Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2010 AFCアジアチャンピオンズリーグ サンフレッチェ広島×アデレード・ユナイテッド

ACL4試合目にして、やっとまともに見れる試合ができた。

ベーシックな部分がそう変わったわけじゃないけども、今のやり方の中での修正というものはしっかりできていたように思う。
特にボール保持者へのチェックであったり、ボールを失った後のプレスなどは前節と比べて格段によかった。
前半飛ばしたぶん、後半は酷いものだったが、それでも何とか我慢できてたし、ボール持ってる選手に遅れてでも行けてたからな。
前節と違って気持ちが感じられた。

ただ、最初からこのぐらいの試合をしなきゃいけない。
今日はホームでの試合という部分に助けられた面もあったと思うよ。

個人の評価だが、やっぱり山崎は違うな。
経験を感じさせるプレイ、アグレッシブにシュートを撃ったり、ドリブルで仕掛けていく姿勢。
パスあり、フリーラングあり、チャンスメイクからフィニッシュまで1人でこなしていた。
まさにファンタジスタ的なポジションだったな。
山崎ってこんな選手でしたっけ?

逆に気になったのは佐藤寿人。
キープすべき部分で安易なワンタッチプレイでボールロストしたり、ドリブルで勝負すべき部分で中途半端なパスやクロスを簡単にカットされたりと、全体的にチグハグした出来だった。
ゴールこそ決めたが、この試合に関しては広島のエースは完全に山崎だったな。

横竹は特別なプレイは何もしなかったが、自分の身の丈とチーム状況に合わせたプレイができていた。
前節の失敗からうまく学べていたと思う。

あとは西川。
今日のところは結果オーライだな。
いつ失点してもおかしくなかった。
フィードは確かに魅力的なんだけど、これなら中林の方が・・・という気にもなる。
クロスボールへの対処の拙さはちょっと致命的に思えた。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。