Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ローズキングダム惜敗から見る2010牡馬クラシック路線

ローズキングダム(栗東・橋口弘次郎厩舎、小牧太)の3歳緒戦、スプリングSは3着という結果に終わった。
無敗馬が3歳緒戦で3着に敗れるというケース、アドマイヤドンとまったく同じであるね。

あの年はタニノギムレット、チアズシュタルク、ローマンエンパイア、ヤマニンセラフィム、バランスオブゲーム、ヤマノブリザード、メガスターダム、モノポライザーなど強豪がひしめき合った、まれに見る大混戦のクラシック戦線であり、無敗の2歳王者アドマイヤドンが抜けているなんて評価はほとんどなかったように記憶している。

デビュー2連勝しながら若葉Sで惨敗し、人気の盲点となったノーリーズンが皐月賞を勝ったあたり、この年のクラシック戦線がいかに混戦だったかということが窺える。

さらに、ダービーでは藤沢厩舎のマチカネアカツキとシンボリクリスエス、NHKマイルCの覇者テレグノシス、ダート2連勝中のゴールドアリュールも出走してきて、この年の宝塚記念3着馬ローエングリンが抽選ではじかれるという、本当に収拾がつかない世代だった。

今年は、そんな2002年のクラシック戦線に近いと思う。
弥生賞勝ちのヴィクトワールピサ(栗東・角居勝彦厩舎)、共同通信杯勝ちのハンソデバンド(美浦・尾形充弘厩舎)、同2着のダノンシャンティ(栗東・松田国英厩舎)、きさらぎ賞勝ちのネオヴァンドーム(栗東・藤原英昭厩舎)、同2着のレーヴドリアン(栗東・松田博資厩舎)、若葉S勝ちのペルーサ(美浦・藤沢和雄厩舎)、同2着のヒルノダムール(栗東・昆貢厩舎)、そしてスプリングS勝ちのアリゼオ(美浦・堀宣行厩舎)。
他にもリルダヴァル、トゥザグローリー(以上、栗東・池江泰郎厩舎)、ルーラーシップ(栗東・角居勝彦厩舎)など、大物感を漂わせるスター候補生がひしめき合っている。

よって、ローズキングダムが本番で巻き返すことは難しいのではないか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。