Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

バカじゃないのか?

サンフレッチェの新ユニフォーム発表と同時に、登録名の変更も発表された。
バカじゃないのかと思う。
確かにブラジル人などは、ニックネームをそのまま登録名にするケースが極めて多い。
名前が長い選手が愛称をネームに入れるケースもある。
が、彼らは日本人である。

佐藤寿人が『HISATO』にしたのは、同姓の佐藤昭大がいたこともあり、『HISATO』という愛称が定着していたためである。
『KAZU』、『KOJI』も同様である。
『SHIMO』、『AO』、『CHUNSON』、『ISSEI』、『YOJIRO』、『TSUBASA』、『RYOTA』、『KOHEI』、『SHINO』、『TOMO』、『YUTARO』には何の意味もない。
ただ、チーム内での愛称というだけだ。
ふざけるな!
遊びじゃねぇんだよ!

「俺、今日から登録名を小林からコバに変えます!」
「お世話になっております、○×商事のコバです!」
なんて通用するか?
ボケが!

社会人2年目3年目でろくに試合にも出てない奴までふざけたことをしてやがる。
そんなに自分の名前にプライドがないか?
俺は『TAKAYANAGI』とか『TAKAHAGI』とかカッコいいと思うぞ?
プロの選手として、これまで築き上げた箔が、大きくダウンしてしまった印象である。
Jリーグもこんなふざけた行為には“NO”を突き付けるべきだ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。