレギュラークラスという選手は上記の中にはいない。

健全経営が何よりも優先されるのは当然だが、今のままでは、『柏木の穴を埋められなかった』というシーズンになるような気がするぞ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |