Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

遥かなるインド

少し前、“サイバーテロリスト”KAMIYAにLOUDNESS、というか高崎晃の『インド3部作』とはどのあたりが『インド』なのか?
という話になった。

まあ、正直聴いたことないんだけども、ボクが
「ドゥームメタルみたいな音楽らしいぜ?」
と言ったら、KAMIYAは
「あぁ?何がドゥームメタルや?」
「違うんじゃいや、ドゥームゆうんは絶望なんじゃ!希望がない音楽なんじゃ!」
「朝起きて、ああ、今日も出社せんといけんゆう、この絶望なんじゃ!」
「何でもかんでもドゥームドゥームようる奴は意味を解ってないんじゃ!本当のドゥームを知らんのんじゃ!」
と、ぶちまけ、さらには
「ブッダ・ロック?ブッダなんは高崎の頭じゃろうが?」
「もっとブッダ・ロックゆうんに相応しいんは高崎より前にいくらでもおったわ!」
「大体GHETTO MACHINEってタイトルからしておかしかろうが?」
「何でユダヤ人居住地区がマシーンなんや?あ?」
「DRAGON?ENGINE?どこがインドなら?」
と、『ブッダ・ロック』を一蹴しおった。

しかしながら、この『ブッダ・ロック』はKAMIYA的にツボだったらしく、その後、約5分間の間にKAMIYAから15通もの病的なメールが送られてきて参った。


ちなみに後日、『ブッダ・ロック』をチラッと聴いてみたが、何らインドと関連性のない音楽であった。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 日記 2009年 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |