Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

ゼンノロブロイについて

今日のフローラSはゼンノロブロイ産駒のサンテミリオン(美浦・古賀慎明厩舎、横山典弘)が勝ち、2着もゼンノロブロイ産駒のアグネスワルツ(栗東・宮本博厩舎、柴田善臣)。

昨年はネオユニヴァース産駒が活躍したけども、今年はゼンノロブロイ産駒の活躍が目立つ。
前評判からして予想通りの状況ではあるけども、正直、ボクはロブロイが現役の頃から種牡馬として成功すると思った。
理由は簡単で、母系がMr. Prospector系だったから。

説明不要の大成功を収めたサンデーサイレンスだけども、Mr. Prospector系の繁殖牝馬との間に産まれたGⅠ馬はサイレンススズカ、スズカマンボと本馬の3頭。
かなり量がいたにもかかわらず、3頭というのは少なすぎる数であるね。
これにはいろいろ理由が考えられるのだけれども、話が脱線するのでやめとこう。

で、ご存じのとおりサイレンススズカは種牡馬入りできず、スズカマンボが種牡馬入りしたのはロブロイの後になる。
つまり、ロブロイは母系がMr. Prospector系のサンデーサイレンス産駒で、かつまともな成績を上げた馬の中で、最初にスタッドインした種牡馬である。
ちなみに、母系がMr. Prospector系のサンデーサイレンス産駒で最初にスタッドインしたのは、確かゴールドヘイローだったように記憶している。

ロブロイの場合、母父がマイニングというのが結構言われていたが、母のローミンレイチェルはマイニングの代表産駒で、唯一のGⅠ馬。
また、ローミンレイチェルの母父はClever Trick、母母父はPia Starと、いわゆるダート短距離血統。
そこにサンデーサイレンスであるから、配合的にまったく重さがない。

そんな訳で産駒は仕上がり早いだろうし、ダートもかなり走るだろうと思った。
アグネスタキオンに近いイメージね。

今のところ、ボクの予想以上に走っているけども、これ以上距離が延びてどうか?
あるいは成長力がどうか?
タキオン同様に、そういった部分でこれから問題が出てくるかもしれないね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |