Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

天皇賞・春の雑感

天皇賞・春はジャガーメイル(牡6、美浦・堀宣行厩舎、C.ウィリアムズ)が快勝した。
距離や勝ち味の遅さが不安材料に挙げられたが、終わってみれば何てことはなかった。
スタートからゴールまで本当にスムーズな競馬であったし、直線に向いてもマイネルキッツ(牡7、美浦・国枝栄厩舎、松岡正海)はいつでも交わせるという雰囲気だった。
着差以上に余裕のある、強い内容だったと思う。

あとはウィリアムズ騎手の馬を追うフォーム。
非常にきれいであるね。
動きに無駄がなく、馬をまっすぐに走らせていた。
さすがオーストラリアのトップジョッキーだなと思った。
オセアニアの騎手と言えば風車鞭を連想するけども、ウィリアムズ騎手はイギリスや香港でのキャリアもあってか、ちょっとスタイルが違うみたいであるね。

一方6着に敗れたフォゲッタブル(牡4、栗東・池江泰郎厩舎、内田博幸騎手)。
スタートで出遅れて慌てたのか、押して押して一気に中団まで進出したのが響いたんじゃないかな。
武騎手だったらああいう騎乗は絶対にしないな。
あとはレース間隔の問題と、これまで強い馬と戦ってないという部分も影響しただろう。
今後は宝塚記念に行くのだろうけども、距離短縮で果たして?というところであるね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | トラックバック:1
∧top | under∨

この記事のトラックバック

近づいてきてますね^^天皇賞・春が! 近づいてきてますね^^天皇賞・春が!皆さんは天皇賞かけてみますか?私なりに色々調べたんですが結構難しいのですが、何かいい情報などありませんか?(続きを読む) 天皇賞にも、公営競馬の騎手が出られるようになったのですか? …
∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。